CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

官邸斜向かい〜霞門の眼 by 石川和男

政治・経済・社会の動向から明日明後日を読むということで。


概算要求基準 〜 特別枠2兆円 [2010年07月22日(Thu)]

 今日の時事通信によると、政府・民主党は11年度概算要求基準に関し、医療や環境に重点配分する2兆円「特別枠」を設けるとのこと。

〔記事概要〕
・社会保障費自然増分1.3兆円も加え、財源は無駄削減徹底で捻出。
・民主党政調会は概算要求基準提言をまとめた中で2兆円特別枠を設置し、デフレ脱却や経済成長、雇用確保、マニフェスト実施に充てるべきとした。
・提言には、国家公務員人件費など予算無駄排除も盛り込んだが、具体的削減規模は明記しなかった。
・財源確保について、城島政調会長代理は「特別会計を含め、無駄な事業をゼロベースで見直す中で生み出していく」。 

 ↓

 昨年の政権交代以降に醸し出されたもの以外の“無駄”を出すとなれば、それは各予算費目ではなく、予算の執行期間や転用可能範囲といった配分技術の高度化しか方法はないと思料。

 各予算項目の中から“無駄”なるものを出そうとするならば、できない相談を今年もしてしまうかもしれないという話になる。記事での表現手法にもよるのだろうが、国家公務員人件費を“無駄”と記述するのは過誤だ。

 実質上のシーリング復活としなければ、昨年秋からの今年度予算編成と同じ轍を踏むことになることは明らか。『一律1割削減』などというのは、本来はナンセンスなことである。案の定、出てはすぐ消えたが、他に妙案はない。

 現実問題として今の政権構造では、その他に“公平性”を印象付ける手法を見つけることはできそうにない。総理の個性と強さが参院選敗北によって吹き飛ばされたので、財務省が主導するしかない。本当に財務省主導であれば、こんなに借金は増えなかっただろう。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
石川さん こんにちは。
連投御免なさい。

今日(7/26)の日経電子版によると、仙谷由人官房長官は・・特別枠の額を・・抑えた理由について「(額が膨らめば)モラルハザード(倫理の欠如)を起こしかねない。何でもかんでも放り込めということになりかねない」と説明した由。

短視的には、仙石さんのリスク感覚には観るべきものがあるとすることも出来るが・・、
より本質的には、政権内部にも、族議員「的」勢力の存在を公言(玄葉さん)されて仕舞った与党にも仙石さんの不信感または疑心があって、意欲を縮減せざるを得ない政治状況に在るということなのでしょう。此れでは、成長への勢いもスピードも期待できまい。

今後については、民主党内の確執が酷くなっているようですので政治側への官邸の不信を解消するのは望むべくもないのでしょうが、私の前回の【望まれる「政治主導下での政官連携」】体制を造るために、必要なら抜擢人事を含めて政治意志のStreamLineを整えれば行政とのタッグでBreakThruが出来るのではないか?と一縷の望みを繋ぎたい処です。
然し、其れにも、菅首相の此処1か月余りの決意に欠けた動きでは、「時既に遅し」なのでしょうか。

政界再編! 政界再編!但し良い政界再編を! と念仏を唱えるしかないのでしょうか(悲笑)。
CrazyDog
Posted by:CrazyDog  at 2010年07月26日(Mon) 15:03
石川さん こんにちは。

一寸論点が外れて恐縮ですが・・・、
今日(7/26)の日経によると:
1.「特別枠」の名称を「元気な日本復活特別枠」に変えた。
2.引用【一見するとあまり意味のない名称変更に「これで公共事業でも何でも、要求を潜り込ませることができる」と語る議員がいる。】由。
官邸側が見掛けや表面の見栄えなど無意味なことに気を取られている隙に、肝心の中身や実態が骨抜きにされ食い散らされるの図と観えます。

「政治主導」の脈絡で観ると、
AA.特別枠の設置と予算構造の調整(実現すればの話だが)は、斬新さはないが政治主導と認めるとしても、
BB.その充当対象案件を、政治主導のTopDownではなく専ら行政からのBottomUpに俟つのなら政治主導の放棄を意味する。望まれる「政治主導下での政官連携」は煙も観えない。
Posted by:CrazyDog  at 2010年07月26日(Mon) 12:27
こんにちは、はじめまして。この問題は、昭和61年4月からの第3号被保険者の制度の根本的な問題をはらんでいると思います。当時のサラリーマンが退職した際、妻の手続きがなされず、現在に至り、その妻が年金の手続きをする時期となったこと。つまり、時効取得の問題が出てきたのではないでしょうか?その本質を明らかにしないニュース記事とも考えられます。概要は、私もブログ記事にしました。
http://blogs.yahoo.co.jp/aokin248/61438968.html
具体的事項で記事にすることができない事は、お許し願います。
Posted by:青木浩之  at 2010年07月24日(Sat) 21:08