CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 12次『子ども隊』(11/2〜4) | Main | 0次隊灯籠押し祭り »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
5次隊「とちお祭」活動3日目[2016年08月29日(Mon)]
8月28日、活動3日目、6:00に起床ししっかり朝ごはんを食べました。

午前中は「全日本樽みこし綱引き選手権」に参加しました。
樽みこし綱引きとは、酒樽が乗った2つの神輿が縄でつながれ、それぞれを引き合う全国でも珍しい競技です。
IVUSAからは計10チームが参加しました。

地元のチームはやはり強く、IVUSAチームは勝つことができませんでした。しかし、敵同士でもハイタッチをしたり、応援するなど、大いに盛り上がりました。

S_4828921277360.jpg

13:15よりよさこい、くるどんを計三ヶ所で踊りました。

今年のよさこいは今までとは違い、音源も振り付けも一から自分たちで作り上げたものでした。

これまで練習してきた成果を全て出し切り、ivusa学生は笑顔で踊りきりました。
最後は本プロジェクトのリーダーである西岡疾風(同志社3年)から地元の方へ言葉を送り終了しました。

S_4828921312785.jpg

S_4829543214164.jpg

18:45より東谷小学校からとちお祭のフィナーレである花火大会を観覧しながらの交流会を行いました。

美しい花火を見ながらそれぞれの学生が栃尾の方々と和気あいあいと話すことがとても有意義な時間になりました。

S_4828921266337.jpg

明日はついに活動最終日です。
参加した学生全員が悔いを残すことなく活動を終えるため、この数日の反省を行い明日に備えます
3次隊 「愛児園」(7/9)[2016年07月10日(Sun)]
今回は、新潟県長岡市内にある児童養護施設の子どもたちとの交流がメインです。

7月の9日午前に関西からの隊員と合流し、リーダーそしてIVUSA理事であり長岡市議会議員の桑原望さんから挨拶がありました。そして、初めて栃尾の活動に参加する「はちお」の隊員に向けて、桑原望さんから挨拶とは別にお話を伺いました。

securedownload1.jpg

 その後古民家の清掃をしたあと、隊員全員での結団式を行い子供たちを迎える準備を整えました。

securedownload.jpg


14時頃から新潟県長岡市にある児童養護施設の子どもたちと合流し楽しい企画が始まりました。

行った企画はジェスチャゲームや猛獣狩りなど身体を動かして遊ぶものもやりました。子どもたちとの一緒に汗をかきながら楽しむことができました。

securedownload 7.jpg

その後お風呂に入りみんなで夕食でした。七夕にちなんで、ハンバーグの上には星型のチーズが乗っていました。

夜の企画では古民家の周りを散策し、花火もしました。

securedownload 6.jpg

子供たちは大きな笑顔を浮かべとても楽しんだようすでした。

ついに明日は活動最終日です。子どもたちにとってより良い二日間にするために、隊全体で子どもに全力で関わっていきます
10次隊 『ほだれ祭』 1日目[2016年03月13日(Sun)]
栃尾10次隊が始まりました】

 3月12日の朝、隊員56名が新宿に集まり、1日の活動内容を簡単に共有したり、リーダーからの活動への熱いメッセージがあった後栃尾地域に向かって出発しました。

image.jpeg

下来伝地区に到着後、あげあげあげ(おからを使ったからあげ)、祭りの準備、ひまわりの種の選別作業の3つの現場に分かれて、地域の方々と一緒に作業をしました。

あげあげあげの仕込み組は、和やかな雰囲気の中作業が始まりました。これには想像以上に手間がかかっており、大変でしたが無事に作り終えることができました。
image.jpeg


今回宿泊する皆楽荘では、ひまわりの種の選別と露店の準備を行いました。
ひまわりの種の選別では、会話をしつつたくさんのひまわりから種を取り出し、交流を深めることができました。
露店の準備では、机を囲んで、翌日の露店で売る商品のメニュー看板を作りました。
image.jpeg

お祭会場付近では、現地の方々の話を聞きながら神輿の組み立てや、祭りで使うくじを作りました。五円玉に紙を結んで印をつけるという単純な作業でしたが、1,000個という数だったので大変でした。
image.jpeg

その後、初めて栃尾地域の活動に参加する隊員に対して、本協会のOBであり現長岡市議会議員である桑原望さんより栃尾の活動に関するお話をしていただき、改めて今回の活動で下来伝地域のために、できることを考えて形にする気持ちが高まりました。
image.jpeg

そして、交流会ではとちお同住会や活動3日目に訪れる東谷小学校の校長先生から「2月に来てくれた時、子供達が楽しんでくれて大変感謝している。大学生という立場から子供達に伝えられることを伝えてほしい」とのお言葉を頂きました。
image.jpeg

大いに盛り上がった交流会を終えると全体ミーティングがあり、1日を振り返り、翌日へいかせるよう班で話し合いました。
明日はほだれ祭当日です。若き力を前面に押し出して頑張ります。
6次隊「双葉寮子ども隊」一日目[2015年09月26日(Sat)]
8月25日(金)、都内の大学にて結団式が行われ、隊員28名が参加しました。
まずはアイスブレイクを行いました。爆弾ゲームをしながらお互いのキャンプネームを確認しながら
楽しみました。
リーダーからこの活動の目的と達成要件の再共有がありました。
そして今回、一緒に遊ぶ子ども達の紹介があり、次に子ども達と遊ぶ際の想定訓練をしました。
子ども達が「企画に参加したくない」「物の取り合いになる」「悪い言葉遣いをする」の三つの
場面を想定して、それにどう対処するかを考えました。
最後にMTからのお話がありました。

結団式を通して、明日からの活動に向けて一致団結し、隊員一人一人の意識も高まりました。

そして21時頃に都内の大学を出発し、24時過ぎに栃尾の私たちの活動拠点である古民家に到着しました。
明日からいよいよ子ども達との活動が始まります。
子ども達にとって一生の思い出になるように全力で楽しみます。

明日に向けてきっちり準備をして就寝します。
12次隊『裸押し合い祭り』結団式[2015年02月13日(Fri)]
IMG_1642.JPG
2月12日(木)、国士舘大学にて結団式が行われました。


まず初めにアイスブレイクを行い、隊員の緊張をほぐしました。


次にIVUSA7か条を、サブリーダー根津愛理に続けて全員で復唱しました。


そして当日のスケジュール確認のあと、この活動でお世話になる方々の紹介を行いました。写真だけでなく、その方の印象や雰囲気を、栃尾の先輩方からお聞きしました。

IMG_1560.JPG
その後、各班で班目標を立てました。今回の活動では班ごとにプレゼンを行ったり、班ごとに行動をすることが多いため、より班の団結が必要となってきます。そのため班目標を定め、活動が終わった時にどのような班でありたいかをイメージし、班行動のモチベーションを高めました。さらに、「プレゼン大会」での決意表明を各班行いました。


そしてこの活動の目的である「学生としてできる本当の地域活性化とは」を、明日からの活動に向けて改めて各自で考え、再確認しました。


さらに下村誠代表からの激励の言葉もいただき、最後にリーダー笘居真由からの言葉と、全員での「サンヨー」コールで結団式は締めくくられました。


私たちは明日の朝、栃尾に出発します。栃尾は吹雪の予報と言われていますが、自分たちにできる限りのことをやろうと思います。
現地レポート1日目[2014年08月23日(Sat)]
今日から栃尾6次隊とちお祭のプロジェクトが始まりました!
学生105名と事務局1名で8時に都庁前を出発しました。
出発の際にはIVUSAの先輩方もお見送りに来て下さいました!

行きのバスの中では、自己紹介と前の人に質問されたことを答える自己紹介ゲームをしました。
緊張した空気はなくなり、和やかな雰囲気で栃尾に向かいました(^ω^)

DSC01293.JPG

皆楽荘に到着した後は、よさこいと民謡流しの練習と仁和賀行進で使用する看板づくりの3つの作業を行いました!
よさこい練習は、今までで一番声が出ていて元気良く練習していました!!
看板づくりはとちお同住会の方と一緒に楽しく作業していました♫

DSC01353.JPG

夕方から、明日担ぐお神輿の練習が集落ごとにあり、新町集落組は早めの夕御飯を食べ、新町区民間に移動し、御輿を担ぐ方法を教えていただきました。練習後は地元の方々との交流会がありました。地元の方からは、とちお祭にかける熱い想いを聞き、明日への士気を高めました!

またもう1つの原町集落組は樽御輿綱引きの指導していただきました。
しかし、樽御輿はタイミングを取るのが難しく怪我のリスクが高かったです。
その分やる気が上がり、本番では絶対に負けられないと感じました!

写真C 原町樽神輿綱引き練習.jpg

夜の交流会では、IVUSA6期学生代表で、現在長岡市議会議員をされている桑原望さんや、とちお同住会に所属している棟梁をはじめとする8月がお誕生日の人をケーキでお祝いしました(((o(*゚▽゚*)o)))

8月お誕生日.jpg

いよいよ明日はとちお祭り本番です。
天気予報は雨ですが、天気をもろともせずに精一杯頑張ります!
3次隊 活動2日目[2013年06月22日(Sat)]
朝6時30分に起床し朝食を食べた後、子ども達と過ごす半蔵金の体育館に移動しました車(セダン)
体育館の掃除をしてから、桑原さんより子ども隊についてのお話をうかがいました。

P1110811.JPG


そしていよいよ、愛児園の子ども達とご対面ですexclamation×2
班に分かれて準備体操をしてから、様々なレクをして楽しみましたるんるん

P1110861.JPG

たくさんの汗をかいた後は一緒にお風呂に入り、夕食を食べました。
外が暗くなると、花火をして楽しみましたぴかぴか(新しい)

子ども達と別れてから最後に反省会を行い、愛児園の方のお話もうかがいました。
それぞれ明日の活動に備えました。

明日も引き続き安全に気を付けながら、たくさんの笑顔が見られるように頑張ります。
15次隊 とちおっこの声[2013年03月16日(Sat)]
今回で15次隊のとちおっこの声の更新は最後です(;ω;)
今回はみんなを引っ張ってくれていたあの方から感想をいただきました!

昨年初めて参加したほだれ祭りで地元の人、観光客、大学生全員が一体となってお祭りを盛り上げるこのお祭りに惹かれ今年も参加させていただきました。
昨年とは違い今年は大雪でしたがお祭りは盛況で参加してよかった、また来たい!と強く思いました。

最終日に行った学生がほだれ祭りでできることを考えるワークでは来年に向けてわくわくするような意見がたくさんあって今後の活動の可能性が拡がったと思います。

今年度の締めくくりとなったこのほだれ隊。
5年目を迎える栃尾の活動で新しい一歩を踏み出せるよう挑戦していきます。

来年度もよろしくお願いいたします。


15次隊のとちおっこの声をもう更新できないと思うと少し寂しいです。

今回の隊で学んだこと、感じたことを忘れずにまた栃尾地区に戻ってきたいと思います!
最高の3日間でした!ありがとうございました!!
15次隊 とちおっこの声[2013年03月15日(Fri)]
15次隊三回目のとちおっこの声です!

今回の15次隊は初地域活性、初栃尾でした!
正直最初は地域活性にそんなに興味なくて基本災害救援に興味があるってゆー感じでした。参加したきっかけはこのほだれ祭りを先輩がすごく推していた、ということと祭りの内容に興味を持ったからです(^^)

思った通りほだれ祭りはすごく変わったお祭りでほだれ様には衝撃を受けました。
あと栃尾にいって思ったのは高齢者が多い。その場合僕たち学生は何をすればいいか、を考えた時僕は思いました。「若者のバカさ」が必要だということを。それはほだれ祭りの準備をさせていただいているときにほだれ様に抱きついて写真をとったり、雪山に登って写真を撮ったり、バカなことをしつつ作業していました。
その時地元の方が"またバカな事してるよ"みたいな顔をして笑っていました。考えてみると栃尾は少子高齢化が進んでいてこういうバカなことをする若者が中々いないから新鮮な光景なのかな?と感じました。
この経験やワークなどを通してこの隊では祭りを楽しみ、そして自分の地域活性に対する考えというものが少しでも生まれたかな、と思います(*^^*)


栃尾15次隊参加して良かったーー\(^o^)/


どんどん更新していきます!また次回をお楽しみに!!!
15次隊 とちおっこの声[2013年03月14日(Thu)]
栃尾15次隊!
二回目のとちおっこの声です!

今回も始めて栃尾地区で活動した学生の声です('ω')ぴかぴか(新しい)

今回のほだれ祭、すごくたのしかったです!
私はあまりプロジェクトに参加したことが無かったのですが、
今回のプロジェクトを期にもっと色々な活動をして行きたい!と思うようになりました。

プロジェクトに参加した当初はどんなことをするのか、どんなお祭なのか全くわかってなかったのですが、勉強会などに参加することで自分たちに求められていることが分かった気がしましたグッド(上向き矢印)(上向き矢印)" width="15" height="15" border="0" />
実際に現地へ言って先輩たちや現地の方とお話していると
私たちがお祭に参加することで盛り上げることも出来るし体験したことを話すことも出来る。
この経験をまだ味わったことのない人達に伝えることで誰かが参加したいって思えることができれば、それはこの隊に参加した本当の意味なんじゃないか。と思うようになってきました。

前の時より一歩先へ、次に参加する時は今よりももっと栃尾の人と仲良くなりたいと思いました。
また参加したいです晴れ
| 次へ
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得