CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

ivusa-cmtblogさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
IVUSA
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/19) よち
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/17) IVUSA
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/16) 食パンマン
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/15) ka@z
産田川の様子 (09/11) k@z
水害から1週間 (09/11) うっちー
復興商店街@南町 (09/10) 南雲京子
7日活動報告8日活動予定 (08/08) つなぶちようじ
24日報告 (04/26)
https://blog.canpan.info/ivusa-cmtblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-cmtblog/index2_0.xml
宇治市の水害の救援活動を実施しています。 [2012年08月18日(Sat)]
 8月13日・14日から京都府南部を襲った大雨災害の復旧支援を16日から行っています。
 地元のボランティアセンターと連携しつつ、家財道具移動、廃棄、運び出し、床上、家財道具、壁の泥掃除、床下のへどろかきなどを行っています。

20120818uji_1.jpg

20120818uji_2.jpg

20120818uji_3.jpg
8月12日の活動報告 [2012年08月13日(Mon)]
 午前9時から約160人で引き続き、被災した土地に伸び切った雑草の草むしり作業を行いました。
 強い日差しが照りつけていましたが、声をかけあい楽しく元気よく作業を行うことができました。
 午後は遊歩道の水路の床にしく砂利を集める作業を行いました。

 また、約30人は午前中から遊歩道のヘドロ掻き、草むしり、草刈り、階段作りの作業を行いました。午後からは他の隊員も合流し、総勢約200人で活動しました。
 昨日初めて入った現場でしたが、見違えるように綺麗になり、観光地として美しく、子どもも遊べる安全な公園になりました。

 一緒に活動させていただいたスマイルシードさんにもとても喜んでいただき、微力であるかもしれませんが、元気を置いてくることができました。笑顔が溢れる現場となりました。

20120812tohoku_1.JPG
8月11日の活動報告 [2012年08月11日(Sat)]
 今日は東日本大震災が発生して1年と5ヶ月が経過したということで、朝の全体ミーティングの際と地震発生時間の際に黙祷を行ってから作業を行いました。

 まずは近くにある小さい神社に向かいました。

 神社は長い間手が届いていない状態のため雑草がぼうぼうと生え、震災の影響で崩れたがれきやガラス等を拾いました。
 根気のいる作業でしたが、参加した一人一人が神社を元の姿に戻そうと奮闘しました。

 海岸の清掃、整備活動は午前中で完了し、遊歩道はヘドロ掻き出し、階段作り、草刈りを行ないました。そして宿泊テント前の草刈りも行いました。

 昨日より涼しい中活動を行うことができ、作業も円滑に行うことができました。

20120811tohoku_1.JPG
8月10日の活動報告 [2012年08月11日(Sat)]
 本隊は9日の23時に新宿を出発し、10日の8時に現地に到着しました。
 9時に全体ミーティングを行い、その後班ごとの作業に移りました。

 総勢215人で作業に取りかかり、
 本日は主に、海辺での清掃・流木の撤去、被災した土地の草むしり、神社の草むしりや竹の整備を行いました。

 日差しの照るつける暑さで体調を崩す人もいましたが、大きな事故もなく作業を終えることができました。

20120810tohoku_1.JPG
8月7日から先発隊が活動中 [2012年08月09日(Thu)]
 8月9日から13日まで200人規模で宮城県石巻市牡鹿半島において活動する予定です。先発隊が準備をしています。草抜きや瓦礫撤去、土壌ならしなどをしています。

20120807tohoku_1.jpeg

20120808tohoku_1.jpeg

20120808tohoku_2.jpeg
熊本県豪雨災害救援活動2次隊 7月29日の活動 [2012年07月30日(Mon)]
 昨日に引き続き、浄信寺さん墓地での土砂掻き出し作業でした。

 日中の暑さにも耐え、朝9時過ぎから夕方17時までの活動を行い、一部やりきれず残してしまった部分も少々出てしまいましたが、墓地管理の方と協働という形で、大方のニーズには応えられました。
 非常に作業量の多い現場でしたので疲労が見える一面がありましたが、一層気を張りながらメリハリのある作業をしてきました。

 浄信寺さんの方からも、お盆の墓参りの時期に間に合ってよかったと、また今度は遊びにいらしてくださいというお言葉をいただきましたので、良い活動ができたのではないかと思います。

 20120729aso_1.jpeg
熊本県豪雨災害救援活動2次隊 7月28日の活動 [2012年07月28日(Sat)]
 本隊の到着した本日28日は、寺内の雑巾がけと、境内の墓地庭園に堆積したヘドロのかき出しを行いました。

 火山灰を含んだ粘度の高いヘドロが20〜30センチ堆積していました。気温35度を超える暑い中でもマスクを装着し、粉塵への対策を取りながらの作業でした。
 午前にお寺の雑巾がけと、30平米程の墓地構内の作業を終え、午後からはさらにもう一回り広い区画に取り掛かりました。
 明日は本日の作業の続きと、新しく約100平米の区画のヘドロかきの完了を目指します。

 活気ある学生の活動に対して、周辺住民の方から「お祭りやってるの?」と声をかけていただきました。
 明日も、今日以上に元気に作業を行いたいと思います。

20120728aso_2.jpg

20120728aso_1.jpeg
熊本県豪雨災害救援活動2次隊 7月27日の活動 [2012年07月27日(Fri)]
 IVUSAは7月21日(土)〜22日(日)に第1次隊を派遣して、熊本県阿蘇市において災害救援活動を行いました。
 4軒のお宅でヘドロ掻きや家財片づけの手伝いを行いましたが、まだまだ現地でボランティアの必要があると判断し、7月26日(木)〜7月30日(月)まで、19名の隊員で第2次隊を派遣することを決定しました。
 今回も、熊本県阿蘇市災害ボランティアセンターでの活動を行い、国立阿蘇青少年交流の家での宿泊を予定しています。
 この活動は、「災害復旧援護に係るボランティア活動助成事業に関する協定」に基づき、公益財団法人車両競技公益資金記念財団からご支援を受けて実施しています。

 今日7月27日は阿蘇市災害ボランティアセンターの方に行き、土日で入る予定の現場の内見をして、宿舎の方に移動しました。

 明日は浄真寺というお寺の土砂の撤去作業を予定しています。
 現地では、まだまだボランティアが足りていないようです。

 宿舎に行く前に、日本三大楼門のひとつである、阿蘇神社に行き阿蘇市の復興と明日からの活動の安全を祈り、お参りしてきました。
 明日から暑さに負けず、全力で作業していきます!

20120727aso.JPG
7月21日の活動 [2012年07月22日(Sun)]
7月21日から熊本県南阿蘇での豪雨災害の救援活動を行っています。
 20日の夜9時に6名で京都駅を出発し、9時間の長旅を終え、6時に国立阿蘇青少年交流の家に無事到着しました。
また、大分から、21日朝6時に3名が出発し、9時半頃到着しました。

 朝から豪雨で、大雨・洪水警報がでていたため、警報が解除されるまで待機していました。途中から雨脚が弱くなったものの、警報が解除されていなかったため、国立阿蘇青少年交流の家の方にお尋ねしたところ、施設のキャンプ場で土砂が流れ足場が悪くなっている部分の整地作業を行いました。

IMG_2596.jpg

 午後からは雨もおさまったため、阿蘇市のボランティアセンターに行き作業を行いました。主な作業内容は家の中のヘドロ掻き、玄関や庭、また排水溝のヘドロかきをやらせて頂きました。作業の成果としては1軒のお宅の作業を完遂することができ、お家の方に喜んでもらうことができました。

IMG_2606.jpg

 22日は南阿蘇村のボランティアセンターを伺い作業させていただく予定です。引き続き頑張らせていただきたいと思います。
7月16日の活動報告 [2012年07月17日(Tue)]
 今日の活動報告です。

いぐね(防風林)の伐採 2人
スプリンクラー用のパイプと苺の親株の古葉刈り 6人
普門寺での清掃作業 9人

 今日をもって活動は無事に終了しました。

20120716yamamoto_1.jpg