CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« MTからのメッセージA! | Main | 栃尾3次隊「双葉寮」 活動1日目 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
いよいよ最後のメッセージになります![2014年06月13日(Fri)]
今回はまわり隊でひまわりのように輝いていたこの人です!

リーダー 東洋大学3年鈴木健悟

活動を通して思ったことを書きたいなと思います。 まず1つ目は新潟県中越地震を風化させてはいけないということです。震災から今年で10年目ですが、高齢化と若者の都市への流失により、震災当時のことを直接聞ける機会は徐々に減ってきていると思います。しかし、今回の活動で現地の方たちからお話しを聞いたりして、改めて当時の被害の大きさを感じ、忘れてはいけないと強く感じることができました。それと同時に僕たちがこれから栃尾に対して何ができるのかを考えるきっかけにもなったような気がしました。
 2つ目は次につなげることを一人一人が本当に実現化してくれればいいなと思いました。今回同住会や半蔵金、UNEと活動を一緒にさせていただき、最後には「また来てほしい」という声もいただきました。とても嬉しかったです。この、「また」を本当に実現化させていったらもっと学生と栃尾の繋がりは強いものになるのではないかなと思います。プロジェクトに限らなくても、ひまわりを植えた畑の雑草とることや種の収穫、UNEの活動のまとめ作業など、僕たちができることはまだまだあると思います。まだまだひまわり隊は続かせたいですね(笑)
 最後になりますが、活動でお世話なりました栃尾同住会、半蔵金地区、UNE、事務局の方々、参加者の皆さん本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/1106
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得