CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

官邸斜向かい〜霞門の眼 by 石川和男

政治・経済・社会の動向から明日明後日を読むということで。


個人向けローン 〜 大手銀が強化 総量規制機に [2010年11月28日(Sun)]

 昨日の読売新聞ネット記事によると、大手銀行が個人向けの無担保ローン事業を強化しているとのこと。

<記事抜粋>
・改正貸金業法完全施行で400万人以上が消費者金融などから新規借入が出来なくなるとみられている。
・銀行の個人向け無担保ローンは総量規制対象外、大手行は「銀行としての責務」(三菱東京UFJ銀行頭取)。
・金利は信用力によって年5〜14%に設定、限度額500万円とする商品が多。

 ↓

 ごくごく一部を除き、今まで実現できなかったことが急に実現できる道理はない。銀行の取組によって貸金業市場からの脱落者の幾人かが救済されるのであれば、それに越したことはない。

 しかし、できない相談はやはりできない相談であり続ける。それは早晩明らかになるだろう。貸金業を巡る問題は、改正貸金業法の完全施行後、完全に制度の問題になった。

 本件で政治と行政がリスクを取らないのはマスコミの責任が大きかったが、その傾向は今もまだ強い。弱者救いのつもりが弱者隠しになっている典型例。本件での救済の手法は単一ではなく二つ。

 “貸さない親切”だけではなく、『貸す親切』も同時並行に走らせないといけない。ただそれだけのことである。そんな当たり前のことができていないから困る人が増える。そんなに難しいことではない。難しいと思い込んでいる為政者がいるというだけのこと。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント