CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«CMTのおかげです | Main | 東日本大震災救援活動への取り組み»
<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

ivusa-cmtblogさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
IVUSA
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/19) よち
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/17) IVUSA
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/16) 食パンマン
熊野市五郷町大又川近辺の様子 (09/15) ka@z
産田川の様子 (09/11) k@z
水害から1週間 (09/11) うっちー
復興商店街@南町 (09/10) 南雲京子
7日活動報告8日活動予定 (08/08) つなぶちようじ
24日報告 (04/26)
https://blog.canpan.info/ivusa-cmtblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ivusa-cmtblog/index2_0.xml
山口県山陽小野田市豪雨災害復旧活動 [2010年07月27日(Tue)]
7月16日から19日にかけて、山口県山陽小野田市にて、豪雨災害復旧活動を行いました。

計60名程が参加し、家具の搬送や、建物に入ったヘドロの除去、ゴミの撤収作業などを行いました。


ヘドロをかいてる様子

どの建物も、ヘドロや雨水が建物の中まで流れ込み、床はもちろん、家具や壁まで泥だらけになっていました。

現場では、「何かお手伝いできることありますか?」と各家を回り、シーバーを使って連携をとり、さまざまな器具を使用しての力作業。



全てがCMTで教わったことでした。

初級で学ぶ、「大丈夫ですか?」と声をかける心
中級で学ぶ、チームプレイ
上級で学ぶ、伝える技術

全ては現場のためなのだと、改めて実感しました。


作業中


災害は、いつ起こるかわかりません。

いつおきてもおかしくないような地震も、いくつも推測されています。

こんな時、自分に何ができるのか
こんな時、自分たちに何ができるのか

たとえ知識が少なくても、知ることから予測と対応を生むことができます。


看板

活動終了時、現場の方から、感謝の言葉をいただきました。


IVUSAは、全ての人が救助者となって、互いの命を守る社会の実現を目指して行きたいと思っています。




 


  
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント