CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 10次隊『ほだれ祭』活動2日目  | Main | 10次隊 『ほだれ祭』 とちおっこの声@ »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
栃尾 10次隊[2016年03月28日(Mon)]
朝、荷物の準備などをして朝食を食べた後、活動初日から宿泊させていただいた皆楽荘の掃除をしました。
その後、地域の小学生と交流する小学校企画を行うために東谷小学校へ向かいました。小学生との交流では、学年ごとに分かれて、交流をしました。

  1、2年生との交流会では、学生と小学生で交流ゲームを通じて2、3人組を作り、学生が準備した「三択クイズ」と「お絵描き」の企画でとても盛り上がりました。
 三択クイズでは、ほだれ祭りや新潟県に関するクイズを出題することで、学生側も知識が深まり、小学生のみんなも身近な話で楽しそうでした。

image.jpeg

 お絵描きでは、栃尾地域のゆるキャラである「あぶらげんしんくん」の絵を小学生のみんなに描いてもらい、学生たちが最後に、その絵に対してメッセージを書きました。小学生のみんなが色鉛筆を使って描いていた絵は個性が溢れていて、とても上手でした。

 閉会式では、小学生のみんなから校歌の合唱のプレゼントもあり、その後、学生たちとハイタッチをして、終了しました。

 4年生との交流では、蛍の生育等についてパワーポイントで、小学生たちが今までの授業でまとめたものをより良く完成させるため、お手伝いをしました。
 うまく出来上がるように小学生と一緒に考え、楽しく作業をしました。

image.jpeg

6年生との交流では、小グループに分かれて将来の夢や大学生の生活について語り合いました。将来の夢について小学生・IVUSA学生がお互いに共有しあい、その夢を実現するためにはどのようなことができるのかを一緒に考えていきました。

 また、将来の夢について語り合う中で大学生活が話題に上がることもあり、現役の大学生であるIVUSA学生が実際に経験しているリアルな大学生活について語る場面も多く見られました。

image.jpeg

 各学年との交流をした後、5・6年生の生徒たちとIVUSA学生全員で写真を撮りました。

 写真を撮る時の皆の顔は満面の笑みで、充実した交流ができたことをうかがうことができました。その後、お互いに感謝の気持ちを伝えつつ、東谷小学校を出発しました。

 栃尾を出発して、無事に東京に着くことができ、今回の活動は終了しました。

 3月12日から14日まで今回の活動でお世話になったとちお同住会の皆さま、ほだれ祭実行委員会の皆さま、その他私たちの活動のために、協力して下さった皆さまに感謝とお礼を申し上げます。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/1197
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得