CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年10月 | Main | 2014年12月»
プロフィール

いしのまきNPOセンターさんの画像
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
〜地域の中で寄り添う支援とは〜  平成26年度「地域福祉フォーラム」に参加しました [2014年11月29日(Sat)]
平成26年11月26日、石巻市遊楽館(かなんホール)にて、石巻市社会福祉協議会主催の「平成26年度地域福祉フォーラム」が開催されました。

10255227_292229364306907_1728837583393719945_o.jpg

NPO法人よろず相談室理事長、牧秀一さんによる基調講演「希望へ苦闘〜人は人によってのみ救うことができる〜」に始まり、「寄り添う支援とは」をテーマに、3名のパネリストによる、パネルディスカッションが行われました。

NPO法人よろず相談室の牧秀一さんは、大阪市に生まれ、大学卒業後、高校の教員として37年間勤めた後、現在、保育士を育成する専門学校で勤務しています。平成7年の阪神淡路大震災後、勤務の空いた時間に避難所でボランティア活動を始め、現在、震災高齢者、震災障害者の問題を主な活動の柱に取り組んでいます。

基調講演では、阪神淡路大震災後の公営住宅の入居者の高齢化の問題、特に、孤独死の問題について語られました。まるで分譲マンションのような一見素敵な公営住宅。しかし、独居高齢者にとって、隣人の物音が聞こえない空間は、まるで独房のようで、孤独感を増します。そして、高齢により、また自死により、入居者が亡くなっていき、空室が多くなり、次は自分の番かと死への恐怖を抱えて生活しています。入居者同士のコミュニティが希薄で、孤独に死を迎えていく、中には死後10か月を経て、隣人がベランダのうじ虫で異常に気づき警察に通報されたケースなど、痛ましいケースもあります。また、震災によって心身に障害を持った震災障害者については、あまり知られず、理解と支援が得られない状況であることも語られました。障害者だけが入居する、バストイレ共同の2階建ての公営住宅もあり、そのことは、障害を持つ方人への理解のなさを表すものでしょう。阪神淡路大震災後20年、現在の神戸の課題は、超高齢化時代をむかえる現在、東日本大震災の被災地では、5年後に現実となることが予想されます。仮設住宅から、災害公営住宅へ入居が始まる現在、阪神での教訓を、被災地石巻で活かしてほしいと、牧さんは語られます。

10714056_292264054303438_7295620314976720472_o.jpg

パネルディスカッションでは、NPO法人ベビースマイル石巻代表の荒木裕美さんが「NPO活動から見えた子育て支援にについて」をテーマに、震災後のお母さん同士が、さまざまな活動をとおして、情報交換や、支え合っていることを話されました。石巻民生委員児童委員協議会の北川禮子さんは、「地域の中で進めるサロン活動について」と題して、集会所で月に2回開催する茶話会をとおして、おばあちゃん達が心も体も元気になっていく様子を話されました。高齢化社会にあって、寄り添う支援の大切さ、そして人間の幸せとは何かを、考えさせられました。最後は、石巻社会福祉協議会地域福祉コーディネーターの谷祐輔さんが「地域福祉コーディネーターの役割について」話されました。谷さんは福岡県に生まれ、東日本大震災後にボランティアグループ「revive」で泥出し、引越し、町内活動サポート(側溝清掃)などの活動をし、平成25年4月から地域福祉コーディネーターとして地域づくり支援に取り組んでいます。前述の北川禮子さんにも、とても頼りにされている頼もしい存在です。谷さんのような多くの若者が被災地で活躍していることを嬉しく、そして頼もしく思うとともに、人の役に立ちたいという気持ちを持つ若者が(もちろん若者だけではありませんが)活動しやすい環境を整えていくこと、そして分野を超えて心ひとつとなり課題に取り組んでいくことが、震災から4年目を迎える今、石巻に必要なことであると筆者は思います。NPOに所属する一人として、また市民の一人として、多くの事を学ばせていただいた大変有意義なフォーラムでした。(文責:岡田)
Posted by スタッフ at 14:05 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
いしのまき大同窓会in石巻 [2014年11月27日(Thu)]
11月22日(土)石巻グランドホテル・天翔の間を会場に、いしのまきNPOセンター主催「いしのまき大同窓会in石巻」を開催致しましたexclamationおかげさまで、盛況のうちに無事終了致しましたぴかぴか(新しい)

DSC039091.jpg

当日の様子をお伝えします手(パー)

晴天にも恵まれ晴れ同時開催のバスツアーも順調に進みましたバス
バスツアーは仙台駅からスタートし、東松島市野蒜地区を見学、航空自衛隊松島基地・日本製紙石巻工場・門脇小学校を車窓からご覧頂き、宮城エキスプレス蒲lを見学し、魚町〜湊方面へ向かい、山コ平塚水産蒲lを見学させて頂きました。

DSC038671.jpg

DSC038711.jpg

東松島方面はいしのまきNPOセンタースタッフがガイドを務め、石巻方面は石巻観光ボランティア協会・斎藤会長がガイドを務めて下さいました。

DSC038721.jpg

DSC038761.jpg

宮城エキスプレス蒲l社屋の5階、石巻とその周辺地域の東日本大震災の記録と記憶を伝承するスペース「石巻 3.11あすのためのミュージアム」と5階屋上ヘリポートを見学。宮城エキスプレスさんは、石巻市から3番目の津波避難ビル認定を受けられました。

DSC038781.jpg

綺麗な空ですね。

DSC038801.jpg

山コ平塚水産蒲lでは、平塚社長にお話頂きました。東日本大震災ですべての工場・事務所が全壊し、甚大な被害を受けられました。山コさんは、手軽で美味しいレトルト食品が看板商品手(チョキ)温めるだけで美味しいおでんや煮魚がご賞味頂けまするんるんHPはこちら→http://yamatoku-h.com/

DSC038851.jpg

特別に工場も見学させて頂きました。

DSC038881.jpg

DSC038891.jpg

乗車なさった方から「とても良かった」との声を頂きました目充実したバスツアーになりましたわーい(嬉しい顔)ご乗車頂いた皆様、バスツアーにご協力頂いた皆様、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

バスも無事にホテルに到着し、参加者の方々が集まり始めました。

DSC038991.jpg

美しい女性スタッフ陣が笑顔でお出迎え目ぴかぴか(新しい)

DSC039191.jpg

鯨が描かれた素敵な紙袋には、竃リの屋石巻水産様の鯨の缶詰が入っています。参加者様へのお土産ですプレゼント
☆木の屋さんHP→http://kinoya.co.jp/eccube/

DSC039251.jpg

こちらも参加者様へお配りするマキコムクリアファイルです。本日の次第などが入っています。

DSC039271.jpg

男性陣もお出迎えわーい(嬉しい顔)

DSC039401.jpg

会場入口には「石巻の今」を伝える写真展と題し、当センター取材写真と、各団体様からご提供頂いた写真を展示させて頂きましたカメラ

(写真ご提供:一般社団法人みらいサポート石巻様・特定非営利活動法人石巻復興支援ネットワーク様・石巻を考える女性の会様・がんばろう!石巻の会様・一般社団法人ISHINOMAKI2.0様)

DSC038951.jpg

各団体様、素敵な写真ありがとうございますぴかぴか(新しい)

DSC038941.jpg

18:30より、大同窓会がスタートしましたダッシュ(走り出すさま)
雄勝町伊達の黒船保存会様による圧巻のステージで幕開けです手(チョキ)

DSC039541.jpg

DSC039551.jpg

☆伊達の黒船太鼓さんHP→http://kurofunedaiko.blogspot.jp/

当センター代表理事より、皆様へご挨拶。

DSC039581.jpg

石巻市震災復興部・星部長より、石巻市長からのご祝辞を代読頂きました。

DSC039661.jpg

石巻商工会議所・浅野会頭の乾杯バー

DSC039701.jpg

ご歓談頂きながら、オープニングで演奏下さった黒船太鼓さんの迫力のステージを再びご鑑賞頂きました。

DSC039811.jpg

10806426_868751643156642_4869646789997308265_n.jpg

10364019_868752049823268_23755055816159533_n.jpg

黒船太鼓さん、素晴らしいステージありがとうございましたぴかぴか(新しい)

お料理は、石巻グランドホテルさんが石巻の食材を使った特別なメニューをご用意して下さいましたレストラン

10365803_868751213156685_3012276654569667793_n.jpg

新鮮なお刺身手(チョキ)

DSC039741.jpg

たらこのクリームスパッゲティは、本日会場にお越し頂いた、湊水産蒲lのたらこを使用されていますかわいい

DSC039761.jpg

可愛いプチスイーツもいっぱい揺れるハート

DSC039731.jpg

ご歓談中に石巻市民交響楽団様に演奏して頂きましたるんるん

DSC039891.jpg

優雅な演奏をBGMに、皆さん和やかにご歓談なさっていました。

10378093_868752613156545_937775173004140100_n.jpg

10154892_868752629823210_2037148067314295697_n.jpg

石巻市民交響楽団さん、素敵なご演出ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

☆石巻市民交響楽団さんHP→http://ishinomakiso.miraiserver.com/

企業様のご協力により、賑やかな物産コーナーになりましたひらめきこちらの商品はすべて、最後の大抽選会で皆様にプレゼントさせて頂きましたプレゼント
素晴らしい商品ばかりです。これからの季節、お歳暮など、ぜひご贈答にどうぞプレゼント

☆石巻元気復興センター様 HP→http://ishinomakinet.com/genki/

DSC039341.jpg

☆竃ゥ水産様 HP→http://www.rakuten.ne.jp/gold/minato-s/

DSC039331.jpg

☆ヤフー復興デパートメント様 HP→http://www.fukko-department.jp/
☆石巻元気商店様 HP→http://store.shopping.yahoo.co.jp/otr-ishinomaki/

DSC039321.jpg

☆山コ平塚水産蒲l HP→http://yamatoku-h.com/

DSC039311.jpg

☆テイスティ伊藤様 HP→http://www.teisuthi.co.jp/

DSC039381.jpg

PRタイムでは、物産紹介コーナーでご協力頂いた企業様に、商品をPRして頂きましたリボン

10444663_868752926489847_2105496723029598392_n.jpg

10665793_868753253156481_7251746723845980425_n.jpg

10406992_868753419823131_156095505883758999_n.jpg

石巻市復興政策課・岡課長、石巻市観光協会・後藤会長より、石巻ふるさと納税のPRもして頂きました演劇5,000円以上寄付して頂いた方に、石巻の特産品をお送りさせて頂きます。ぜひよろしくお願い致します。
☆石巻ふるさと納税HP→http://www.ishi-furu.com/

DSC039991.jpg

DSC039351.jpg

抽選会ではサンタクロースが会場を駆け回って、当選された方にプレゼントを渡して下さいましたクリスマス(サンタさん、大変お疲れ様でしたあせあせ(飛び散る汗)

10806224_868753639823109_9207671264474714393_n.jpg

10801828_868753683156438_4773255669056214616_n.jpg

抽選会後は、魚市場・須能社長のオリジナル相撲甚句るんるん

10801634_868754153156391_5845701199072091679_n.jpg

最後は当センター副代表・大森理事の一本締めで閉幕致しました。

10686763_868754569823016_5679617788784341258_n.jpg

県内外、遠くは関西からご出席頂き、約130名のお集まりとなりました。

ご友人との再会を喜ぶお姿や、参加者様同士でご挨拶を交わす様子を拝見しました。出会いの場を設けることができたと感じられ、嬉しく思います。そして何より「楽しかった」と仰って頂けたことが大変嬉しいです。石巻を思う共通の気持ちでつながった方々の輪がさらに広がって、これからももっと石巻が元気になっていきますように・・・。

当日ご参加下さった皆様をはじめ、開催にあたりご支援・ご協力頂いた皆様に、心より御礼申し上げます。
素敵な時間を一緒に作って下さり、本当にありがとうございました。

(文責:武山)
Posted by スタッフ at 14:42 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
やっぺす!ゼミ2014 [2014年11月17日(Mon)]
10月23日(木)にコワーキング(Coworking)@いしのまきで行われた
やっぺす!ゼミ2014(主催:特定非営利活動法人 石巻復興支援ネットワーク)に行ってきました。

講師はせんだい・みやぎのスタッフを経て特定非営利活動法人 地星社を設立した、
布田 剛(ふだ つよし)さんにご講義をしていただきました。

会場は主催者が驚くほど満員で、皆さんも事業・活動の企画書作成で興味があったようです。

講座の内容は、初めは小学生が作って話題になった、母親にDVDドライブ購入を懇願するもので
短い30秒にまとめたプレゼンテーションについて紹介されました。
http://www.youtube.com/watch?v=uAuRzP7LQ1c

顛末は無事購入してもらったそうですが、自分もDVDドライブが欲しかったのを思い出したので
まったく同じものを同じ値段で購入してしまいました。

講座は、企画に必要な事項を書き出して、皆で話し合いながらシミュレーションをしたり
立案の手法・表現についてためになるお話が聞けて、充実した内容でした。
2時間程度でしたが、もう少し長い時間の講座でも良かったかなと思いました。

文責:佐藤
SKMBT_C28014110418530.jpg
Posted by スタッフ at 12:37 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
わが家の災害対応ワークショップ@いしのまきNPOセンター [2014年11月07日(Fri)]

我が家の災害ワークショップ.jpg

10月31日(月)13:30〜15:00
いしのまきNPOセンタースタッフが、石巻でいちばんのりしてみました。

このワークショップは、ピースボート災害ボランティアセンターが、自治会、町内会、商店会、学校、非営利団体などを対象に行っているワークショップで、ワークブックを活用しながら災害が自分や家族に降りかかった場合に、その過程で遭遇する出来事や疑問、困難をみつけだし、家族での話し合いや備えに必要なものを学びます。

IMG_6159.JPG
講師はピースボートのむーちゃんこと奥村早苗さんでした。

今回は、スタッフ各自が自宅にいた場合に災害が起こったという想定で、避難場所や経路の確認から始まりました。
それから、自宅の間取りや家具の配置、転倒防止の対策をしているかどうか、また、家族の1日のスケジュールの確認や、自宅避難生活になった場合には備蓄品がどれくらい必要かなど、自分の家の中だけでも確認すべきことは多くあることがわかりました。

最期に、被災した状況をイメージして、3日後までの出来事や対応を想像し、問題点や疑問点を洗い出しました。
もしも夜なら、灯りの確保のためにどう準備すべきか、目の悪い人はメガネが近くにないと困ること、災害時に持ち出す準備物の置き場所、そして車で逃げることは可能かなど、細かい課題がいっぱいみつかりました。
ワークショップの時間が90分だったので、最後まで考えきれなくて、宿題として、家に帰ったらさっそく家族会議をしなくてはという気持ちになりました。

IMG_6163.JPG


ピースボートさんでは、このワークショップを開催したい団体を募集しています。
年度内は助成金が活用できるので無料で行えるようです。

資料のDLなどはこちらから行えます。


(文責:阿部)
Posted by スタッフ at 14:49 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「動物たちの大震災・石巻編」上映会に参加しました [2014年11月07日(Fri)]
10月26日(日)かほくホールで、アニマルクラブ石巻さんの「動物たちの大震災・石巻編」というドキュメンタリー映画を見に行きました。

震災後、アニマルクラブの支援もしながら撮影し制作されたのは、仙台市出身の宍戸大裕監督で、『犬と猫と人間と2 動物たちの大震災 』という昨年公開されたものに収めきれなかった、石巻市のでの映像が中心になっています。

上映は11時と2時と5時と3度あり、2回目の時間に参加したのですが、ほぼ満席でした。
1回目の10時からの上映時は、80席用意していた椅子が足りなくなり、増やしての上映だったそうです。

映画の中でも紹介されましたが、震災で大切な家族である犬や猫との別れがあったり、震災後に頑張って生きていこうとしている人々と、同じく震災を生き延びた動物たちに出会いがあったり。そしてお互いに寄り添ううちに癒されて、気が付くとかけがえのないものに変わっていく様子が心に沁みました。

IMG_6142.JPG

会場の河北ホールの壁には、震災で亡くなったスタッフの五井美沙さんのイラストや、クラブがお世話している犬や猫の写真がいっぱいに飾られていました。映画が始まるまでや、終わった後も余韻をかみしめるように、参加した方々がそれをゆっくり見ていたのですが、見ている方の顔が自然とほころんでくるのも印象的でした。

IMG_6141.JPG
Posted by スタッフ at 14:12 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)