CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 栃尾行事紹介 12月 | Main | 栃尾4次隊勉強会 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
栃尾行事紹介1月[2011年06月30日(Thu)]
さてさて、本日は1月の行事を紹介したいと思います〜ハート

1月の行事は、岩戸舞ですキラキラ

岩戸舞とは…

**************************************

葎谷神楽の歴史は深く、元禄年間(1688〜1704)に始められました。

当時、葎谷は交通の要所で、村人が殿様をお慰するために披露したのが当神楽の始まりと伝えられています。

本格的に演舞されるようになったのは1747年キラキラ


葎谷の羽黒神社社殿改築遷宮の際、悪魔祓いとして奉納されたのがきっかけで、毎年8月に葎谷内全戸にかぐらが舞いまわる年中行事となりました。

1837年には獅子頭を新調し、春神楽と称して正月に各戸を舞い巡るようになりました。さらに蒲原神楽と狂言が取り入れられ、下田村など遠隔地にまで巡業し、塩谷神楽と呼ばれるようになりました。

明治以降幾度か休止することもありましたが再興し、昭和29年には「栃尾市葎谷神楽保存会」を発足し現在にいたっています。

舞には序の舞で清めの舞い「宮舞」、本舞の「岩戸舞」、余興の舞で「天狗舞」「おかめの舞」の二段からなる「面神楽」があります。

 現在、毎年1月2日には獅子が舞う岩戸舞が集落内の家々を巡ります。

県内外各地からも出演要請があり、近年では韓国にも招かれ公演するなど活発に活動しています。

 岩戸舞は、郷土に伝え残る古典的演舞であり、貴重な伝統芸能です。

*********************************

韓国でも演じられているってすごいですねハート

栃尾、すごくグローバルになる可能性を秘めていますねキラキラ

みなさんも是非一度世界に広まりつつある、岩戸舞を観てみてはいかがですか?
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/625
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
参考になりました☆
ありがとうございます〜^^
Posted by:浅丘柚胡  at 2011年08月18日(Thu) 18:00

プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得