CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年10月 | Main | 2017年12月»
プロフィール

いしのまきNPOセンターさんの画像
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
性的マイノリティの基礎知識」〜復興における性的マイノリティに係る課題について〜 [2017年11月28日(Tue)]
11月20日(月)石巻市役所4階庁議室を会場として、石巻市役所職員及び関係団体向け研修「性的マイノリティの基礎知識」〜復興における性的マイノリティに係る課題について〜が開催されました。
第一部は、講師に弘前大学男女共同参画推進室 助教の山下梓さんをお迎えし、取り巻く現状、法令・政策などについてのお話がありました。
性的マイノリティとは、性自認(性別に関する自己意識)や性的指向に関する少数者の総称で、外国に比べて日本ではまだまだ理解度が低いのが現状とのこと。
国や地域を問わず存在していますが、日本では日常的に偏見・差別的な意味合いの出来事を見聞きしているため、恐れてカミングアウトできない方がたくさんいるそうです。
そのために現状やニーズが見えにくくなっており、問題がなかったことにされてしまうことも多くあるそうです。
山下さんは、性的マイノリティの方が生活しやすい町にするためには「まずは私たち一人一人が言葉、多様性、政策などを知ること。知らないことが差別に繋がる。自分の考え方や価値観を一度見直すことが大切」とお話されました。
23795654_1483368135116315_6719092608842682562_n (1).jpg

第二部では「石巻市における性的マイノリティの現状について」というタイトルで、山下さんと、石巻パシフィックRainbow代表の佐々木敬海さんとの対談がありました。
同団体は佐々木さんと養子縁組をし、パートナーだった桜さん(享年35年)の思いを受け継ぎ、石巻市を性的マイノリティの方にフレンドリーな町にしていくことを目的として、当事者同士の居場所や情報提供の場として交流会や、スポーツ大会を開催されています。
佐々木さんは身体の性と性自認が異なっていたことで、学校・職場において様々な場面の中で我慢を強いられたり苦痛を感じたことが多くあったそうです。
しかし周りから否定されることが怖く、ずっとカミングアウトができなかったとのこと。
現在は手術を受けて戸籍変更をされた佐々木さんですが、「男性ホルモンを打つと、ひげか濃くなり声も低くなる。女性の体で男性の見た目の状態で震災に遭っていたら、物資の受け取りや入浴時など混乱が生じていたと思う。」とお話されていました。
研修会2.jpg

最後に、佐々木さんより「もし親族や友達など身近な人にカミングアウトされたら、“話してくれてありがとう”と言ってほしい。その人はあなたのことを信頼して話しているので、そう言ってもらえると安心する。また、自分の恋愛対象の性別についてはっきりと伝えることも大切。そうすることでお互いにいい関係を築いていくことができる」と、お話がありました。(渥美)
Posted by スタッフ at 14:35 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
魚料理教室 [2017年11月20日(Mon)]
11月18日(土)石巻市水産振興総合センター調理室にて、石巻を考える女性の会主催の「旬の魚で!親子魚料理教室」が行われました。
豊富な水揚げ量を誇る大漁港である石巻に生まれ育った子どもたちに、魚の魅力や調理する楽しさを知ってほしいと企画されました。
魚は石巻魚市場株式会社様からその日の朝に水揚げされた鮭とイカをご提供いただいたそうです。
IMG_0083.JPG

会場には、年中から小学6年生までの親子6組と女性の会の会員13人が参加しました。冒頭に今日使う魚の説明があり、鮭やイカをまるごと見るのは珍しいのか、子どもたちはうろこやおなかに触ったりして魚の感触を確かめていました。

目の前で鮭やサバが解体されると「早く食べたい!」「おいしそう!」との声も聞かれました。
IMG_0094.JPG

子どもたちは、自分でイカをさばき、包丁で上手に輪切りにし、1時間ほどかけて3品をサラダや煮物に調理しました。
IMG_0119.JPG

自分で調理した料理は格別においしいらしく、子どもたちはおかわりをしながら残さずに食べていました。
魚の頭を使ったあら汁もふるまわれ、いただいた魚の命を無駄にすることなくありがたくいただいていました。
日本カーシェアリング協会さん新拠点お披露目会! [2017年11月15日(Wed)]

11月15日(水)、日本カーシェアリング協会さんの新拠点落成お披露目会が開催されました。
こちらの新拠点は仮設住宅の再利用として移築前提で建てられた福島の仮設住宅をボランティアさんと一緒に皆さん自身で解体、移動、組み立てされました。
DSC_0109.JPG

解体から組み立て完了まで33日、参加者268名ということで、建築者や大工として携わった方からは「ボランティアの方だけで本当にできるのか夜も眠れなかった」「この日程で無事にできたのは奇跡だ」「廃材もほとんどなく、汚れなども含めて、みんなでつくりあげた跡が残るいい建物になった」というお話がありました。
代表の吉澤さんは「多くの人とのつながりで無事に移転できた。今後もこの場所で継続して地域にずっと貢献し続けられる活動にしていきたい」とお話されていました。
落成式では、協力者の方々を表彰する場面もあり、とても和やかな雰囲気でした。
DSC_0096.JPG

その後は、近隣住民の方も集まり、もちまきが行われました。
笑い声も多く響く、素敵なお披露目会でした。
DSC_0111.JPG

今後も日本カーシェアリング協会さんのご活躍をお祈り申し上げます。
DSC_0091.JPG
Posted by スタッフ at 13:41 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
みんなで踊ろう♡石・恋ダンス [2017年11月03日(Fri)]
11月3日(金・祝)石ノ森萬画館前の広場を会場として、「みんなで踊ろう♡石・恋ダンス」が開催されました。この催しは、NPO法人石巻復興支援ネットワークさん主催の「石巻に恋しちゃった♡(通称:石恋)」のオープニングイベントとして行われたものです。

石恋は、石巻・東松島・女川で、趣味や特技を持つ地元市民を発掘し、「達人」として講師になっていただき、物づくり講座やフィールドワークなどの体験プログラムを行う「まちづくりプロジェクト」で、今回で10回目の開催になります。

会場には子どもから大人まで約150名の人びとが集まり、青空のもとみんなで楽しく踊ったほか、ランボルギーニも登場し、大きく盛り上がりました。
23319377_1467730886680040_1717771613240826126_n.jpg
23380040_1467730820013380_8375148272315912179_n.jpg
石恋は、11月26日(日)まで、全部で100のプログラムが開催予定です。

下記のホームページに各プログラムの詳細が記載されておりますので、ぜひご参照下さい。

☆石巻に恋しちゃった♡ホームページ:http://ishikoi.com/

23316466_1467730830013379_5897441235194194492_n.jpg
(渥美)
Posted by スタッフ at 15:12 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)