CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年09月 | Main | 2014年11月»
プロフィール

いしのまきNPOセンターさんの画像
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
河川浄化講演会 [2014年10月29日(Wed)]
10月26日(日)石巻市山下体育館にて「河川浄化講演会」が開催されました。(主催:EMエコクラブみやぎさん)
平成26年度石巻市地域づくり基金事業助成金を活用した講演会で、講師は地球環境・共生ネットワーク理事の小川敦司さん。

DSC_1442.jpg

小川さんは長きに渡り、三重県四日市市で河川浄化活動をなさっています。四日市市中心部を流れる阿瀬知川の汚染を解決すべく、EMでの河川浄化に挑戦しました。EMを使った浄化活動をしたいと行政へ話をしに行ったところ「活動実績がない」「悪影響はないのか?」など、なかなか話を聞いてもらえませんでした。なんとかやってみたい!と強い気持ちがあった小川さんは、四日市市長へ直談判し「責任は取るから、3ヵ月だけやらせてほしい」と頼みました。行政でも、住民からの悪臭がするなどの苦情と、ヘドロ掃除に多額の税金を使っていたことに頭を悩ませていたところでした。四日市市長は「行政と住民の間に入ってくれないか」と、小川さんの申し出を了承しました。

始めは10リットルの容器でEM活性化溶液を作り、200リットルずつ河川へ投入。まわりの住民からは「車が邪魔だ」などと言われたりしました。雨の日も、どんなに天気が悪くても、川へ向かいました。住民に「なんでそこまでするんだ?」と驚かれるほど。地域住民に説明する機会を設け、どうか3ヵ月見ててくれと訴えました。

徐々に綺麗になっていく様子に、市民から手伝いたい!と声があり、活動は広がりを見せます。綺麗になっていく様子を伝えても、行政はあまり評価してくれなく、冷たいままでした。約束の3ヵ月が経ったので活動を止めたところ、住民から行政へ「せっかく綺麗になったのに、また汚くなったぞ!」と苦情が・・・。

小川さんの活動がきっかけで、自治会で「阿瀬知川を美しくする会」が立ち上がり、EM河川浄化はますます広がっていきました。阿瀬知川は、現在ではアユやハゼ、うなぎまでもが生息する綺麗な川になっているそうです。

fish_ayu (1).pngfish_mutsugorou.pngfish_unagi.png

小・中学校とも連携し、プール清掃、河川浄化、花壇&畑作りなど、多くの親子が関わっています。四日市市長は「子どもの教育、市民参加、川の浄化。一石二鳥以上でいいことずくめだ!」と話しています。

講演後、参加者の方からの「自分達の活動が小さいまま終わってしまいそうで不安。もっと多くの人を巻き込んでいきたいが、なかなかうまくいかない。どうすればいいだろう。」との質問に、小川さんは「伝える相手・場所を見極めることも必要。何より大事なのは、自分が変える!という強い気持ちを持って進むこと。きっと変えることができるので、めげないでほしい。」と、ご自分の活動を振り返り、お話されました。

DSC_1459.jpg

(文責:武山)
Posted by スタッフ at 15:28 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ママと赤ちゃんの復興まちづくりin石巻 [2014年10月25日(Sat)]
10月24日(金)石巻市向陽地区コミュニティセンターにて「ママと赤ちゃんの復興まちづくりin石巻」が開催されました手(パー)(主催:NPO法人ベビースマイル石巻さん)

CIMG4056.JPG

ベビースマイル石巻・代表の荒木裕美さんは「ずっと開催したかったけれど、前に進んでいくことが先立って慌ただしく、なかなか“振り返り、伝える”ということをするのが難しかった。地域で安全に子育てをしていくこと(孫・ひ孫とずっと・・・)は、まちづくりにつながる。その為にも、震災の経験を伝え続けていくことは、とても大事な取り組みになっていくと思う。」とお話されました。

CIMG4055.JPG

行政の方々、医療関係者の方々、当時妊婦だったママさん。震災時にどのような行動をなさったのか、それぞれの立場からお話をお聞きしました。震災という大変な状況の中、多くの方々が、これから生まれてくる命を守る為に奔走された様子が伝わってきました。

経験を振り返り、皆さんが共通して思っていたのは、妊婦さんが安心して過ごせる避難所が必要だということでした。震災時、妊婦さんだった方も、同じ妊婦さんがいると行動しやすく、心配ごとなども共有できるので、精神的にも支えになるとお話されました。周りの方の気遣いも、大きな支えになったこともお話されました。

石巻市総務部危機対策課の職員の方は、妊婦さんなどの要援護者の方の避難所整備に向け、介護所などと協定を結ぶ考えでいるとお話されました。

震災時、民家での出産に立ち会った助産師さんは、避難所や公共の場所に、出産に必要最低限なものを備えておくことが大切だと話されました。震災後に分娩施設が減少したままであることも、市外で産む方が増え、人口減少につながってしまう恐れがあるともお話されました。

また、保育所はおもちゃや子ども用のトイレがあり、子どもが安心できる環境であることから、お母さんと子どもの避難所の役割を果たせるのではという意見も出ました。

減災・防災の為に震災の経験を伝え続けること、災害という大変な状況の中、赤ちゃんを守ろうと頑張る妊婦さんを、周りが支えてあげること。震災から学んだ多くのことを、改めて自分達も学び直さなければいけないと考えさせられた時間でした。

akachan_ninshin.png

それから、震災後特に、減災・防災の為の知識が掲載された冊子や、子育ての情報が集約された冊子が数多く作られています本それらを参考にして、日頃から備えたり、必要な情報をすぐ得られるようにしておくことも大切ですね。(下の写真は今回のシンポジウムで頂いた書類ですが、お役立ち情報がいっぱい詰まっていますexclamation

CIMG4135.JPG

(文責:武山)
Posted by スタッフ at 16:32 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「石巻子育て応援ポータルサイト活用勉強会」に出席してきました。 [2014年10月23日(Thu)]
10月21日、石巻市役所向かいのコワーキングスーペースで、 石巻復興支援ネットワークさんが運営する、石巻エリアでの子ども、子育ての応援を目的とするサイト「石巻の子育て応援ポータルサイト i♡コソダテ」に関する勉強会が行われ、いしのまきNPOセンタースタッフも参加させていただきました。

10649047_278516102344900_9038123735796019298_o.jpg

石巻で子育てに関わる活動をされている団体さんが集まり、Jimdoで制作されたサイトの更新方法について、サイト制作会社の方より説明を受けました。このサイトは、サイトに登録した活動団体さんがイベントなどの情報を更新することができる、参加型ポータルサイトです。このサイトにアクセスすれば、石巻エリアで子育てをしているお母さんが、子育てに関する情報を得ることができます。

優しいピンクを基調としたサイトデザインは、女性にとって親しみやすく、石巻のママたちの心強い味方になることでしょうぴかぴか(新しい)

10623336_278516532344857_1925000795616841206_o.jpg

子育て応援ポータルサイト
http://www.ikosodate.info

石巻復興支援ネットワーク(やっぺす)
http://yappesu.jp/
Posted by スタッフ at 11:37 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『東京ディズニーリゾートに見る CS戦略・人材育成・接客ノウハウ』を受講してきました。 [2014年10月22日(Wed)]
10月22日(水)石巻グランドホテルにて開催された、公益社団法人石巻法人会主催の講座『東京ディズニーリゾートに見る CS戦略・人材育成・接客ノウハウ』を受講してきました。

講師は、オフィスにしむら代表の西村秀幸氏。ジャーナリストとして時事問題分野の執筆、小規模事業者を中心のコンサルティング事業を行っています。関西弁の軽快な早口トークで、2時間の講座ではありましたが、中身のいっぱい詰まった内容でした。

東京ディズニーリゾートは、個人的にも大好きでよく訪れていて、そのホスピタリティーには毎回感心させられています。今回の講座では、30年間もの長きに渡り日本最大のテーマパークとして、多くのゲスト(来場者)に愛され、生き残ってきた理由を紐解いていただきました。

『全員が主役』
いつ訪れても。。平日でも連休でも、ハロウィンやクリスマス、年末年始でも、ランドもシーも区別なく、ゲストは気持ちよく目一杯楽しい時間を過ごすことができる。。
これはキャスト(従業員)ひとりひとりのスキルだけではなく、『全員が主役』であるという一貫した従業員教育の賜物なのだと理解できました。ゲストだけではなく、キャストも主役を演じている演者である、と。引いては、ディズニーという企業を発展させている戦略のひとつなのです。

『ぶれないポジショニング』
例えば、銀座の繁華街のデパートが、より高い利益を追求した結果、小売業ではなく貸しビルに路線変更したら。。その企業の未来はどうなるでしょうか。
次々と追随し、銀座があの高級デパートが立ち並ぶ素敵な通りの雰囲気が一変したら、その地域の価値も下がり、貸しビルも空き室が目立つようになるかもしれません。
西村氏は、有名な企業の事例を紹介しながら、創立者の理念を継承している企業が成功し生き残っていると話しました。

他にも、いろいろな視点からたくさんのヒントをくださいました。営利・非営利での違いはありますが、組織を運営する、組織の中で働く際の大きな目標が見えた気がします。

(文責:清水)
Posted by スタッフ at 16:42 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
石巻市総合防災訓練 [2014年10月20日(Mon)]

10月19日(日)7時半から8時半の間に、石巻市全体で、総合防災訓練が行われました。
今年で3度目となる、市を挙げての防災訓練に、はじめて参加しました。

震災以来ずっと、玄関にリュックやバックに避難時に必要最低限のものを入れたものを置いていたのですが、ここ1年ぐらい放置して、中も確認していませんでした。ちょうど良い機会だと思い、前夜にチェックしたところ、期限切れの薬や、本当に必要なのかよくわからないサンダルなどが入っていました。3ヵ月ごとくらいに中を確認することは必要だと感じました。

当日は、訓練ゆえに時間がわかっていたので、ついそれまでに家事を済ませたり、少し前に火の元をチェックしたりと、本当だったらありえない行動をしてしまいましたが、これが本番にきちんとできるのなら問題はないでしょうね。

私の住んでいる地区は、サイレンは聞こえるものの、防災無線では何を言っているのか外に出て耳を澄まさないと聞こえませんでした。後で知ったところによると、マグニチュード9.0、震度6強の¬地震が発生し、大津波警報が発表されたとの想定でした。
でも、とりあえず用意していた荷物を持って、避難場所に向かいました。途中で、犬の散歩をされている方とすれ違い、少しだけ残念な気持ちになりましたが、自分も去年までは参加していなかったことを思い、反省しました。
集合場所には、思っていたよりも多くの町内の方々が集まっていて、名簿で点呼をとっていました。数えたわけではありませんが、最終的に50人以上集まったのではないかと思います。
私の住んでいる場所は高台にあるので、津波の被害は前回もありませんでしたが、土砂災害や火災が起きた場合にどうすべきかなど課題がないわけではありません。後日の新聞で、参加者率が7.3%とういう記事を見た限りでは、町内の防災意識はなかなかのものだったのではないでしょうか。

DSCN2281.JPG


いしのまきNPOセンターでは、ピースボートさんが主催する、「わが家の災害対応ワークショップ」に申し込みをしました。今度は、スタッフで職場としての災害対応を学び、備えや心構えなど講習を受けます。その内容についてもいずれブログに書かせていただきたいと思っています。


私たちは3年半前に、まさかの予想もできない災害に遭遇しました。次はもう来てほしくないけれど、もしもまた何かあった時は、もっと迅速にすべきことが出来るように準備をしていかなければなりません。
(文責:阿部)
Posted by スタッフ at 17:26 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
モザイクタイルモニュメント [2014年10月03日(Fri)]
8月にイオンモール石巻にて開催した「いしのまき市民ひろば2014」。
その中で行ったモザイクタイルワークショップで(後日、石巻ニューゼでも行われました)石巻市民の方々が制作されたモザイクタイルが使われ、「がんばろう!石巻」看板の場所にモニュメントが制作されました。

アート制作中アート

CIMG3528.JPG

CIMG3544.JPG

CIMG3541.JPG

こちらの丸い形のものが、石巻市民の方々が作られたモザイクタイルです。

CIMG3533.JPG

こちらは障がいをお持ちの方が活動なさっている施設で作られました。長いもの以外にも、様々な形のものがあります。

CIMG3531.JPG

CIMG3538.JPG

2、3日後の完成だそうです手(グー)


ぴかぴか(新しい)完成ぴかぴか(新しい)

CIMG3594.JPG

CIMG3596.JPG

CIMG3595.JPG

CIMG3595.JPG

CIMG3601.JPG

献花台の壁面にまだスペースがあるので、またワークショップを開催されるとのことです。

CIMG3605.JPG

CIMG3614.JPG

様々な色と形のモザイクタイルが綺麗に組み合わされ、とても美しいです。
ぜひ実物をご覧になってみて下さいねかわいい

がんばろう!石巻の会フェイスブックはこちら。
https://ja-jp.facebook.com/pages/%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%B0%E3%82%8D%E3%81%86%E7%9F%B3%E5%B7%BB%E3%81%AE%E4%BC%9A/200873563378160
Posted by スタッフ at 14:20 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)