CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«おんなの井戸端会議W | Main | IRORI石巻リニューアルオープン»
プロフィール

いしのまきNPOセンターさんの画像
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
被災地にて考える役割のある居場所づくり [2016年02月28日(Sun)]
2月28日(日)共生型ケアをひろめる会さん主催のもと「被災地にて考える役割のある居場所づくり」が、石巻専修大学2号館2102教室にて開催されました。

今回は「2011.3.11からの出発 私たちは変われる。変われるかもしれない。」と題し、(株)高橋徳治商店の高橋英雄社長を講師にお迎えし、震災体験を通しての思いなどを話して頂きました。
12801211_1110294612335676_7388067075756124548_n.jpg
震災当時石巻川口町に本社、魚町に工場があった同社は、どちらも津波の影響により営業停止。
高橋社長自身も避難所生活を余儀なくされました。
避難所で、知らない人たち同士わずかな食べ物を分け合いお互いに助けあいながら過ごす中で、人の情け、思いやり、慈しむ心、人の痛みを自分の痛みに…など、さまざまな思いを感じたそうです。
そこから会社を復旧するまでに多くの苦悩があったそうですが「被災地で必要とされる自分、スタッフ、会社になろう」と思い立ち、現在は東松島市に工場を再建され、頑張られています。

「震災からもうすぐ5年の今、もう一度一人一人に震災を振り返ってほしい。なにもなかったことにはしてほしくない。一日のなかでちょっとでもいいから、自分の大事な人、物と向き合う時間を持ってほしい。」という高橋社長のお話に、参加者たちは最後までしっかりと耳を傾けていました。
1936172_1110295162335621_8167481350129672561_n.jpg
(文責:渥美)
Posted by スタッフ at 15:46 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント