CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 10次隊 『ほだれ祭』 とちおっこの声@ | Main | 10次隊 『ほだれ祭』 マネージャーからの言葉 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
10次隊 『ほだれ祭』 とちおっこの声A[2016年03月28日(Mon)]
次の方も、今回が初めてのほだれ祭への参加となる、はちおの男の子です!

 彼は、少人数規模の活動かつ、雪の綺麗な地域へ活動に行きたかったところ、このほだれ祭への参加を決めたそうです。

ほだれ祭の様子を写真で見たり、説明文を読んだりした時点では、かなり不思議なお祭りだと感じたようです。
活動のイメージは、ほだれ様を担ぎながら街や露天周辺を一周したりする大規模なお祭りを想像していたそうですが、実際は、担ぎながら街を周ることはせず、ほぼ一箇所を重点的に動いており、イメージを違ったことに驚いたそうです。

また、彼は露店の運営のお手伝いをさせていただいたようで、地元の人たちと話し始めるまで、本当に緊張したようですが、いざ話してみると、もう会話が止まらなくなるほど、会話が弾み、とても楽しかったようです。

ほだれ祭に参加して気づいたことは、露店運営をしていて多くのお客さんと話していると、新潟県の中でも、栃尾の地域以外からも多くのお客さんが来ていることを知り、その時にほだれ祭の知名度の高さに気づかされたみたいです。

 彼からも、来年度の栃尾っ子に対するメッセージをいただきました。「初めていく地域で、地元の人々と交流すると言っても、やっぱり恥ずかしさもあり、緊張してしまうもの。けれど、栃尾の人たちは本当に暖かくて、みなさん、本当に気さくに声をかけてくれる方ばかりだった。活動が終わったからこそ言えることだけど、緊張する必要なんてありません、どんどん自分たちから話す機会をつくり、IVUSA学生と栃尾同住会の方々との絆を深めていってほしい」とのことでした。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/1199
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得