CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
伊丹市は落ち着いた良い街やと思います。もっともっと伊丹の魅力を多くの方に知ってもらえると嬉しいな。
そして素敵な伊丹のまちづくりが活発になること。
伊丹市立市民まちづくりプラザ・スタッフ一同頑張ります。

« 世界田植え選手権in三田 | Main | 有岡小学校区まちづくり協議会 事務所おひろめ会 »

<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
男性介護者の集い〜のんびり倶楽部〜レポ[2010年07月08日(Thu)]
今日は、NPO法人スマイルウェイ(宝塚市)が定期的に主催されている男性介護者の集い〜のんびり倶楽部〜に行ってきました。
「孤立しない させない 男性介護者」をモットーに、伊丹地区、宝塚地区で語らいの場をもうけていらしゃいます。
会場は、伊丹3丁目の銭湯「力湯」さん。普段は3〜5名ぐらいなのだそうですが、
この日は私も含め、取材や見学の方もいて10名ほどになりました。


集いの場所は男湯の脱衣所です。
ざっくばらんにいろんな話をしてもらおうと、こういう形にされているそう。
参加費は無料 予約も不要で男性介護者及びその支援者なら誰でも参加できます。







代表の西山さん。2006年からNPO法人として関東や九州での勉強会や講演にも参加されているとのこと。
この日は、現在ご高齢のお母さんの介護をされていらっしゃる男性お二人の実体験を中心にお話を伺いました。

興味深かったのは、集まってこられる男性介護者の皆さんのきっかけは「たまたま」ということ。
語らいの場に関心をもつ、出かけてみる、話をしてみる…ということから、介護する側の気持ちや意識が前に向くのだそうです。


身内が痴呆や寝たきりになった場合、どう介護していけばいいか、介護する側が疲弊しないためにどうすればいいか…。肉親ならでは、息子ならではの思いなどなど。
在宅介護の経過やストレス、病院や介護施設を利用しての体験談や考えをお伺いすることができました。

とはいえ、深刻な悩みの相談や講義を受ける場ではなく、普段じっくり話せないことや同じようなしんどさを知る人やその支援をする人同士が、本音でおしゃべりができる、聞いてもらえる「場」でした。

「続けていくこと」が何より大切・・・とおっしゃっていた西山さん。
次は8月5日(木)「力湯」、8月21日(土)南町高層住宅でそれぞれ13-15時に行うそうです。
※初めての方や女性の方で見学をご希望の方は、事前にご連絡ください。(取材・文:勢登)

Posted by ぷら坊 at 19:25 | 伊丹の市民活動団体 | この記事のURL

この記事のURL

https://blog.canpan.info/itami0039/archive/5

プロフィール

ぷら坊さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/itami0039/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/itami0039/index2_0.xml