CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 栃尾ふるさとづくり活動 関東 第2回勉強会 | Main | 栃尾ふるさとづくり活動「とちお祭り」 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
【栃尾ふるさとづくり活動「とちお祭り」結団式】[2018年08月24日(Fri)]
【栃尾ふるさとづくり活動「とちお祭り」】

8月23日
本日は9時よりよさこい練習が松陰神社横、若林公園にて、13時より結団式が国士舘大学にて行われました。

IMG_1885.JPG
IMG_20180823_130135.jpg

今回の活動に参加する関東・関西全ての学生が集合しよさこい練習をするのは初めてのことでしたが、細かいところも教えあい、和気藹々とした雰囲気で皆真剣に取り組んでいました。

IMG_1921.JPG

結団式は、自分の愛情に対して考え共有し、それを栃尾という地域に向けていくことのきっかけとして促すようなグループワークから始まりました。

IMG_1922.JPG

次に、以前行われた勉強会の内容を復習しました。今回の活動が「郷縁」をスローガンとしていて、これからの栃尾との関係は自分たちが作るのだという意識が生まれました。

IMG_1923.JPG

その後は、「詰め込みタイムアタック」と称した、栃尾での子どもたちを巻き込んだ企画として実施する防災グッズの優先順位を図るゲームのデモンストレーションを学生が実際に行いました。
災害時は、紙幣より硬貨のほうが使える可能性が高く重要であることに驚きの声も上がっていました。

1535080277788.jpg

また、今回の活動の達成要件の一つである、とちお祭り関係者(主催、参加者)にとるアンケート項目を参加する学生全員が考えることで、アンケートに対する必要性を意識できました。

IMG_1926.JPG

休憩の後、リスクワーク研修を行い、隊としての乱れがあった時、とっさにどのような判断をすべきか短時間で導き出す練習をしました。

IMG_1927.JPG

参加する学生がほぼ全員揃ったはじめての場で、4人のグループ長から自己紹介とそれぞれのグループの班長紹介がありました。
また、ivusaのOBで新潟県長岡市議会議員の桑原望さんや同住会等で特にお世話になってきた方々の紹介がありました。

IMG_1928.JPG

そして最後に、活動のリーダー(拓殖大学4年 大崎沙耶香)から話があり結団式が終了しました。

IMG_1929.JPG

その後、集合写真を撮りました。
栃尾に対し考えを深め、意識的に活動が成功するよう隊全体がまとまることができました。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/1241
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得