CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 10次隊 『ほだれ祭』 とちおっこの声A | Main | 1次隊『オープニング隊』1,2日目 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
10次隊 『ほだれ祭』 マネージャーからの言葉[2016年03月28日(Mon)]
皆さん、こんにちは。
今回、栃尾ふるさとづくり活動10次隊 ほだれ祭りでリーダーをさせていただきました、立命館大学2年の志渡澤美沙です。

今回の隊では「ほだれ祭りや下来伝集落で今、そしてこれから何ができるのかを見極め、カタチにする 」という目的を掲げ、活動をしてきました。

見知らぬ私たちを温かく迎え入れ、一緒に祭りを作りたいと言ってくださる長岡市下来伝集落の皆さん。
そんな皆さんに感謝の気持ちを忘れず、私たちができることを精一杯やろうという想いを目的に込めました。

そして、実際に活動して感じたのは、やはり集落の方々の温かさでした。
普段大学の授業を受けているだけでは到底味わうことのできない、人の温かさ・ふるさとの懐かしさ・参加者全員が作り上げる祭りの雰囲気が、下来伝集落にはありました。

一生ものの体験をさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

また、今年は東谷小学校の皆さんとの交流企画も行わせていただきました。
小学校の皆さんと、ゲームや研究発表などで一緒に交流させていただき、素敵な時間を過ごさせていただき、来年度以降の活動が本当に楽しみになりました。

最後になりましたが、今回栃尾ふるさとづくり活動第10次隊 ほだれ祭りを行うにあたりまして、ご協力頂きました全ての皆様に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

栃尾ふるさとづくり活動10次隊 リーダー
志渡澤美沙(立命館大学2年)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/1200
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得