CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
伊丹市は落ち着いた良い街やと思います。もっともっと伊丹の魅力を多くの方に知ってもらえると嬉しいな。
そして素敵な伊丹のまちづくりが活発になること。
伊丹市立市民まちづくりプラザ・スタッフ一同頑張ります。
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
第5回まちプラDE出前講座は市議会へ [2011年02月18日(Fri)]
今日は老若男女市民のみなさん16名で、伊丹市市議会事務局へ伺い、議場見学もさせていただく。

赤元議事課長から、伊丹市議会の仕組みや、地方分権が進む中での地方自治法改正を受けた議会の仕組みの変化なども解説いただく。

参加者の皆さんからも活発な意見が出され、今旬なテーマ「民主主義と協働」を巡る議論も出ました。3月議会の日程表を見ながら何を傍聴してみようかとみなで思案。お勧めは委員会の傍聴ですね。

地方分権が進む中で何と言っても一番大切なのが、市民が市政にもっと興味をもち、投票権を行使すること。そして行政が募る公募市民代表の仕組みに積極的に参加していくことではないでしょうか。

行政と市民の協働は、まさにこれからどう育てていくかが問われている。
伊丹市がその先駆的なモデルになるといいですね。

議場見学

傍聴席から見た議場風景

傍聴席へあがる階段には車椅子利用者むけにリフトも装着されている。

議会事務局のみなさん有難うございました。

Posted by ぷら坊 at 19:35 | まちプラ講座・イベント | この記事のURL

第4回まちプラDE出前講座[2011年02月10日(Thu)]
第四回まちぷらDE出前講座。

今回のテーマは「なんでかなぁ女性・男性問題。」

伊丹市オンブードサポーターズさんと共催で、午前十時から女性・児童センターで開催。25名を越える市民の方にお越しいただきました。
講師に予定しておりました、神戸女学院教授の高島先生が体調を悪くされたので、急きょ市民オンブードの方が講義をされ、そのあとワークショップという流れになりました。

オンブードの皆さんの仕事は男女共同参画という視点から伊丹市行政をチェックし、市長に報告をあげていくという大変な仕事です。

男女の共同は、もはやグローバルスタンダードとなっている。
その観点からみたとき日本の進捗状況は大きく立ち遅れている分野もすくなくない。

「国連女子差別撤廃委員会」は日本に対し、25項目に及ぶ勧告を平成21年9月7日に行う。
国連によるジェンダー・エンパワメント指数は108カ国中58位。
ジェンダーギャップ指数は130カ国中101位。
(平成21年度版内閣府男女共同参画白書)

ジェンダー・エンパワーメント指数
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%8…
ジェンダーギャップ指数
http://jp.wsj.com/japanrealtime/2010/10/13/%E6%97%A5%E6%9C%AC…

また男女をめぐる社会意識の改革も急務だ。

我が国の自殺者は毎年三万人を越え、その状況が10年以上続いている。自殺既遂者の約8割は男性だ。日本男性が今の社会意識の中で、どれだけ重荷を背負ってしまっているかがわかる数字だ。

今日のワークショップでも制度の問題、そして社会意識の問題について活発な意見が出された。

一番嬉しかったのは今まで繋がっていなかった人間関係が、今日の場で多く作り出された事。

縦に機能することを止むなくされている事が多い今の社会制度の中で、それぞれの熱い思いを横につなげていく仕事。それはまさに我々のような民間NPOや市民の仕事なのだと思う。

高島先生のご健康が回復されたら、またご一緒に講座を開催したいですね。

女性・児童センターのみなさん。オンブードのみなさん。オンブードサポーターズのみなさん。有難うございました。

Posted by ぷら坊 at 17:12 | まちプラ講座・イベント | この記事のURL

第7回市民みんなが先生徒講座[2011年02月07日(Mon)]
今回の伊丹氏の講座は、まちプラ始まって以来講座受講者数として最高の入場者数を記録。39名の市民の方が講座を受講されました。

まちプラのフレキシブルな収容能力にこちらも驚く。
机を出して定員40名も可能だったのだ。

(写っていない後ろの壁までびっしりとご入場いただけました)


伊丹氏講座は文化財ボランティアの会・池田会長から、知られざる伊丹氏の事を治政300年間のポイントを押さえてお話頂く。


伊丹家甲冑


伊丹氏最後の当主といわれる、伊丹親興像

最後の当主といわれる伊丹親興は荒木村重により伊丹城より追放されるも、信長没後秀吉に仕え、秀吉没後は黒田長政に属し、1600年家康の上杉征伐に従ったのち、関ヶ原の戦いで討ち死。

ただ伊丹氏は優秀な家系だったのでしょう。伊丹氏の末裔の多くは黒田長政との縁で繁栄する。

また1529年の戦乱で、伊丹より駿河にのがれた伊丹氏の末裔は大村氏との養子縁組により大村において栄え、現代に至っても大村市と伊丹氏の縁つなぎをしてくれている。

いつの世でも大切なのは、「義に生き、正しき行いをする事」。

たとえ城が滅ぼうと、人と人の縁が次の活躍の場を与えてくれるのだ。

300年にわたり西国の要衝伊丹を治め、伊丹の基礎を築いた伊丹氏。
今日は多くの事を学ばせてもらった。

講座の最後は池田会長が独自製作の縦3連ハーモニカを駆使したハーモニカ演奏の大サービス。

素晴らしい講座と演奏ありがとうございました。

Posted by ぷら坊 at 17:24 | まちプラ講座・イベント | この記事のURL

第三回まちプラDE出前講座[2011年01月30日(Sun)]
今日は第三回まちプラDE出前講座。テーマは伊丹市の都市景観政策について。

都市企画室森脇主幹をお招きして、文化財ボランティアの会の皆さまを中心に13名の市民の方にご参加いただきお話を伺いました。

国や各地方自治体の景観政策の歴史や、伊丹市での都市景観政策の流れを踏まえたお話をいただき、現状や課題についても率直なご意見を伺う事ができました。

質疑応答でも活発なご意見が出て、伊丹に中華門を建てようという計画が出たらどうする?みたいな難問や、また以前伊丹市が実施していた景観アドバイザー養成カレッジを卒業された方からは、もっと活躍の場が欲しいというご希望、更に市民が景観政策にどのように協力していけばよいかなど等、それぞれに対し丁寧なご回答をいただきました。


伊丹の景観政策が市民の皆様に支えられ、より素晴らしいまちになれば素晴らしいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まちプラDE出前講座は
2月7日(月)午前10時〜 女性・児童センター オンブードサポーターズの皆さまと共催で
「近代の光と影」 なんでかなぁ?!女性・男性問題 神戸女学院大学 高島進子教授

2月17日(木)午後1時30分〜(集合1時15分市役所1F) 伊丹市議会事務局会議室
「伊丹市議会の仕組み」「民主主義と協働」 伊丹市議会事務局

3月28日(月)午後1時30分〜(集合1時15分市役所1F) 伊丹市議会事務局会議室
学生・生徒向け「伊丹市議会の仕組みを学ぼう」 伊丹市議会事務局

皆様のご参加をお待ちしております。

Posted by ぷら坊 at 19:06 | 伊丹のご案内 | この記事のURL

たみまるカフェ2011年第1弾[2011年01月21日(Fri)]
昨日は第10回タミマルカフェが開催。

自己紹介タイム以外は自由なおしゃべりタイム。

年齢など関係せず、8時まわっても話は尽きない。

みんながファシリテーター。
混沌の中から生み出される人と人のつながり。
それが自然な姿なのかもしれない。

来月は2月17日(木)がレギュラーのタミマルカフェ午後6時30分よりまちプラで。

2月19日(土)が市高生企画の拡大タミマルカフェこっちはお昼12時〜2時まで。場所はViva商店街のお好み焼屋「かとみ」さんで。
拡大タミマルカフェは参加費500円具材は好きな材料を持ちこんでOK。「俺の私の」オリジナルお好み焼食べながら、世代を越えたおしゃべりを楽しもう。

Posted by ぷら坊 at 19:31 | この記事のURL

地域活性化ランチタイムカフェin鈴原ゆうかりセンター[2011年01月14日(Fri)]
今日で第九回目を迎えた地域活動活性化ランチタイムカフェ。
今回はまちプラを飛び出して、市立伊丹高等学校のすぐ近くに位置する、鈴原の共同利用施設ゆうかりセンターで開催。

各地域活動の経験交流を目的とするこの会
今日は西御願塚自治会長のIさんより、鈴原小学校地区社会福祉協議会とすずはら県民交流広場事業のお話を中心にお話しを伺う。

地域共同利用施設であるゆうかりセンター自体も立派な建物だが、鈴原小学校地区社会福祉協議会の活動も立派。

鈴原地区社協の地区長は女性で、役員にも女性の方が多い。

また様々なテーマでの活動も活発におこなわれている。地域福祉部では車椅子の講習会や介護者を支える活動。在宅福祉部では独居老人の方に対する様々なケアを。青少年部では地域の学校とも連携した社会科ハイキングなどの取り組み。老人福祉部では各老人クラブとの連携活動を。防犯防災部では合同防災訓練やパトロールなど。保健衛生部では未就園児と保護者を対象とした交流の場など。地域でお住まいの方々が安心して暮らしていけるような各種活動に取り組まれている。また集会室を利用した映画観賞会にも取り組まれている。

また県民交流広場事業を利用して整備された場所には地区ボランティアセンター専用のデスクが設けられ、ボランティアの方が当番制で地域の悩みごとに対応されている。

プロジェクターを使った活動紹介の後はフリートークタイム。
ここでは自治会に加入していない方(伊丹市の自治会加入率は82.7%)への働きかけや、
地域活動団体とテーマ型の活動団体とのコラボレーションの可能性、また地域活動組織内での合意形成の手法や、決定事項の広報方法などについて活発な意見が出ました。

こういう形で各地区の様々な取り組みや経験の共有化が図れたら素晴らしいと思う。

伊丹市には素晴らしい人的パワーや組織また立派な施設が多く存在する。ただまだ縦の関係の中で機能しているために、その潜在的な力が100%発揮されていない可能性がある。そこを横につないでいく仕事。それがまちプラに課せられた大きな使命の一つなのだと思う。

これからもこうした場をたくさん作っていきたいものです。
鈴原小学校区地区社会福祉協議会の皆さまありがとうございました。

Posted by ぷら坊 at 13:00 | 伊丹の市民活動団体 | この記事のURL

たみまるカフェ・クリスマスバージョン[2010年12月18日(Sat)]
今回は今年最後のたみまるカフェということでクリスマスパーティーとなりました。




30名を越える参加者のみなさんで、まちプラが人で溢れかえりました。
また参加された市民の方からのお菓子の差し入れなどもいただきました。

来年も高校生からご高齢の方までが気軽に集え、心を通じ合える場になればいいですね。

前回の参加者の呼びかけで始まったペットボトルのキャップ集め(ワクチンに変わる)も、多くの方のご協力で既に1000個近くまで集まっています。

Posted by ぷら坊 at 20:09 | この記事のURL

第八回地域活動活性化ランチタイムカフェ[2010年12月07日(Tue)]
今回の地域活動活性化ランチタイムカフェには伊丹市立東中学校の太田校長先生をお招きし、地域と学校の連携による東中ファミリーサポーターズの活動についてお話を伺う。



地域の人達が中学校をサポートするだけではなく、中学生たちも地域の様々な催しものに参加、双方向のボランティア連携が生まれている。
また小学生と中学生の交流や、小学校の先生達と中学校の先生達の交流も生まれ、立体的な成果が東中ファミリーサポーターズの活動から生み出されている事がよく理解できた。

思い起こせば人類の歴史の中で、長い間子育ては私ではなく、共同体によって支えられてきた。それが崩れ私の領域に属し始めてまだ百数十年。昨今ではそれが行きつくところまで行きついてしまった感がある。

密閉された家庭。閉鎖的になってしまった学校。

共同体に生きるべき人にとって憂慮すべき事態が起きているのだと思う。

東中では学校内にファミリーサポーターズの事務所を作り、別棟とはいえセキュリティを切って、夜でもサポーターズの市民が自由に出入りできるようにされている。

太田校長先生の、危機感を共有し、ピンチをチャンスに変える。
そのために出来る所から行動することが大切とのお話と実践に、感銘を受けた本日の講座でした。

東中FSの活動は徐々に広がり、近く伊丹市内2校の中学校で同様の取り組みが始まる。

子供の教育を私から共同体との協働へ。

複雑な現代的社会条件の中で、少しづつあるべき姿が創造されようとしている。

Posted by ぷら坊 at 13:22 | 伊丹の市民活動団体 | この記事のURL

家族で学ぼう市民活動講座[2010年11月28日(Sun)]
今回は愛知県春日井市から、鈴木東さんをお招きし、伊丹市立市民まちづくりプラザで竜巻実験と豪雨災害の授業を開催。
鈴木さんは元気象庁職員。

あのお天気おじさんで全国的に有名だった故福井さんと同じ職場の同僚だったそうです。
現在は経済産業省の委託で愛知県下で科学実験授業を担当されておられます。今日は無理を申しあげ、伊丹で実験授業を開催してもらうことに。

天気屋東さんの伊丹での初講座。
親子6組13人高校生2名と、大人5名計20名の参加をいただき、楽しく賑やかな講座となりました。


学校教育から実験が消えつつある今、子ども達に科学する心を作るための活動は必須ですね。

また開催したいです。

Posted by ぷら坊 at 17:37 | この記事のURL

第七回地域活動活性化ランチタイムカフェ[2010年11月27日(Sat)]
今日は第七回地域活動活性化ランチタイムカフェ

今回のテーマは県民交流広場。

兵庫県企画県民部から鬼本県民生活課長様にお越しいただき、20名を越える市民の方が参加。


様々な角度からお話が弾みました。


複雑な現代社会を支えるため新しいコモンズを作る。

鬼本課長のお話には力を感じます。

一方で理想と現実のはざま。
しかしそれを埋め理想に近づけ、将来を見据えるのが市民の力なのだと思う。

伊丹市民まちづくりプラザのようなフレキシブルに動ける施設こそ、そのお手伝いをしていかなければ。と強く感じた今日のカフェでした。

Posted by ぷら坊 at 11:30 | この記事のURL

前へ | 次へ

プロフィール

ぷら坊さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/itami0039/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/itami0039/index2_0.xml