CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«合同支部会終了!! | Main | 神奈川☆町田支部会»
瓦版2008年6月号 [2008年07月13日(Sun)]

瓦版2008年6月号(創刊号)

------------------------------------------------------------       
2008年7月13日発行
IVUSA広報企画部
------------------------------------------------------------  

■□■トピックス― OKバジさんの講演会を実施□■□

 6月29日(日)、IVUSAの6月期定例会において、OKバジさんの講演会を行いました。
 場所は、日本大学砧校舎です。
 
 「OKバジ」とは、ネパールの山奥の生活支援活動で活躍されている垣見 一雅さんです。日本のNGOや企業の協力を得て、日本からの善意を運ぶパイプ役として活動をされています。
 IVUSAがネパールで活動したプロジェクトすべてをOKバジさんはカウンターパートとして、支えて下さっています。
 OKバジさんの穏やかな雰囲気に、ネパールに参加していない学生も親しみを感じ、講演が始まる前からバジさんは多くの学生に囲まれていました。



 ネパールでの「OKバジ」こと垣見さん


 講演は、なぜネパールに住み着き、OKバジと呼ばれるようになったのか、ということから始まりました。

 OKバジさんは、毎年トレッキング(山歩き)に訪れていました。ネパールに密接に関わるようになったきっかけは、トレッキング中雪崩事故に巻き込まれた時、一緒にいたネパール人ポーターの死や、バスの転落事故で大怪我をした際に、ネパールの人々が親身になって助けてくれたことに対する恩返しのつもりで、現在のような活動をはじめたとのことでした。

 その中で、村人全てのリクエストを「OKOK!」と聞いてくれる垣見さんのことを、村の子供たちが「OKバジ(OKおじさん)」と呼んだことが、「OKバジ」の始まりで、今では、その地域一帯で「OKバジ」といえば、全ての村人が知っているほどの有名人となりました。





 講演では、多くの写真を見せて頂きました。日本の支援でたった立派な学校、多くの病気や怪我、重い障がいを受けた人の写真を見せてくれました。今でもネパールには車の通らない村がたくさんあり、日本ではすぐに治るような病気や怪我で、たくさんの人が苦しんでいること、また、小学校がないため青空教室で勉強したり、今にも倒れそうな校舎で勉強する子供の写真もありました。

 しかし、その写真に撮られた人たちは、ほとんどOKバジさんの支援によって、回復したり、状況が改善されているそうですが、病人の中には手の施しようがなくそのまま亡くなる人もいるとのことでした。そんな写真の中で、病気から回復し、満面の笑顔で写る少年と、隣で微笑むバジさんが印象的でした。


 ネパールでは、100円で一人の子どもが1ヶ月学校に行くことができます。日本では、100円では自動販売機でジュース1本も買えません。
 バジさんは、毎日電車の1駅間を歩くことで、毎日200円を節約しているそうです。
 バジさんは生活でそのことを考え、日々行動しています。大きなことでなくていい。日々誰かを思い、行動に移すこと。そのことの大切さを、バジさんから教えていただきました。

 バジさんは私たちに語りかけます。
 「あなた方は何を一番に考えて生きていますか?」

 Life is dream. Realize it!!
 Life is love. Share it!!
 Life is money. Make it!!


●6月の各支部の様子○
 ■千代田支部



 IVUSA最大の支部、千代田!!

 現在330人以上の会員が所属し、法政25班、東洋7班、聖心2班の計34班で構成されています。
 これだけの多人数だと、会員間のコミュニケーションがなかなか取れません。そこで、千代田支部ではランチ会を毎日開催しています。また、6月は各班で飲み会が開催されました。多くの班が2〜4班の合同で行ったようです。飲み会ラッシュで、一種の支部イベントのようでした(笑)

 参加した1年生からは、「班員だけでなく、班を超えて交流できて楽しかった」という声が多く上がりました。また、班長である2年生からも、「班員と顔を合わすことができた」と喜んでいました♪そんな彼らの楽しそうな姿、微笑ましい限りです。

  『大きくてもお互いの顔が見える支部』へ

 これからも千代田では、支部員交流の場を増やしていきたいと思います♪


■八王子支部



 なかなかはっきりしないお天気が続いていますが皆様いかがお過ごしですか??

 6月6日(金)拓殖大学にて八王子支部会が開かれましたぁッ☆☆

 主な内容は7月に行われる八王子清掃の告知や夏のプロジェクトの告知でした♪

 多くの1年生が参加してくれましたぁ☆
 NASAが実際に研修で使ったというNASAゲームをを行い、決められた時間内にみんなの意見をまとめることの大切さを学びました。

 支部会終了後は拡大っ子が大好きな飲み屋「く〜」で打ち上げを行いました☆

 予想外に人が集まったため店員さんも担当の2年生も大慌てでしたが、無事楽しい打ち上げを終えました☆


■世田谷支部

 6月ってじめじめしていますよね〜。しかし世田谷っ子はこんな湿気と戦って頑張っています☆

 今回の支部会では他支部の方もたくさん来ていただき、支部を越えた交流が出来ました。
研修ではNASA GAMEという緊急時に何が必要で、優先順位はどうすればいいかという少し頭を使うゲームをやりました♪♪単純なゲームと思いきや・・・一人一人考え方が違って面白かったですね〜。一つの答えを出すだけでグループ内での役割ができ、また団結力とういものが結束!!!されたんじゃないでしょうか〜♪

 以上 梅が丘新校舎の屋上ラウンジがいまだ馴染めない世田谷っ子からでした〜笑

 すぱげってーとカレーしかメニューがないんです。(泣)


■町田支部



 まちだからは、支部のBIGイベント「国士舘大学・鶴川祭」を紹介します!!

 鶴川祭とは、国士舘大学鶴川キャンパスにて、入生歓迎と地域密着をコンセプトに、開催されている学園祭です。毎年、IVUSAは国士舘大学・国際ボランティア部として参加しています★ 

 実は、国士舘大学・鶴川キャンパスは、IVUSA発祥の地。みんな鶴川祭にかける思いが違います。
 今年は、5月31日(土)、6月1日(日)の2日間開催され、よさこい披露、やきそばの露天を出店しました。やきそばの露天の隣には、活動紹介を展示し、笑顔の写真をいっぱい写真を飾りました。

 4月から加入した新1年生と一緒に、5月20日から本番までの2週間、毎日集まってわいわい準備を進めました。

 本番では、よさこいは、世田谷支部から助っ人も駆けつけてくれ大迫力の舞台となりました。露天のやきそばは、塩味・ソース味の2種類ともに完売と、あっという間に楽しい2日間が過ぎていきました。

 準備を手伝ってくれた世田谷支部の皆さん!!当日、応援に来てくれた他支部の皆さん!!!
本当にありがとうございました!!

 鶴川祭ほかにも、6月13日には支部会。
 6月19日には、まちだスタッフ会議と雨にも負けないうきうきした毎日でした★


■神奈川支部

 ♪雨、雨ふれふれ母さんが〜、6月といえば「雨」ですね。

 でもでも、6月の神奈川支部といえば!!何といっても、フェリスを脱出して行われた神奈川支部会でした♡
 6月10日(火)に神奈川県民センターで行われましたぁ★☆

 な、なんと!!総勢89人の仲間たちが参加してくれました。感激です〈涙〉
 各夏プロのリーダーさん達のとーっても力のこもった説明に、さらに感激です。
 なんだか、「いつもと違う夏プロ説明にしたい」ってことで、明治メンバーズがキーワード形式で行ってくれたんですよね〜。

 みんなの真剣さで、途中部屋がめっちゃ熱くなってヒートアップしてしまったけど、それはきっとみんなの真剣さだったのではないでしょうか?私は、あまりのヒートアップさに私はひるんでしまいました(笑)

 そんなこんなで終了した、6月神奈川支部会です。本当に来ていただいた方
 ありがとうございましたぁ。


■埼玉支部

 6月の埼玉支部は、埼玉支部会を始め他支部の支部会・CMT講習・定例会など一人ひとりがいろいろな活動に参加できたのではないかなぁと思います♪

 埼玉支部会では、前回に引き続き埼玉支部らしい「あっとほ−む」な和室で行いました(は−と)

 夏プロジェクトの話をみんな真剣に聞いて、夏に対する熱い思いが伝わってきました!
 みんなこの夏、何に行こうがよ−く悩んでました(´▽`)






トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント