CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

官邸斜向かい〜霞門の眼 by 石川和男

政治・経済・社会の動向から明日明後日を読むということで。


国会議員歳費削減 〜 改正案を来年の国会に提出へ 民主党 [2010年11月12日(Fri)]

 一昨日の毎日新聞ネット記事によると、民主党は議員歳費を1割削減する議員歳費法改正案を来年の通常国会に提出するとのこと。

<記事要約>
・民主党は国家公務員給与削減を目指しており、議員自らも身を切る姿勢を示す狙い。
・議員歳費は1人当たり月額129万7000円。
・02〜04年度に歳費1割削減実施。
・マニフェストで議員定数削減による経費節減を含めた「議員歳費2割削減」を掲げた。
・定数削減は意見の隔たりがあるため、歳費削減を先行実施。

 ↓

 できない相談は最初からするものではないという話。人数と金額を総合して「議員歳費2割削減」なので、議員歳費1割削減後に、更に歳費削減ないし定数削減を実施しないと計算が合わない。

 “国家公務員総人件費2割削減”もマニフェストに掲げられているが、同様の手法があり得る。先行的に給与水準を1割削減し、次に更なる給与水準削減か定員削減を行い、総合して総人件費を2割削ると説明するという方法。

 この場合、最初の1割削減から次の1割見合分削減までには、相当の期間を要することが予想される。それほどの胆力はない。自ら身を削ることの難しさは、議員や官僚のみならず、一般の経済活動や社会生活でも同様。

 議員も官僚も特段特殊な人々ではない。“抵抗”の言い訳はそれぞれ違うが、本質は誰しも同じ。但し、議員歳費と公務員人件費に限ると、提案される場合は『縮小均衡』以外の選択肢があるとは思えない。そこが民間との大きな相違点ではある。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
石川さん こんにちは。

前々稿「今の一票の格差(馬鹿馬鹿しい格差)が是正される契機になる」
その契機が一つ増えました、然も極めて有力なものが!!
裁判官を一寸見直そう(笑)、まあ、組織ではなく「人に依る」ということですね。

先程の日経号外【参院選、1票格差5倍「違憲」 東京高裁】
CrazyDog
Posted by:CrazyDog  at 2010年11月17日(Wed) 14:27
石川さん 今晩は。
酷いことになって来ましたよ!観方を「国益」に採れば、非常に良いことです!


日経電子版【枝野幹事長代理:『政治主導』なんてうかつなことを言ったら大変なことになった】
迂闊の上塗りとは此の事だ!
未熟が過ぎたら何になる?一日も早く「無」になって政権と与党の座を下りなさい!
その後は心配ご無用、「善き政治家」の糾合が「善き政界再編」を造り出す。
CrazyDog
Posted by:CrazyDog  at 2010年11月14日(Sun) 21:52
石川さん 今晩は。
民主党の「議員歳費2割削減」がその根本部分で目指したのは何だったんでしょうね。

単に「歳費規模の縮小均衡」というカネの問題だけなら、その意義は矮小化されて議員の単なる自己犠牲と「国家公務員総人件費2割削減」への布石となるだけに過ぎない。
まあ、今の世情からはやる意味も必然性もあるし、相当の胆力が要る話には違いないですが。

他方で、「議員定数の縮減」を視野に入れれば、その意義は非常に大きくなると思います、民主党がどのように考えているのか全く解りませんが。
選挙一般ではCutLineに近い当選者ほど質が落ちると論理的に考えれば(この前提は、今の日本の選挙の実態を観れば、議論の余地は大きいでしょうが)、定数が大きければ国会は低品質の議員を数多く取り込むことになる、他方で定数が少なければ質的に精鋭に近付く。少数になれば、議員本人達が持つ「政治的知見や経験の総量」は縮減されるが、其れらに相応しいスタッフを揃えれば問題無かろうと。
定数縮減のより大きな意義は、定数の変更に依って選挙区の区割りが変わり、今の一票の格差(馬鹿馬鹿しい格差)が是正される契機になる。この意味は如何に大きく評価しても大き過ぎることはないだろうと。此処でも最高裁判決の狭量さが際立ちます(笑)。

私は、「議員定数の縮減」方針を翻すことは、君子豹変にも大人虎変にも決して該当せず、志と覚悟の無さを露呈するものだと思っています、既に相当部分が露呈して仕舞っていますがね。
CrazyDog
Posted by:CrazyDog  at 2010年11月14日(Sun) 17:27