CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« お米ときたので | Main | ぽかぽかな青空 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
あぶらあげの話[2009年04月25日(Sat)]
長岡に生まれ育った私にとって、あぶらあげとは、栃尾のあぶらあげをいう。
だから、「栃尾揚げ」と言われても、なんのことやらわからない。

大学に進学し、東京の居酒屋に行った時のこと。
油揚げを注文すると、私の思い描く油揚げではなく、
もうなんというのか、私の感覚だとぺなぺなの油揚げ。
文句の一つでも言ってやろうかとおもったが、
どうやら、それが、全国基準だったようだ。

そういうわけで、こちらの油揚げはかなりのボリュームである。

IVUSAが除雪のボランティアで、栃尾を訪れた時のこと。
「休憩におやつをどーぞ」と言われて出てきたのが、「油揚げ」であった。
長岡に生まれ育った私にとっても、おやつに食べるものではない。

とはいえ、さすがに名産だけあって、味は抜群!である。
学生も私も美味しく頂いた。一枚目は・・・・・

「ごちそうさまでした。」と言い終わらないうちに、住民の方が
二枚目を皿に載せてきた。
二枚目を食べ終わると、三枚目が・・・

「美味しいです」と言いながらも涙目になる私。
栃尾の油揚げは、美味しさもボリュームもビッグなのである。

今後も栃尾との長いお付き合いをすることを考え、言いづらかったが、
住民の方に油揚げは一人一枚でとお願いした。


それから数年たち、栃尾を知らない学生が視察&調整のために、栃尾を訪れた。
道の駅で食事をするとき、知っている学生は、もちろん油揚げ定食を注文した。

一方、栃尾名物を知らない学生は、四川風ラーメンやカレーライスを注文。
「栃尾で油揚げを食べないなんてな」とさっそく、私にいじられた。

さらに、
「四川風ラーメンが食べたければ中国に行け」
「まぁ中国にこんなラーメンないけどな」

困った学生は、
「四川風ラーメンを食べるのに、中国より栃尾の方が近いと思いまして・・・・」
説得力あるのかないのか、わからないけど、面白い回答であった。

そういうわけで、栃尾にきたら油揚げを是非!
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/13
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
あらま、またコメント。
「あぶらげ」ですよ!言い方は!!
notあぶらあげね。笑
余計な小言ですが、過去にダンボール1箱で栃尾のじいちゃんから送られた身としては!!ここは外したくないね◎笑

栃尾揚げ専用のお醤油をつけて、ぜひ召し上がれハート

うまいぞー!1人1本は、余裕です笑
Posted by:まきこ  at 2009年04月26日(Sun) 01:58

プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得