CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« サブリーダーからのメッセージ | Main | 11次隊 1日目現地レポート »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
リーダーからのメッセージ[2012年10月25日(Thu)]
こんばんは!
今日はリーダーからのメッセージをお届けします。


みなさん、お疲れ様です。
栃尾10次隊リーダーを務めました、法政大学4年の村山里実です。

「さっちゃん、稲刈り隊のリーダーやらない?」と声をかけてもらったのは5月の末、2年前に参加した、田植え隊・稲刈り隊の楽しい思い出、あたたかい思い出がよみがえりました。リーダータイプでもなく栃尾経験の少ない自分にそんな大役は無理だと思ったけれど、ここで断ったら他の人に譲ったら自分は絶対に後悔すると思いどきどきしながら「私にやらせて」と答えました。
今回のコンセプトは「当たり前を見つめる」、三役で随分悩んで辿り着いた言葉です。

当たり前だと思って過ごしている世界によーく目を凝らすと、今まで見落としていたことや勝手にそう思い込んでいたことが人それぞれにあるでしょう。
10次隊ではここ2年悪天候などで実施できず今回も実施が危うかった稲刈り、初の試みである同住会へのインタビュー企画などのきっかけを通して参加者に何かしら感じてもらいたい、そしてその気持ちや想いを栃尾から帰った後の生活に繋いでほしいと思って、準備段階から当日まで奔走してきました。


活動を終えた今、この10次隊はいろいろなものに恵まれ支えられていたからこそ成功できたのだと思います。同住会のみなさんのIVUSAへのあたたかなお気持ち、隊員1人1人の懸命に取り組んでくれたこと、活動の裏側で動いてくださった方々の存在、どしゃぶり雨が稲刈り直前に晴れたこと…。そんな隊にリーダーとして関わらせていただけた私は、心から幸せ者だと思います。

みなさん本当にありがとうございました!
この経験がみなさんの「これから」につながりますように…!

法政大学4年 村山里実



DSC_0511.JPG


DSC_0101.JPG


リーダーお疲れ様でした!!!
ありがとうございました♪
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/923
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得