CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 3次隊「栃尾ふるさとづくり活動 子ども隊 愛児園」プロジェクトマネージャーからの言葉 | Main | 5次隊「とちお祭」活動2日目 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
5次隊「とちお祭」活動1日目[2016年08月27日(Sat)]

8月26日7時30分、隊員129名が新宿中央公園に集合しました。
見送りに駆けつけた学生代表から「楽しんで、何よりも無事に帰ってきてください。」という言葉をもらい、隊員の気持ちが引き締まりました。

午後1時に宿の皆楽荘に到着し、本協会理事の桑原望より初めて栃尾の活動に参加した隊員に向けて、栃尾の歴史やIVUSAとの関わり、地域活性についての話があり、これからの活動に対する気持ちを新たにしました。


IMG_8629.JPG


その後よさこい練習に移り、初めてメンバー全員で踊ることができ、互いに切磋琢磨できる良い雰囲気がつくれました。

その後は栃尾甚句保存会の方々にとちお祭で実際に踊る栃尾甚句を教わりました。太鼓や笛の体験もさせていただき、その優しい音色によりよさこいとは打って変わり和やかな雰囲気になりました。


IMG_8642.JPG



夕食を挟み、活動でいつもお世話になっている「とちお同住会」の方々や地元の高校生と交流会を行いました。交流会を通し、ある学生は「栃尾地域に来てくれて嬉しい、という地元の方の声を聞いて嬉しかったと同時に、地元の方の期待に応えられるよう、さらに責任感を持とうと思った」と言っていました。


DSC_0111.JPG


19時頃から原町、新町という地域にお邪魔させていただきました。神輿を担ぐ練習や、「樽神輿綱引き選手権」という、酒樽が乗った2つの神輿が縄で繋がれ、それを引っ張り合うという競技の練習をしました。

神輿の掛け声や動き方、樽神輿の引き方などを教えていただき、さらには実際にお手本を見せていただきました。その迫力に圧倒されました。
「いきに(我慢)してかつげ!」、「楽しんで疲れて!」の言葉をいただきました。


IMG_0192.JPG


明日はついにとちお祭当日。大民謡流しと神輿渡御に参加します。
今日教えていただいたたくさんのことを生かし、とちお祭を盛り上げます。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/1210
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得