CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 12次隊『裸押し合い祭り』 とちおっ子の声@ | Main | 栃尾12次隊『裸押し合い祭り』リーダーメッセージ »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
12次隊『裸押し合い祭り』とちおっ子の声A[2015年02月23日(Mon)]
 昨日に引き続き、12次隊裸押し合い祭りの活動に参加した、2人目のとちおっ子の声を紹介します!
 今回は栃尾の活動には何度も参加している4年生の男子です。

********************

 今回の隊では裸押し合い祭りや除雪作業、新企画、交流会などを通して、私たち学生ができる地域活性化とは?を常に考え続けました。私自身、何度か栃尾ふるさとづくり活動には参加したのですが、これほどまで頭を使った活動はなかったように思います。

 裸押し合い祭りだけでなく、栃尾でお祭りに参加しているときにいつも思うことがあります。それは共に楽しめる空間を共につくるということです。本当にシンプルなのですが、これに尽きると思います。そのために何にでもなれるIVUSAは本当にすごいなと思います。(笑)


IMG_1869.JPG


 そして一番感じたのは、栃尾に住む方々と私たちIVUSAとの関係性の深さです。ここまで楽しい空間を共につくることができるのも、これまでIVUSAの先輩方が繋いでいってくださったからであるとより一層感じることができました。私は今回の隊でIVUSA会員として栃尾に行くことはきっと最後になります。先輩たちから受け取ったバトンを後輩たちに引き継ぐことができていたのであれば幸いです。

 また、今回の隊で「私たち学生ができる地域活性化とは」の各々が出した答えが新たなバトンとなり、更なるステップとしていかされていくことが必要なのではと考えます。
 
 と、少し固くなってしまいましたが、また裸押し合い祭りに挑戦します!90分戦える体を作ってやります!ありがとうございました。


IMG_0837.JPG
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/1147
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得