CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 1次隊『オープニング隊』(5/24~26) | Main | 3次隊『子ども隊』(6/21-23) »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
2次隊 リーダーより[2013年06月21日(Fri)]
今回で2次隊最後の投稿になります…
お母さんのように皆を優しく見守り、支え、引っ張っていってくれていた、リーダーからのメッセージです!

私にとって6回目となった栃尾。
しかし、今回はリーダーという立場でいつもとはまた違う気持ちで栃尾に向かいました。
栃尾の方とivusa学生、また学生同士の関係が、この隊で終わるのではなく、この先も続くように、そんな願いをこめたのが今回の活動でした。

当日は、ひまわりを植えたり、農作業のお手伝いや、交流会などを実施しました。そこで栃尾の方と学生の笑顔をみて、私も自然と笑顔になれました!(*^^*)

今回の活動をするにあたり、協力してくれたみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

みんなで植えたひまわりが、夏に立派な花を咲かせることを楽しみにしています!
その頃にまたみんなで見に行きたいです。
このひまわりの種が、栃尾の方と学生を繋ぐものになってくれればと願ってます。

また必ず栃尾に帰ります!
2次隊 サブリーダーより[2013年06月21日(Fri)]
皆のことを陰から見守り、支え、活動中も夜遅くまで皆のことを考えてくれていたサブリーダーのあの方からです!

今回の活動の中で幸せだなあとたくさん感じました。
私たちを受け入れて下さり、一緒に活動できること自体、本当にすごい出逢いで。
東京の学生と新潟県に住んでいる現地の方々が一緒に農作業をして、一緒にご飯を食べて、一緒に話しているその光景にご縁を感じました。
今回はUNE、半蔵金、栃尾同住会の方々と一緒に活動することができたのですが、その中で栃尾の方々とIVUSAの学生の暖かい繋がりを感じました。
今回は「笑顔あふれる家族になろう」というコンセプトのもと活動を行いました。
「家族ってなんだろう?」「どんな関係が家族なんだろう?」「家族になるにはどうしたらいいのだろう?」と度々考えていました。
答えはひとそれぞれ異なると思いますが、みんなの笑顔を見ていると家族になることができたのではないかと思います。
今回の活動を通じてみんなが栃尾に帰りたいと思ったり、また会いたいと思うひとがいる場所になっていたら嬉しいです。
最後になりましたが、今回の活動でお世話になったたくさんの方々にお礼申し上げます。
2次隊 会員管理より[2013年06月21日(Fri)]
活動前から、皆を気遣い夜遅くまで、よりよい活動になるために考えてくれていた、会員管理のあの方からです!

はちおだった去年から約一年
先輩に誘われたのがきっかけだった栃尾に、会員管理としてくると去年は全く思っていませんでした

空気がきれいで食べ物がおいしくて楽しさや明るさがある栃尾
今回もとても楽しみでした

会員管理としては行き届かない事が多く、迷惑をかけてしまったことも多かったです
でもとても楽しく、学びの多い隊でした!

相変わらずUNEさんのご飯おいしくて、人が暖かかったです
同住会のみなさんとの畑作業すごい好きです。もっと泥だらけになりたかった(笑)
今回初の半蔵金のみなさん。優しくて交流が楽しかったです
そしてなにより隊のみんなと話せたことが嬉しかったです

今回の個人目標だったのが『班のみんなの顔と名前を覚えて、直接感想を聞くこと』
でした
顔と名前は完璧です(笑)
あとは個々に話を聞きにいきます。いつかは全員に!

この楽しかったひまわり隊でMTができたことを誇りに思います
望さん、恭介さん、ゆりさん、ななさん、隊のみなさん、交流させていただいたすべてのみなさん!
本当にありがとうございました!
また栃尾に帰ります
2次隊 とちおっこの声[2013年06月20日(Thu)]
とちおっこの声では、今回の活動に参加してくれたとちおっこの感想を載せていきます!
今回で3人目です。
3人目は、なんと…
13回目の参加でした!

今回、2次隊に参加したのは今までの活動での出会いがあったからです。

2年前の2次隊
それが私の初プロで初栃尾でした。
ゆっくり感じる時間の流れ、きれいな空気、豊かな大自然に囲まれての活動にとても癒されたのを覚えています。
それから大好きになった栃尾の活動に何度か参加しました。気づくと10回以上になっていました。

その間には、いつも活動を支えてくださる同住会の方々、孫のように接してくれる半蔵金のみなさん、いつも歓迎してくれて美味しいご飯を作ってくれるUNEさん、一緒に参加する隊員のみんなとの出会いもあり、またこの方々と一緒に活動したい!と思って今回参加しました。


2次隊当日は本当に楽しくて、みんな家族のように支え合っていて笑顔が溢れていました。
3回あった交流会では今まで聞いたことない話を聞けたり、半蔵金で写真を撮るとき仲良くなったお母さんが「あなたの隣がいいわ」と言ってくれたり、いつもよりたくさんお話しできたような気がします。
UNEさんのご飯はやっぱりすごく美味しかったです(*^^*)


栃尾の活動は参加するたびに隊員も活動内容も違って、そのたびにたくさんの出会いがあり、いろんな経験ができます。
そして、出会った人にまた会いに行く。会うことで元気をもらったり元気をわけたり、笑顔になったり
今回の2次隊でもたくさんの出会いがありました。


私は栃尾の活動で人との出会い、つながりの大切さを強く感じています。
そして、もっとたくさんの人に出会いたい。だからまた栃尾に行きます。

できたら
みんなで植えたひまわりを見に行きたいですね!きれいに咲いてくれたら嬉しいです(*^^*)
2次隊 とちおっこの声[2013年06月16日(Sun)]
とちおっこの声では、今回の活動に参加してくれたとちおっこの感想を載せていきます!
今回で2人目です。
栃尾初参加(はちお)!
関西からの参加者です。

今回自分は初めて栃尾に行きました。なぜ行こうとしたのかというきっかけはそこまで深いものではありませんでしたが、行って得てきたものはとても深いものだったと感じます!
まず、今回の隊は少人数だったというところも魅力の一つだったと思います。少人数だからこそ、隊のメンバーとのコミュニケーションがたくさんでき、栃尾の方々との交流を楽しむことに集中できました!
そして、今回自分が一番記憶に残っているのは、実はひまわりを植えたことではなく、大きな穴掘りをしたことです。邪魔な石を埋めるために穴をひたすら掘るという単純な作業でしたが、想像以上に力と時間を要するものでした。しかし、半蔵金の方々はその作業を目の前で軽々とやってのけるので、驚きの他に自分の未熟さを感じました!
また、栃尾に行くときはこの他にどのような違う発見ができるのか楽しみです!
2次隊 とちおっこの声[2013年06月15日(Sat)]
とちおっこの声では、今回の活動に参加してくれたとちおっこの感想を載せていきます!

まずは、一人目。
初参加、1年生です!

今回の栃尾に泊まって素晴らしい自然に囲まれてさまざまなことを学びました。
人との関わりがどれだけあたたかいものなのか初めてて知りました。
今の時代は携帯電話で話をするのが当たり前で本当に新鮮な体験をさせていただきました。
都会と空気が違っていて、清々しい気持ちを味わえました。
栃尾の方々の笑顔が私を本当の家族のように受け入れてくれて別れが本当に辛かったです。
ずっここにいたい、ここで農作業の手伝いをしていたいと本気で思いました。
達成感があってあの気持ちをもう一度味わいたいと思いました。
栃尾での経験は私を大きく成長させてくれました。同時に私に優しい心や手伝いをすることの大切さを教わりました。
夏にまた絶対にまた栃尾に行きたいです。
2次隊 活動レポート(6/7-9)[2013年06月12日(Wed)]
6月7日から9日、学生とスタッフ合わせて29名が新潟県長岡市栃尾地域にて、『笑顔あふれる家族になろう』というコンセプトのもと、活動しました。今回のコンセプトは、参加者全員が助け合える関係になり、活動が終わっても参加者だけでなく、栃尾の方々とも繋がりが続くようにといった思いが込められています。
今回の活動は主に
・畑にひまわりを植える
・栃尾地域の方々との交流でした。

 私たちが植えたひまわりの種は2004年に新潟県を襲った、中越地震から2年後の復興支援の際に「仮設住宅を離れる記念と、残った人を励ますために花を植えたい」という住民の声から阪神淡路大震災の仮設住宅などで育ったひまわりの種が栃尾地域に届き、植え続けられている大切なひまわりの種です。
 今回、私たちは栃尾の方々と一緒にこのひまわりの種を今までの繋がりやこれからの栃尾との繋がり、被災地である東北との繋がりを思いながら、3ケ所の畑に植えました。

DSC_0647.JPG

一緒に畑作業などで汗を流した栃尾の方々との交流では、栃尾の方と一緒に遊べるゲームをしたり、よさこい踊りを披露しました。よさこい踊りでは手拍子をしていただき、皆で交流を深めることができたように思います。交流会の最後には、東日本大震災復興支援ソング『花は咲く』を輪になって歌い、栃尾地域のこれからの発展と被災地である東北の復興を祈りながら歌いました。
今回の活動で、多くの学生が笑顔の大切さ、家族の絆について深く考えることができたように思います。

DSC_0567.JPG
2次隊 現地レポート3日目[2013年06月10日(Mon)]
栃尾ふるさとづくり活動2次隊【3日目】

 栃尾ふるさとづくり活動2次「ひまわり隊」も今日でついに、最終日となりました。
昨日と同じく朝食をみんなで協力して調理、準備しました。朝食後は、半蔵金へ移動し、畑作業を半蔵金の方々と一緒に行いました。
 ひまわりを植えていく作業の際は一つ一つ丁寧に植え付け、夏に満開のひまわりを見れることを願いながら作業しました。
DSC_0003.JPG

 昼食時には、半蔵金の方が用意してくださった料理と、学生が調理した料理を持ち寄り、交流会を行いました。交流会では、食事をしながら会話を楽しみ、それぞれ半蔵金の方々と交流を深めることができました。また、有志によりよさこい踊りを披露しました。半蔵金の方たちから手拍子をしてリズムをとっていただいくことができ、楽しんでいただけたように思います。交流会最後には、東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を中越地震からの繋がり、東日本大震災の復興への祈りを込めて輪になって歌いました。
DSC_0450.JPG
交流会終了後、古民家へ戻り次に戻ってくる時にも気持ちよく使うことができるように掃除し、東京へと出発しました。
新宿に到着後、ミーティングを行い仲間との別れを惜しみながら、解散しました。
栃尾ふるさとづくり活動2次隊【2日目】[2013年06月09日(Sun)]
栃尾ふるさとづくり活動2次隊【2日目】

 朝早くに起床し調理担当者が考えたメニューをみんなで用意し、朝食をとりました。
朝食後、UNEHAUSへ移動し、畑作業のグループと調理お手伝いのグループに分かれ活動しました。
昨夜の大雨により、畑はぬかるんでいましたが、長岡小学校の児童たちによって思いの込められたひまわりの種を植え付けました。

IMGP0398.JPG

また、枝豆畑の草抜きも行いました。普段、草抜きをしない私たちは職員の皆さんの作業スピードに驚かされることが多かったように思います。草抜きは簡単そうに見える作業ですが、意外に難しかったという声も聞かれました。

IMGP0576.JPG

 UNEHAUSで栽培された野菜を使い、調理を行いました。お米もUNEHAUSで収穫されたもので、普段食べているお米よりも甘く優しい味がしました。
 昼食時に畑作業のグループと合流し昼食をとりながら交流会を行いました。職員の皆さんとご飯を食べたり、野菜ビンゴゲームで野菜について会話をしながら交流することができました。

DSC_0530.JPG

 UNEHAUSで活動させていただいた記念とお礼に、みんなの手形でひまわりを描かれた旗とメッセージを書いたティッシュケースをプレゼントし、喜んでいただくことができました。

DSC_0567.JPG
DSC_0602.JPG

 同住会の方と合流し、畑作業を行いました。みんなで一列に並んでひまわりの種を植えたので楽しく作業をすることができました。

DSC_0646.JPG

 作業の後、交流会の準備をして、同住会の方との交流会を行いました。たくさんのお話を聞くことができ、初めて栃尾に来た学生も栃尾についてより深く知ることができたと思います。
 活動もあと一日、体調を崩さず笑顔あふれる家族になれるように最後まで楽しく活動をしたいと思います。
2次隊 現地レポート1日目[2013年06月08日(Sat)]
栃尾ふるさとづくり活動2次隊【1日目】

18時30分に国士舘大学に集合し、勉強会を行いました。

DSC_0163.JPG

勉強会は、初めて栃尾へ訪れる参加者や何度も栃尾に訪れている学生一人一人に栃尾について、またこれから自分たちで植えていくひまわりのこと、「笑顔あふれる家族になろう」というコンセプトのもと、家族についても深く考えることができました。

アイスブレイクでは人間ビンゴという質問項目に当てはまったひとの名前を記入し、一列揃えばビンゴという自己紹介ゲームを行いました。そのあとは栃尾概要や栃尾物語などの栃尾とIVUSAのつながりについて学びました。そして今回、自分たちが植える種の背景に
ついての説明がありました。休憩をはさんだあとは、家族について考えるワークを行いました。そして班目標・個人目標をたて栃尾へ出発しました。

DSC_0185.JPG

 ひまわりの種のつながりと自分にとって家族とはということを思い起こし、明日から栃尾の方々と明るく元気に活動していきたいと思います。
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得