CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 東日本大震災@一次隊活動»
<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

ivusa-cmtblogさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
IVUSA
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/19) よち
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/17) IVUSA
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/16) 食パンマン
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/15) ka@z
産田川の様子 (09/11) k@z
水害から1週間 (09/11) うっちー
復興商店街@南町 (09/10) 南雲京子
7日活動報告8日活動予定 (08/08) つなぶちようじ
24日報告 (04/26)
https://blog.canpan.info/ivusa-cmtblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-cmtblog/index2_0.xml
動画アップ [2011年04月19日(Tue)]
 気仙沼の状況や、IVUSA学生の活動の様子はこちらから
(IVUSAの顧問であるShant amrita chaitanya氏撮影)
ガソリンスタンドもフル回転 [2011年04月05日(Tue)]
2次隊の帰京時期(3月25日あたり)から、高速にガソリン車が目立ち始めました。まだまだ、緊急車両優先で、一般車両には回ってません。


4月5日、石巻でラジオを聞いていたら、市内は75%ほど通常レベルに給油機能が復活したとのこと。
メッセージ [2011年04月04日(Mon)]
現場に行けない大学生@関西から、住民の方々にメッセージ。

石巻NPO連絡調整会 [2011年04月01日(Fri)]
先進的な仕組みです。石巻JC、社会福祉協議会を中心に、石巻で活動する支援団体が夜19時〜集い、活動の報告・協議・活動分野ごとの調整などをします。

19時〜30分ほどで実施する全体会。
新しく加わったメンバーの紹介、一日の活動報告、協議事項や連絡。


炊き出し、マッドバスターズ(泥かき隊)、子供のケア、足湯や整体などリラクレーションなど、活動分野ごとに分かれた分科会。点でなく面で活動をしていくため、活動の調整や協議を行います。


ベースキャンプ [2011年03月31日(Thu)]
四次隊からのベースキャンプ地。テントは、車両競技公益資金記念財団様からお借りしています。
石巻専修大学のグランドにボランティア用のテントサイトをオープンしていただいています。
強風で、テントが風に飛ばされていることも多々。。



朝は、霜が。
現場では何かと便利なチャリンコ君。
東北道のSA [2011年03月22日(Tue)]

そば限定!


石巻ベースキャンプ [2011年03月17日(Thu)]
石巻大街道のベースキャンプ地。1階が津波で流されてしまった2階建てビルの2階の一室、空きテナントをお借りしました。今回、救援物資の提供をいただいた、株式会社カーブスジャパン様
の代理店さん(株式会社井上様)から、二つ返事で貸していただきました。ありがとうございます!


電気、ガス、水道はありません。夜は氷点下。ヘッドライト生活。日を重ねるごとに、快適に。

東日本大震災救援活動への取り組み [2011年03月15日(Tue)]
IVUSAでは、東日本大震災に対して、以下の救援活動を行っています。

@救援物資輸送作戦 (3月16日〜 実施中)  
 初期段階において被災地に最も求められているのは水や毛布や食料などの命に関わる物資であると考えました。
 飲料水などの調達を各方面に当たり、卒業生が勤務する株式会社カーブスジャパン様から飲料水を16トン提供していただきました。 また、IVUSA地域活性化活動の拠点がある新潟県長岡市栃尾地区からも毛布の提供のお話をいただき、救援物資輸送と炊き出し作戦を宮城県石巻市を中心に展開しました。
 その他にも、多くの団体・企業から救援物資のお問い合わせをいただいています。ありがとうございます。

A現地のニーズに対する支援(3月28日〜 実施中) 
 余震や原発事故等影響を確認しながら、以下の活動を今後継続的に行っていきます。
 ・避難所への物資輸送
 ・避難所運営補助
 ・比較的被害の少なかった地域での復旧支援(ヘドロの掻き出し、片付け等)

B募金活動 (3月17日〜 実施中) 
 関東・関西で東日本大震災救援募金活動を行います。
 募金で集まった義捐金は日本赤十字社へ送ります。一部は救援物資の購入費に充てさせていただきます。

C千代田区社会福祉協議会での災害救援協定
 14日から学生数名が千代田区社協に詰めて区内ニーズに対応し、今後も継続して活動する予定です。

D県外移住の被災者へのボランティア活動


 直接の救援活動を行うとともに、関係諸団体や防災協定に基づいて、東京都内での救援物資仕分け作業など、各組織が取り組んでいる活動に協力しています。

尚、この活動は財団法人車両競技公益資金記念財団様の助成を受けて行われます。