CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 5次隊会員管理から | Main | 長岡まつりの原点 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
5次隊サブリーダーから[2012年07月30日(Mon)]


今回は5次隊でサブリーダーを務めた
「おもち」こと持田玲さんからメッセージをいただきました^^


今回で5回目となる子ども隊。
一年生や初めて栃尾に行く"はちお"がたくさん参加してくれた隊でした。

事前段階から虐待について考える子どもサミットを開催したりと、子ども達を取り巻く問題に向き合ってきました。
隊員はみんな、しっかり向き合い考えてくれて、とても心強かったです。


また、児童養護施設から参加してくれた子ども達は低学年や新しいメンバーが増えていて、子ども達を取り巻く問題が依然として変わらないことに、複雑な思いでした。


そんな中、当日の子ども達、子ども達と接している隊員たちの顔がとても輝いていたことが印象に残っています。


今回の企画は、初めての野外調理などで、多くの課題を残しましたが、しっかりと次に繋げて子ども隊がより充実した活動になることを願っています。


今回の経験が、子ども達の未来に少しでも繋がってくれたらと思います。


多くの人の想いが詰まった子ども隊。
たくさんの人に支えられているのだということを、サブリーダーという立場を通して強く感じました。




画像 117.jpg


以上です。
サブリーダーの笑顔があったからみんな安心して活動できました。

本当にありがとうございました!
そしてお疲れ様です^^


そして、明日はいよいよリーダーからのメッセージです!
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/857
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得