CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 栃尾 10次隊 | Main | 10次隊 『ほだれ祭』 とちおっこの声A »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
10次隊 『ほだれ祭』 とちおっこの声@[2016年03月28日(Mon)]
初めての栃尾ふるさと作り活動ほだれ祭への参加のはちおの女の子の声です!

活動に参加する前のほだれ祭に対しては「奇祭」と呼ばれるだけあり、「かなり変わってるお祭りだな〜」と感じていました。
そんな変わったお祭りに参加した理由は、周りの友人からたくさん誘いの声を受けて、興味本位で参加を決定したそうです。

そんな理由で参加したほだれ祭からは、本当にたくさんのことを感じたようで、「お祭りは純粋に楽しかった!神輿を担いでる人たちの活気が凄かった!」というような感想もいただきました。
 また、彼女は露店の運営のお手伝いをしていたそうで、接客をしながらの地域の人たちとの交流や、お祭りと言えば遊びに行くイメージがあるが自分がそのお祭りの運営側に関われていることも、とても新鮮な経験だったようです。
 また、お祭りには外国の方も多く訪れていたようで、子宝に恵まれるようご利益を信じて、飴やお守りを買っていく人が多く、改めてほだれ祭の伝統の凄さを感じたようでした。

そんな彼女から、次年度に栃尾の活動に参加される皆さんへの一言をいただきました。「栃尾では、地域の人たちと話せば話すほど、住人の笑顔が見られる。地元の人たちから少しでも栃尾に対する思いなどを感じ取り、また他の学生に伝え、新しい栃尾参加者を増やしてほしい、そして、活動を有意義なものにしてほしい。」とのことでした。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/1198
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得