CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 栃尾10次隊☆とちおっ子の声 そのA | Main | 10次隊 サブリーダーメッセージ★ »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
栃尾10次隊☆とちおっ子の声 そのB[2014年11月14日(Fri)]

栃尾10次隊のとちおっ子の声も、いよいよ最後となりました。
最後はこの隊が最後の子ども隊となる4年生です(*^^*)!!!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

わたしは今回の活動で栃尾4回目、子ども隊4回目でした!
そして、最後の活動でした。

子どもたちと会う前のワクワクは、回を重ねるたびに大きくなっていたのを覚えています。
そして、回を重ねてはいましたが「覚えてくれてるかな」という不安もありました。

古民家に子どもたちがニコニコしながら近づいてきたのを見て、このワクワクと不安が入り混じった複雑な気持ちでした。

でも、久しぶりに会った子どもたちは照れながらも名前を呼んでくれました。
去年までは、おもちゃの取り合いをしたりクレヨンを取り合ったりしていた子どもたちは、すごくすごくお兄さんお姉さんになっていました。

日ごろ関わっている大学生でさえ1年の大きさを感じているのに、子どもたちの1年はもっともっと大きいものだと改めて感じました。

子どもたちの境遇は、わたしには理解はできないかもしれない。
でも、この活動を楽しみにしてくれている子どもたちのために素敵な時間を与えたい。

そう思ってこの活動に参加していましたが、わたしの方が素敵な時間をもらっていました。
また、あの子たちの成長を見に双葉寮に遊びに行きます!


子ども隊の仲間へ
愛情の少ない中で育ってきた子どもたちが2日間、たくさんの愛情をうけ、楽しい想い出をもって帰り、また行きたいと楽しみにしてくれている。

それがある限り、愛情を与え続けてあげてください。
子どもたちはみんなに会うのを楽しみにしていると思います。

たったの4回でしたが、子どもたちと過ごした幸せな時間はわたしの宝物です。
ありがとうございました!
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/1138
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得