CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« いえ | Main | 次は… »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
活気づく学生との交流 [2009年04月22日(Wed)]
私たちNPO法人国際ボランティア学生協会が新潟県長岡市栃尾地域において進めているプロジェクトが、新潟日報に掲載されましたので、ご紹介させていただきます。

中越地震から5年 被災地のいま 
活気づく学生との交流 
古民家を改修 復興拠点に

「学生が来るのが楽しみ。うれしい」。
長岡市栃尾地域にある二軒だけの田代集落に住む平沢ムツさん(76)は、自宅のこたつに入りながら目を細めた。
小さな集落に、首都圏などの学生が訪れ、交流する話が進んでいる。
 ムツさんと夫の成美さん(77)宅の隣の空き家がその拠点となる。
5月には、学生たちが訪れる予定。ムツさんは「山菜の取り方を教えたり、いろいろ交流したりしたいねぇ。うちにも寄ってほしい」と、大勢の若者が来る日を待ち遠しそうだ。
 
 田代のある半蔵金地区は、全村避難した旧山古志村(長岡市山古志地域)と接する。
被害も大きく、中越地震では、80数軒あった家の7割が半壊以上となった。
 震災後、栃尾の中心部や、旧長岡市部へ移り住んだ人も多く、地区は約50世帯になり、過疎・高齢化が進んだ。
田代も四軒あったが、半減した。

 田代に拠点づくりを進めるのは、栃尾地域に復興支援に訪れるようになった国際ボランティア学生協会のメンバーら。
その一人で法政大学大学院一年生の眞淨睦さん(24)は「今後も雪下ろしなど地域の人を手伝うのはもちろん、畑作業に挑戦したり、いろいろなことをやったりしたい」と張り切る。

 空き家は、木造二階建てで、約200平方bあり、百人ほどが宿泊できる。
ただ、7,8年前から人が住まなくなり、壁は割れ、床がゆがんだ状態。雨漏りもする。
地震で栃尾地域の住民ときずなができた学生たちが取り組むのは、家の改装からだ。

 栃尾地域の仮設住宅で暮らしていた人たちが、交流を続けようと結成した「同住会」。
代表の千野義夫さん(66)=同市北弐頃=らが呼びかけ、地元の建設業者が、田代の空き家の改装に使う廃材や使用済みのコンパネを収集中だ。

 23日、空き家を見回りに訪れた千野さんは「震災でつらい思いをしたが、栃尾全域の人の結びつきや、全国から集まる学生とのつながりができた」と振り返る。
「学生が定期的に来るようになれば、地域は活気づく。被災を機にできたきずなをさらに深めたい」と力強く語った。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/9
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得