CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 9次隊『裸押し合い祭』 活動2日目 | Main | 10次隊『ほだれ祭』活動2日目  »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
10次隊 『ほだれ祭』 1日目[2016年03月13日(Sun)]
栃尾10次隊が始まりました】

 3月12日の朝、隊員56名が新宿に集まり、1日の活動内容を簡単に共有したり、リーダーからの活動への熱いメッセージがあった後栃尾地域に向かって出発しました。

image.jpeg

下来伝地区に到着後、あげあげあげ(おからを使ったからあげ)、祭りの準備、ひまわりの種の選別作業の3つの現場に分かれて、地域の方々と一緒に作業をしました。

あげあげあげの仕込み組は、和やかな雰囲気の中作業が始まりました。これには想像以上に手間がかかっており、大変でしたが無事に作り終えることができました。
image.jpeg


今回宿泊する皆楽荘では、ひまわりの種の選別と露店の準備を行いました。
ひまわりの種の選別では、会話をしつつたくさんのひまわりから種を取り出し、交流を深めることができました。
露店の準備では、机を囲んで、翌日の露店で売る商品のメニュー看板を作りました。
image.jpeg

お祭会場付近では、現地の方々の話を聞きながら神輿の組み立てや、祭りで使うくじを作りました。五円玉に紙を結んで印をつけるという単純な作業でしたが、1,000個という数だったので大変でした。
image.jpeg

その後、初めて栃尾地域の活動に参加する隊員に対して、本協会のOBであり現長岡市議会議員である桑原望さんより栃尾の活動に関するお話をしていただき、改めて今回の活動で下来伝地域のために、できることを考えて形にする気持ちが高まりました。
image.jpeg

そして、交流会ではとちお同住会や活動3日目に訪れる東谷小学校の校長先生から「2月に来てくれた時、子供達が楽しんでくれて大変感謝している。大学生という立場から子供達に伝えられることを伝えてほしい」とのお言葉を頂きました。
image.jpeg

大いに盛り上がった交流会を終えると全体ミーティングがあり、1日を振り返り、翌日へいかせるよう班で話し合いました。
明日はほだれ祭当日です。若き力を前面に押し出して頑張ります。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/1195
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得