CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 5次隊『とちお祭』活動3日目 | Main | 9次隊『裸押し合い祭』 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
7次隊「式典隊」リーダーより[2015年11月03日(Tue)]
栃尾ふるさと創り活動7次隊でリーダーを務めた方からです。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

お疲れ様です。
栃尾7次隊式典リーダーを務めさせて頂きました、東京三崎町クラブ3年永田香澄です。

 今回の隊では2つの軸がありました。

 1つは「式典」、もう1つは「防災」です。

 これまで栃尾とIVUSAではおよそ10年間、ともに活動をしてきました。
その10年分、そして11年目に踏み出す1歩としての「式典」、そしてこれから未来に繋げるための「防災」を行いました。
新しい取り組みを多い隊で、だからこそチームとして動いていかなければならない活動だったと思います。
普段とは違う場所で泊まったり、子どもたちを招いたり、半蔵金地区全域での避難訓練、救命講習など行いました。

 活動してくれた皆さん新しい1歩を踏み出すことができたでしょうか?
未来を守るにはどうしたらいいのか、考えてくれたと思います。
ぜひその考えを栃尾だけでなくIVUSAだけでなく自分の今後に生かしてほしいです。

 最後に、この活動に関わってくださった皆さんのおかげで無事終えることができました。
本当にありがとうございました。
7次隊「式典隊」とちおっ子の声[2015年11月03日(Tue)]
10月23日〜25日の栃尾ふるさと創り活動7次隊は無事終了しました。
活動に参加した学生たちに活動の感想を聞きました。
二年生からです。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 栃尾7次隊で主に学んだことが2つあります。
はじめに、「ふるさとの未来を守る」とは「子どもたちの未来を守る」ことと同じだとこの活動を通して感じました。
炊き出し訓練や防災グッズ作りの時に子ども部隊として子どもたちと同じ現場にいました。
子どもたちはいつもニコニコしていて楽しそうで笑顔が輝いていました。

 大学進学を機に上京する人は多いかもしれません。しかし「ふるさとで自分の帰りを待つ人がいて、大人になっても自然と笑顔になれる」
そのような温かい環境を作ることが出来たら学業や仕事の合間に時間を見つけてふるさとに帰りたいと思う人が増えると考えます。
これまで過疎地域における高齢者の暮しについて関心を持っていましたが、この活動で子どもたちと活動して過疎地域で暮らす子どもたちの未来にも関心を持ち始めました。
「子どもたちの未来を守る」ためにできる具体的なことはまだ分かりません。でも子どもたちの輝く笑顔が未来にも続くように今回1回限りではなく今後も子どもたちとの活動ができたらと思います。

 現地の方から中越地震発生時のお話を伺うことができました。住民の方が1人で家に引きこもってしまうことを防ぐため集会所が開放され、そこに集まった住民が自分の現地の話を共有し相談し合える環境が作られたというお話を伺いました。
地域の希薄化で地域の繋がりが減ってきていますが、日常生活から大災害が起きた時を想定し非常時に地域住民同士が助け合える「共助」できる信頼関係を構築していけたら減災に繋がると思います。
現地の方からは都市部の災害はビルが多く瓦礫の街になってしまうリスクがあり、いつ起きるか分からない災害に備えて1世帯に1つではなく1人1つ非常食や懐中電灯等、非常でも使える生活用品を準備しておくべきだと教えて頂きました。

 ボランティアする側される側の関係ではなく、現地の方から教わることが多く現地の方と学生が学び合える信頼関係を今後も大切にしていきたいです。
こうして活動できていることを当たり前だと思わず、今後も栃尾の活動の原点を忘れずに感謝の気持ちを持って活動に関わっていきます。

 「防災」という新しい視点が含まれた今までの栃尾の活動とは違っていて新たな一歩を踏み出す活動に参加できて良かったです。活動に行くたびに新しいことが知れて学ぶことはたくさんあり、これからもひとつでも多くの現場に出て行きたいと思いました。

 素敵な式典隊の活動に参加することができて誇りに思います。
ふるさとの未来を守る1歩を創造した活動の経験を活かします。本当にありがとうございました。
7次隊「式典隊」活動最終日[2015年10月26日(Mon)]
 活動最終日となる本日は、昨日に引き続き、参加している子ども達に応急処置の意識をつけてもらうためのミニ運動会を行いました。

IMG_0076[1].JPG

 子ども達はチームごとになり、応急処置を必要としている急病人のために、三角巾や絆創膏など必要な物を周りにいる学生から借りてくるという借り物競争形式のゲームです。

 急病人を発見した時、周りの人に声をかける勇気や協力する力を養い、それぞれの症状に対する応急処置の仕方を覚えて帰ってもらうことを目的としています。

 子ども達は楽しみながらも真剣に取り組んでいました。昨日の講習を活かしてAEDを使う姿も見られました。
 
 その後、子ども達と2日間の振り返りとお別れ会を行いました。

IMG_0077[1].JPG

 今回は防災という視点から地域活性化に取り組みましたが、今後、色々な視点から地域活性化を考えていくことが大切です。その一歩となった今回の活動は。これからの栃尾での活動の幅を広げるものとなりました。

 地域の方、小学生の生き生きとした表情を見ることができ、今回も新しい取り組みである栃尾での救命講習・子ども防災塾を無事終えることができました。

 ご支援、ご協力いただいた皆様、協力団体の皆様、栃尾の皆様、本当にありがとうございました。
7次隊「式典隊」活動2日目[2015年10月25日(Sun)]
 10月24日は、普段から交流させていただいている半蔵金地区での避難訓練が行われ、学生は地域の住民の方々とともに避難所である地域の旧小学校に避難しました。

 小学校の体育館には地域住民の方々、学生、そして長岡市内の小学生が集まり、避難訓練につづいて地域住民の方々と小学生に向けて、IVUSA学生による救命講習が行われました。

 まずはじめに行われた学生による一次応急措置のデモンストレーションでは、会場中の人が中心の学生を真剣な眼差しで見つめる姿が見受けられました。

 学生は、一次応急処置の流れ、AEDの仕組み、心臓マッサージの方法を参加者約60名にレクチャーしました。

 救命講習後半では実際に傷病者発見から意識の確認、心臓蘇生、そしてAEDの使用の一連の流れを子ども達が練習し、実演しました。

 子ども達は最初戸惑いながらも、学生に様々な質問をぶつけ、真剣に訓練に向き合っていました。地域の方からは「このようなことを教えてもらえてありがたい」と言うお言葉をいただきました。

 そして午後5時30分、旧半蔵金小学校にて式典が行われました。記念品贈呈とムービー上映のあと、地震の起こった時刻と同じ17時56分に合わせて黙祷を行いました。

IMG_0070[1].JPG

 当団体の理事で長岡市議会議員の桑原望による挨拶では、「災い転じて福なすという言葉のように、震災の経験が今後に活きると信じている」という言葉がありましたが、今回の小学生・現地の方を交えた式典が、今後、栃尾を守ることに繋がればと思います。

 式典後は交流会を行い、地域の方との交流、学生によるよさこいの披露を行いました。

IMG_0071[1].JPG

 また、その後子どもたちは身近にあるもので出来る防災グッズ作りを体験しました。楽しみながらも災害時の意識を身につけることができたようです。
栃尾7次隊「式典隊」結団式[2015年10月24日(Sat)]
 10/23(金)、都内の大学で活動前の結団式が行われ、学生約35名が参加しました。
 
 まずは今回の活動のひとつ、小学生と行う救命講習に向けて、一次救命措置の復習をしました。
IVUSAに所属する学生は全員、危機対応講習を受け一次救命措置の方法を学びますが、今回は自分たちがそれを子どもに教える立場となるため、知識を確実なものとして全員が身につけておく必要があります。そのため一人ひとり熱心に臨みました。

IMG_0063[1].JPG

 そして、「もし自分が被災した市の職員だとして、4000人が避難したとの確実な情報が入ったが、非常食が3000食しかなく、次に支援物資がいつ来るかも分からない時、それを今すぐ配るかどうか」という想定のもと、自分ならどのような判断を下すかをそれぞれ考え、互いの様々な価値観・考え方を共有しました。

 配ると答えた人はその理由として「混乱状態の中で不安にある人々を少しでも和らげるため」「もし食料があるのに分配しないということがばれたら大混乱を招いてしまいそうだから」等をあげていました。
配らないと答えた人は「もらえる人ともらえない人が出てきて、もらえなかった人による暴動が起こるかもしれない」「平常な心を保てない状況下で、譲り合うことができず奪い合いが起こる」等の理由をあげていました。

 最後に、これまでの栃尾とIVUSAとの繋がりを振り返り、学生から「こどもと栃尾で防災訓練をする意味は何か。3日間考えることをやめてはいけない」というメッセージが送られました。

IMG_0064[1].JPG

 明日から、全力で取り組みます。
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得