CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
伊丹市は落ち着いた良い街やと思います。もっともっと伊丹の魅力を多くの方に知ってもらえると嬉しいな。
そして素敵な伊丹のまちづくりが活発になること。
伊丹市立市民まちづくりプラザ・スタッフ一同頑張ります。

« 家族で学ぼう市民活動講座 | Main | たみまるカフェ・クリスマスバージョン »

<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
第八回地域活動活性化ランチタイムカフェ[2010年12月07日(Tue)]
今回の地域活動活性化ランチタイムカフェには伊丹市立東中学校の太田校長先生をお招きし、地域と学校の連携による東中ファミリーサポーターズの活動についてお話を伺う。



地域の人達が中学校をサポートするだけではなく、中学生たちも地域の様々な催しものに参加、双方向のボランティア連携が生まれている。
また小学生と中学生の交流や、小学校の先生達と中学校の先生達の交流も生まれ、立体的な成果が東中ファミリーサポーターズの活動から生み出されている事がよく理解できた。

思い起こせば人類の歴史の中で、長い間子育ては私ではなく、共同体によって支えられてきた。それが崩れ私の領域に属し始めてまだ百数十年。昨今ではそれが行きつくところまで行きついてしまった感がある。

密閉された家庭。閉鎖的になってしまった学校。

共同体に生きるべき人にとって憂慮すべき事態が起きているのだと思う。

東中では学校内にファミリーサポーターズの事務所を作り、別棟とはいえセキュリティを切って、夜でもサポーターズの市民が自由に出入りできるようにされている。

太田校長先生の、危機感を共有し、ピンチをチャンスに変える。
そのために出来る所から行動することが大切とのお話と実践に、感銘を受けた本日の講座でした。

東中FSの活動は徐々に広がり、近く伊丹市内2校の中学校で同様の取り組みが始まる。

子供の教育を私から共同体との協働へ。

複雑な現代的社会条件の中で、少しづつあるべき姿が創造されようとしている。

Posted by ぷら坊 at 13:22 | 伊丹の市民活動団体 | この記事のURL

この記事のURL

https://blog.canpan.info/itami0039/archive/15

プロフィール

ぷら坊さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/itami0039/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/itami0039/index2_0.xml