CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
栃尾ブログ
新潟県長岡市栃尾地域(旧栃尾市)は、中越地震の被災地です。
震災からの復興を契機にで地元の住民と都会の学生の間に「絆」ができました。
このプロジェクトは「絆」によって行われる地域活性化への挑戦です。
« 栃尾12次隊 とちおっ子の声A | Main | 栃尾12次隊 リーダー、サブリーダーの声 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
新潟の楽人
2011年度ふりかえり〜Part1〜 (03/31) ホタルの先生
現地レポート 二日目 (02/14) 浅丘柚胡
栃尾行事紹介1月 (08/18) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/05) IVUSA 桑原望
5次隊現地レポート1日目 (08/05) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) めろん
5次隊現地レポート1日目 (08/04) 体操のお姉さん
最終日 (06/14) とちおっ子
現地レポート (02/28) NOAH
現地レポート (02/16)
最新トラックバック
栃尾っ子の声@[2014年03月16日(Sun)]
栃尾に行くのは初めてで、楽しみな分、栃尾の人達が受け入れてくれるか不安な部分もありました。
田舎の人達は部外者をシャットアウトするというイメージがあったのですが、栃尾の人達はそんなことはなく、暖かく迎え入れてくれました。祭りではホラ貝も吹かせてもらったり、交流会で多くの話を聞いたり、人の暖かみに触れた3日間でした



今回初めて栃尾にきました!

まずこのほだれ祭りに参加しようと思った1番の理由は面白そうだからです。
ハチオということではじめは不安ばかりでしたが気軽に話しかけてくれる先輩や同期のおかげですぐに不安はなくなりました。

まず栃尾について驚いたことは雪の量です。東京ではみることの無い雪にただただ驚きました。
雪掻きを体験しましたが想像以上に体力をつかい、若者の人数が減ってるこの地域ではとても深刻な問題だと感じました。

また祭りの運営も若者の減少により続けていくことが困難とききました。しかしほだれ祭りは自分が想像していたよりも何倍も活気と熱気に溢れていました。一見下ネタのように見えるこのお祭りにもしっかりとした歴史があり、このような祭りをこれからも続けて行って欲しいと感じました。

そしてこの地域に住んでいる栃尾の人達はとてもあたたかい人達でした。自分はまだ未成年でお酒は飲めなかったのですが栃尾の人は来年一緒にお酒を飲もうと言ってくれたことが1番の思い出です。

自分はどうすれば地域活性化に貢献できるかと考えたとき自分の心の中にとどめておくのではなく外に向かって発信していくことが大切だと思いました。

また今回のプロジェクトをつくってくれたリーダー、サブリーダー、PT、そして僕達をずっと引っ張ってくれた4年生の方々本当にありがとうございました!
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/archive/1094
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

IVUSA栃尾さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-tochio/index2_0.xml
RSS取得