CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 7次隊 『栃尾ふるさと創り活動』MTの言葉 | Main | 7次隊 『栃尾ふるさと創り活動』リーダーメッセージ »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
7次隊 「栃尾ふるさと創り活動」MTの話[2016年11月26日(Sat)]


東京多摩クラブニ年の廣P淳です。 今回の活動でロジスティックマネージャーを務めさせていただいておりました。

この子ども隊の活動に参加するのは3回目でした。
回数を重ねて行く度にこの活動から感じ取れることも変化し、この活動に対する想いも強くなるばかりです。

そして、純粋に子ども達がどれだけ幸せになれるか。子ども達が強く生きていくために自分たちに何ができるのか。

これらのことを考えては毎回、無力感を感じることがあります。
それでも考え続けられるのは、活動に行くと子ども達が笑ってるくれるから。
その笑顔が見れるから、考え続けられる気がしています。

子ども達はいつも、学生に大切なものを与えてくれます。ある種、学生の自己満足のような所もあるかもしれません。しかし、そんな子ども達の笑顔が見たくて、一緒に楽しみたくて、幸せな人生を築いて欲しくて、ただその想いで溢れています。

少しでもそう思いながら一緒に活動できる、仲間を巻き込みながら今後も関わり続けます。

貴重な経験を毎回させていただいきありがとうございました。


この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/1228
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得