CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 活動レポート 0次隊2日目! | Main | ゴールデンウィーク直前 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
0次隊感想 〜他人から仲間へ〜[2012年04月26日(Thu)]

どうも初めまして、立命館大学4年生の山本智之と言います。

私は4月16・17日の0次隊には5月2日〜5日の栃尾1次隊のリーダーをするということで、行くことになりました。初めは隊の調整をするなどを聞いていて、頭フル回転のしんどい隊だろうなっておもっていました。まぁ予想は外れることなく、頭がフル回転し続けることになってしまったんですけどねもうやだ〜(悲しい顔)
けど、すごく充実した隊でした。

細かく書くとクソ長くなるので、自分が印象に残っていることを書いていきます。

まずはお祭りですね。以前裸押し合い祭りという2月の新潟でふんどし一丁で外で暴れまくるお祭りと同じ神社で行った祭りだったので、テンションは最初からクライマックス!!!

神輿というか大きい木の箱2個二つのチームに分かれて押し合う祭りだったのですが、単純な力のぶつかり合いだったので、自分みたいな単細胞は叫びながら楽しんでいました。
そして、自分たちIVUSAチーム12人、相手の消防団?チーム5人で押し合いをしたのですが、負けてしまって、それはもう悔しかったですねたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

というか強すぎむかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)


楽しいお祭りは自分の心を奮いが上がらせましたが、もう一つ自分の心を奮いあがらせたものがありました。それは同住会の方々と今年度について話し合ったことです。

自分は今まで3回ほどこの活動に参加していたのですが、今までは同住会の方々を『上からでもなく。下からでもなく、横からでもなく、1枚薄い壁の向こうから見ているような存在』でした。

しかし、一緒に話していく内に同住会の人の想いや準備にどのようなことをしてくださっているのかを知ることができました。

これは自分にとって大きな気づきでした。『他人から仲間に変わった瞬間』でもありました。

栃尾の活動は1次隊から始まります。その隊のリーダーを務める自分ですが仲間と共に汗を流して前に進んでいきたいです。exclamationexclamation
【0次『話し合いと灯籠押し合い祭り』(4/13〜15)の最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/801
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得