CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 長岡まつりの原点 | Main | 現地レポート 1日目 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
5次隊リーダーから[2012年08月01日(Wed)]


最後に5次隊のリーダーを務めた
「とんとん」こと渡部正輝さんからメッセージをいただきました^^


今回で5回目の実施となる子ども隊、準備段階から当日まで同住会や棟梁などたくさんの方々にご協力をいただきました。
夕飯の野外カレー作り、夜はキャンプファイヤーと盛り沢山になりました。
また交流会ではたくさんの貴重なお話を直接お聞きすることができ、今回の交流会も学生と同住会の両方にとって充実した時間になったと思います。心から感謝を申し上げます。

夏の強い日差しの下で、子どもたちと栃尾の自然の中を駆け回り、今年もキラキラした笑顔をたくさん見ることができました。
その笑顔のために何ヶ月も前から1人1人が必死に準備を重ねてきました。子ども隊初参加の人にとっては見ず知らずの子どもたちのため、全力で取り組んできました。その想いはきっと子どもたちにも伝わっていたんではないでしょうか。

この2日間はまた1人1人の心に残る想い出となったと思います。その想い出がこの隊のコンセプトである「大切なもの」として1人1人の心に少しでも残ってくれたらと思っています。

しかし盛り沢山なのと同時に安全の面やスケジュールなど様々に課題も残る活動となりました。
この反省を次に活かし、栃尾の子ども隊が今後より良いものとなるように努めていきます。


最後に、
当日参加するしないに関わらず、この隊に関わってくれたメンバー1人1人に感謝の言葉を伝えたいです。リーダーの自分にとって本当に支えになり、誇らしいメンバーです。
そして何よりこの活動を支えてくださっている望さんを始め、同住会、棟梁、悠さん、チームの皆さん、本当にありがとうございます。この活動が事故なく実施できたこと、1人1人の心に残る大切なものとなったのは皆さんの支えがあるからこそです。
心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。




20120713-00564.jpg


以上です。

子どもとの繋がり、それを支えてくれている方々との繋がりを
これからも大切にしていきたいですね^^

本当にお疲れ様でした!
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/859
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得