CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« とちおっ子の声C | Main | 栃尾レポート »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
火の神[2010年07月24日(Sat)]
「キャンプファイアーの時の点火をお願いします」

と「とちお同住会」代表の千野さんに頼んだのが、

6次隊の数日前のこと。

「ああ わかった」と答えた千野さん。

同住会も千野さんも、今回の企画の趣旨に賛同してくださり、

協力を惜しまなかった・・・・・。

というか、協力しすぎであった。(笑)

当初「点火」だけだったはずが、「火の神」になり、

「千野さん」だけだったのが「同住会役員全員」になり、

なんと、衣装までつくっての参加となった。


同住会の子ども心が僕は大好きです。


それで迎えた当日。

火の神の皆さんに、キャンプファイアーの準備をお願いし、

あとで、確認したところ、そこにあったのは、

キャンプファイアーのレベルを超えていた。木の山でした。

山火事の心配をするほど。


そして、待ちに待った点火の時。

子どもたちの声が響き渡ります。

「火の神様きてくださーーーい」

すると、山の裏から聞こえてきたのは

「今、準備中〜〜〜」という火の神のお声でした。

あわてて、見に行くと、火の神が、

「発煙筒」の使い方がわからず、困っていました。

そして、ついに入場。




子どもたちはもちろん、学生からも歓声があがります。

さすが、火の神。

後ろから、灯油をかけていたのは内緒です。

火の神のお陰で、子どもたちに一生の思い出を与えることができました。
【2010年度の活動の記録の最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/378
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得