CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 5次隊「とちお祭」活動1日目 | Main | 5次隊「とちお祭」活動3日目 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
5次隊「とちお祭」活動2日目[2016年08月28日(Sun)]
8月27日、本日より2日に渡りとちお祭りが開催されています。


朝食後の8時45分からはグループワークと班ミーティングが行われました。


グループワークでは「栃尾地域に100億円あればどうするか」という問いに対して隊員全員が個人で意見を考え、様々な意見を交換しました。


サブリーダーの宍貝奏(龍谷大学4年)からは「地域活性化には様々な答えがあり、他の答えも考えることが重要である」という言葉がありました。

20160827_161738000_iOS.jpg

自分に何ができるのか、何をしたいのかを改めて考え、リーダー達の想い、行ってきたこと、隊員にしてほしいことを語ってもらいました。


昼食後は体育館に向かい、グループごとによさこいの通し練習を行いました。


最後の通し練習では、今まで関西・関東と別々に行ってきた練習が1つのものになった気がしました。

DSC_0232.JPG

皆楽荘に戻り、夜にある大民謡流しと神輿渡御の準備のために、正装である上下白色に着替えました。


午後6時30分、大民謡流しが始まりました。

昨日教えていただいた伝統の栃尾甚句を、地元の方と一緒に踊り歩きました。

雨の中、1時間半という長い時間でしたが、学生からはあっという間に感じた、という声が多く聞かれました。

DSC_0031.JPG

その後、神輿渡御に移りました。

学生は5つの地域に混ぜていただき、神輿を担ぎました。

たくさんの神輿が集まり、会場は大いに盛り上がりました。

DSC_0126.JPG

明日はとちお祭り2日目にあたり、パフォーマンスなどがあるので、しっかり休んで備えます。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/1211
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得