CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年01月 | Main | 2013年03月»
プロフィール

いしのまきNPOセンターさんの画像
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
地域づくり交流会 [2013年02月09日(Sat)]
平成24年度みやぎ地域づくり団体協議会 石巻支部交流会
◆日時:1月26日(土)10:00〜12:00
◆場所:石巻合同庁舎 5階 大会議室
◆主催:みやぎ地域づくり団体協議会石巻支部事務局(東部地方振興事務所地方振興部)


それぞれの地域(石巻市・東松島市・登米市)で活動する約20名の方々参加され、石巻支部の会員団体のうち4団体から活動報告がありました。
DSCN1406.JPG

まずはじめに、当センターの専務理事でもある、みやぎ地域づくり団体協議会石巻支部長・木村正樹氏より、開会の挨拶。
DSCN1410.JPG

次に団体さんの活動報告。
◆宮城骨髄バンク登録推進協議会石巻支部・小野喜代人さん。
DSCN1412.JPG

命の大切さを訴え続け、精力的に活動されてきた小野さん。大切なご家族が白血病を患い、骨髄移植が必要になったことがきっかけで、活動をスタートされました。
活動当初は石巻では骨髄移植が全然知られておらず、骨を削る?麻酔が効かない?などというイメージがついていたそうです。骨髄移植について正しく理解してもらいたい、骨髄バンクに登録を願いたいと、チラシ配布等の地道な活動を続けてこられました。

震災後、住吉中学校で避難生活を送り、リーダーをされたりしたそうです。骨髄バンク登録推進活動を通じて知り合った全国の仲間から、避難所に支援物資がたくさん届き、仲間の素晴らしさを強く感じたそうです。

◆一般社団法人ISHINOMAKI2.0・松村豪太さん。
DSCN1413.JPG

震災後、泥かき等のボランティア活動で出会った方々(大学の研究者、建築家、インターネット専門家・・・たくさんの“おもしろい人”)といろいろ話すうち、団体が立ち上がり、現在まで様々な活動をされてきた松村さん。
これまで40以上のプロジェクトをしてきたそうです。足りない状態をおもしろく考えたり(例・震災前から空き家が多い→民宿 建物が解体され、空き地→キャンプ など)元からある資源を大切にしたり(石巻は呉服店が多い→浴衣でまちコン)様々なアイディアで展開されています。

詳しくはISHINOMAKI2.0さんのHPをご覧下さい。http://ishinomaki2.com/

それから、団体名についても少し説明して下さいました。
・2.0の意味:@バージョンアップA双方向性
・Web2.0からもきている。
 (Wikipediaで調べてみました・・・情報の送り手と受け手が固定され、送り手から受け手への一方的な流れであった従来の状態が、送り手と受け手が流動化し、誰でもがウェブを通して情報を発信できるように変化したwebの利用状態のこと。また、新世代のものを表す表記として、名称に「2.0」をつけたりするそうです。商業的なキャッチコピーまで幅広く浸透しているそう。)

◆EMエコクラブ・及川良市さん。
DSCN1420.JPG

震災で医療機関がマヒ、減少したこともあり、通院できない方がたくさんいらっしゃいました。健康について改めて考えてほしいという思いから、講演会「病院に頼らない健康の考え方」を開催したEMエコクラブさん。(田中先生の講演会についてはこちらをご覧下さい。)

震災後はヘドロの悪臭除去の為、学校や一般住宅へEM散布を行い、喜ばれたそうです。
また、学校、町内会と連携して活動している(プール清掃、河川へEM団子投入など)ことも報告され、次の世代の子ども達と一緒に環境について考え、活動していくことが大事だと話されました。

◆NPO法人ベビースマイル石巻・荒木裕美さん。
DSCN1427.JPG

震災後、大変な思いをしているお母さん達の為に何かしたい、子どもの遊び場を確保したいという強い思いから、子育て支援団体をつくられた荒木さん。現在2人のお子さんがいるお母さんです。
育児は孤立しがち。情報不足。時代とともに近所づきあいが希薄。そんな悩みをサポートしたいと、支援者やお母さんが集えるコミュニカフェや、親子同士が触れ合えるイベント(ベビーマッサージや親子ビクス)を開催したり、安心して子育てができる環境づくりをされています。

詳しくはベビースマイル石巻さんのHPをご覧下さい。http://www.forbabysmile.com/

最後は交流会の時間となり、あまり接する機会のない地域の方々との交流など、それぞれされていました。
DSCN1436.JPG

東部地方振興事務所地方振興部の皆様、会場でいろいろとお気遣い頂き、どうもありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。
ご一緒させて頂いた参加団体の皆様、どうもありがとうございました。





Posted by スタッフ at 11:36 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
コミュニティカフェ・うめばたけ [2013年02月09日(Sat)]
NPO法人まちの寄り合い所・うめばたけ&フットケアサークルスマイルハート
「第5回 コミュニカフェ・うめばたけ」
◆日時:1月22日(火)午前10時〜12時
◆場所:市民協・石巻ハウス(石巻市田道町1−15−2)
◆内容:足もみ・ハンドリフレクソロジー・整体


まちの寄り合い所・うめばたけさんは、毎回いろいろな企画を盛り込み、楽しく交流できる時間として、定期的に「コミュニティカフェ・うめばたけ」を開催しています。
今回は、仮設住宅集会所で足もみ活動をされているスマイルハートさんと協同されました。

DSCN1392.JPG
あいにくの雨でしたが・・・雨

DSCN1374.JPG
たくさんの方がご参加され、賑やか。

DSCN1366.JPG
スマイルハート代表・石橋ます子さんよりレクチャー目
「足の裏にはもうひとつの体があると言われ、「足は第二の心臓」とも呼ばれています。
足の裏の揉み方で、体の改善ができるんです。無料でできる健康法なんですよ手(チョキ)

◆足もみ健康法の三つの特徴
・血液の循環を回復する
・反射区(各臓器に対応する末梢神経)の刺激があらゆる臓器を正常化する
・リンパのマッサージも同時にするために体に抵抗力をつけ、治癒能力を高める

DSCN1382.JPG
たくさん足の裏を見てきた石橋さん。人それぞれ様々な足の裏・・・勉強になるそうです。

DSCN1369.JPG
↑足もみ
おしゃべりしながら、皆さん楽しそうに(ちょっと痛そうに・・・)マッサージを受けていました。

DSCN1370.JPG
↑ハンドリフレ
こちらも気持ち良さそう。

DSCN1373.JPG
↑整体
お一人のスタッフさんが、時間をかけて(一人約10分〜15分)丁寧に対応して下さいました。

DSCN1355.JPG
皆さんリラックスしておしゃべり

今回の活動を終えて、スマイルハートスタッフさんの方々は「仮設住宅(集会所)以外ではじめてで緊張したけれど、楽しくおしゃべりしながらできて良かった。皆さん優しく受け入れてくれて嬉しかった。」と仰っていました。

スマイルハートの皆さん、うめばたけの皆さん、どうもありがとうございましたかわいい

Posted by スタッフ at 10:39 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)