CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

官邸斜向かい〜霞門の眼 by 石川和男

政治・経済・社会の動向から明日明後日を読むということで。


グラミン銀行 〜 ユヌス氏を総裁から強制解任 [2011年03月02日(Wed)]

 今日の毎日新聞ネット記事によると、バングラデシュ中央銀行はグラミン銀行総裁ムハマド・ユヌス氏(70)を総裁職から強制解任する命令を出したとのこと。

<記事概要>
・60歳定年規定に違反したため。
・ユヌス氏は、グラミン銀行を通じて貧困層自立に貢献したとして06年ノーベル平和賞。
・近年、高金利などから利用者に自殺者が出たり、不透明な融資疑惑で批判。

 ↓

 実際のところはかなり困難だろうが、事実を淡々と追求していくべきだという話。またぞろ単純かつ愚かしくも金利を眼の敵にしないような冷静さが必須。借金返済に苦しむ人を経済的に更生させようという試みを止めてはいけない。

 同時に、借金できないことに苦しむ人に適切な手を差し伸べることのできないような制度や論調は厳に回避すべき。一を以て百を、というのは思考回路の壊死でしかない。今の我が国がそれそのものの様。

 利用者数が多ければ多いほど、“事故”の件数が多くなるのは必然。きちんと返せる人だけのはずがない。だから金利がコスト+リスク見合で設定される。公的資金で賄うべきだという安易な主張は納税者の視点を著しく欠く。

 特に財政難の国においては尚更である。民間資金で回る仕組みを壊した以上、それを完全回復ではなく適度な水準にまで再生させることは、政治と行政の責任となる。
 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
石川さん こんにちは。大変にお久し振りです。お元気ですか?

政治が動かない(動けない)ということは国家国民(国益)にとって致命的だと、実証試験をしているようなものですね。其んなことは態々やって貰わなくても、心ある人達には焼き付いているが(笑)。折角の石川さんの政策提案群、郵政もリーテイル金融も無駄な雌伏期間を押し付けられている。

リーテイル金融は、今真に健全な政策が「健全に儲かる事業」に仕立てることが重要だと。
実態的にメガ銀行がメインプレーヤーになった(なって仕舞った)現状は、同時に事業者の企業体力と対応力の有無高低がリーテイル金融事業の展開力を決定する環境になったと。
大手は、「健全に儲かる事業環境」があれば、本腰を入れて来ると思います。
逆に、「健全に儲かる事業環境」では、認定認定業者に入り込み難い市場になるでしょう。
何れにせよ、「借入人を賢くする(悪賢ではない(笑)」手立ては必要でしょうね。例えば、予て私が気に入っている【「だろう運転」は駄目!「かも知れない運転」を!】を流行らせるとか‥(笑)。
大手をその気にさせれば、助かるべき人達は助けることになる。
助かるべきか?に?が付く人達は、政策の如何を問わず如何ともし難いと。常に例外はあると。
闇金市場をそのような例外的な顧客だけの市場にすれば万々歳ですね、何れ消えて行くでしょう。

郵政は、予ての「中長期的に金融2社解散消滅論」で変わりません(笑)。
草々
CrazyDog
Posted by:CrazyDog  at 2011年03月03日(Thu) 17:15