CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« PTA活動 | Main
石けんを使った環境授業(7月6日) [2018年07月06日(Fri)]
sekken00.jpg
sekken01.jpg
sekken03.jpg
sekken02.jpg
 3年生以上の子供たちが,石けんの成分や使い方から環境について考える授業を,石けんを作る会社のスタッフを招いて行いました。普段何気なく使っている石けんや洗剤の成分や働きについて,映像や実験を見ながら楽しく学びました。昔ながらの製法で作られた石けんが環境に優しいということを改めて実感。健康な体やきれいな水を保つためには,成分が大きく関係することに気付くことができました。「洗濯のあとに真っ白に見えるのは薬品の働きなんだ。」と,子供たちは家庭で使っている洗剤について調べたくなったようです。屋久島の水を大切に守るためにも貴重な学習でした。
テレビ会議で電池教室を開催(6月29日) [2018年06月29日(Fri)]
pana00.jpg
pana01.jpg
pana03.jpg
pana04.jpg
pana05.jpg
 インターネット回線を利用したテレビ会議を使って,専門家による電池教室を開催しました。電池の歴史や仕組み,そして実際に作成する体験を通して,電気に関する興味関心を高めたり,科学的な思考力を養ったりするというねらいがあります。講座はパナソニックエナジー事業部広報係の支援を受け,実際に大阪のパナソニック電池工場と回線をつないで授業を行いました。子供たちはテレビに映る講師の指導を受けながら,電池の知識を深め,事前に届いたキットを使って電池作りを行いました。最後に自分たちの作った電池で豆電球が点灯したときは,「やった。ついた!」「すごい。本当に電池が完成した。」と達成感溢れる声が教室に響きました。オリジナルのイラストを入れた世界に一つだけの電池が完成しました。協力していただいた多くの方々に感謝いたします。
ケータイ・スマホ教室で正しい使い方を〔6月21日) [2018年06月22日(Fri)]
keitaisumaho00.jpg
keitaisumaho01.jpg
keitaisumaho02.jpg
keitaisumaho03.jpg
keitaisumaho04.jpg
情報化の波は子供たちにも押し寄せ,正しい情報機器の利用は大切な学習の一つです。外部講師を招いた「ケータイ・スマホ安全教室」を開きました。専門家ならではの資料や映像を使い,具体的な場面をイメージしながら学びました。夕方には保護者向けも開催し,家庭でできることについて参加者も熱心に聞くことができました。「フィルタリングの様々な機能についてとてもよく分かった。」という感想が寄せられ,知っていてもなかなか実際に使っていない機能があることも改めて分かりました。これからの生活に直結する貴重な教室でした。

外部連携によるブックトーク行いました(5月16日) [2018年05月16日(Wed)]
booktalk00.jpg
booktalk01.jpg
 本校が取り組む読書活動の一つ「ブックトーク」。今回は千代田区立図書館にお勤めの大垣さんを昨年に引き続きお招きして行いました。今回は「加古里子」(かこさとし)さんの作品をたくさん紹介していただきました。紹介にはストーリー性があり,時々,実験も加わって子供たちはじっと大垣さんの読み聞かせに聴き入っていました。多くの著書の中から厳選されたブックトークは,子供たちをすっかり「かこさとしワールド」に引き込んでいたと思います。ますます本好きの子供たちが増えたことでしょう。大垣さん,ありがとうございました。
第1回学校関係者評価委員会で意見交換(5月16日) [2018年05月16日(Wed)]
gakkokan00.jpg
gakkokan01.jpg
 この会は,学校運営について,委員の方の客観的な評価や御意見をもとに,よりよい学校づくりをするための貴重な時間として年2回実施します。今年度の経営方針や職員,児童の状況,地域連携など多方面にわたって意見交換ができました。また,実際の授業の様子や施設も参観していただき,本校の状況について見ていただきました。特に児童数減に対応する対策や学力向上策,生徒指導面での連携については時間をかけて話し合いました。地域での子供たちにもしっかり目配りをしていただけることになり,学校としても心強い限りです。委員の皆様,今後ともよろしくお願いいたします。
先輩授業でふるさの良さを実感(2月27日) [2018年02月27日(Tue)]
senpaijyugyo00.jpg
senpaijyugyo01.jpg
senpaijyugyo02.jpg
 本校を卒業し,町内で社会人として活躍される濱田さんを講師に,3・4年生が先輩授業を行いました。まず,濱田さんの小学校からの思い出や学生時代のこと,自分がやりたかったこと,今の仕事のことなど自己紹介からスタートしました。次に大好きな屋久島の山や海をテーマに,写真を交えながら経験談を語り始めると,子供たちの質問攻めも始まりました。きれいな映像に聞きたい思いが止められなかったようです。後半は,一湊の伝統行事「十五夜の大綱引き」の綱を作っていく様子を,動画で詳しく説明してくださいました。他の地区ではほとんど行われなくなった貴重な作業過程に,子供たちも見入っていました。ふるさとの良さを改めて実感できた先輩授業でした。濱田さん,本当にありがとうございました。
ルピナスさん,ありがとうございました。(2月21日) [2018年02月21日(Wed)]
yo9mikikase00.jpg
yo9mikikase01.jpg
 今年度のルピナスさんによる読み聞かせ活動が最後になりました。この1年,色々な本を紹介していただき。子供たちにとって,さらに本の世界が広がったと思います。多くの本との出会いを,国語学習の充実や,子供たちの生活体験の広がりにつなげようと研究しています。来年度も,ルピナスさんたちとの交流をさらに深めて,豊かな読書生活をつくっていけるように工夫していきたいと思います。心のこもった読み聞かせ,本当にありがとうございました。
パン屋さんになりました!(2月19日) [2018年02月21日(Wed)]
pan03.jpg
pan01.jpg
pan02.jpg
pan04.jpg
pan00.jpg
 校区内の平海製菓さんを訪問し,パン作り体験をさせていただきました。地域の方々との交流や仕事場の体験などがねらいです。平海製菓さんは,家族で経営されており,パンだけでなく屋久島のお土産品も作られています。この日は,クリームや干しぶどう,チョコチップなどを使ったパン作りや,できたて食パンの試食,製造過程の見学,包装など,貴重な経験をたくさんさせてくださいました。生地に材料を入れていく説明やパンが発酵してふっくらと焼き上がる様子は驚きの連続でした。何より焼き上がったばかりの食パンを口にした瞬間,「うわあ〜柔らかい。家で食べるのと全然違う・」と全員感動。パン職人さんのやりがいも実感したようです。平海製菓のみなさん,これからもおいしいパン作り。よろしくお願いします。しっかり学習したことをまとめます。ありがとうございました。
食について考える授業を行いました(1月23日) [2018年01月23日(Tue)]
syokuiku2-00.jpg
syokuiku2-01.jpg
syokuiku2-02.jpg
 今週は学校給食週間。宮浦小の寺師栄養教諭による「食について考える授業」を行いました。専門家ならではの話を交えながら,日頃の食生活を見直す大変良い機会になりました。3・4年生の「おやつのとりかた」を考える授業では,「一日約200kca」lが望ましいという指導を受けた後,どのくらいのおやつの量になるのか実際の量を見ました。自分たちが思っている以上におやつを摂り過ぎていることに気づき,「えったったそれでかなの?」と驚きの表情でした。自分たちの健康を守るためにも大切な知識ですね。
ケア施設との2回目交流行きました(12月13日) [2017年12月13日(Wed)]
yakumori2-00.jpg
yakumori2-01.jpg
yakumori2-02.jpg
yakumori2-03.jpg
 1学期に続き,学校近くのデイケア施設との交流を行いました。今回は,季節のことを考えた発表や,前回よりも多くの交流時間を確保するなどの工夫をしました。まず子供たちが歌のプレゼントからスタート。続いてクリスマスの曲に合わせて肩たたきプレゼント。会場がほんわかと温かい雰囲気に包まれみんな笑顔に。あるおばあちゃんから,「涙が出るほど嬉しかった」という感想を聞くことができました。後半は2種類のゲームで交流。施設のスタッフの方々が工夫した内容で大きな歓声を上げながらあっという間の時間が過ぎました。お互いの距離がグッと縮まった和やかな交流ができました。