CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

官邸斜向かい〜霞門の眼 by 石川和男

政治・経済・社会の動向から明日明後日を読むということで。


新高齢者医療制度 〜 国保新保険料 75歳以上は年8万5000円 10年後試算 [2010年10月21日(Thu)]

 今夕の毎日新聞夕刊によると、13年度導入予定の新高齢者医療制度に関する厚労省試算が明らかになったとのこと。

<記事抜粋>
・75歳以上のうち現行後期医療制度から国保に移る人の平均保険料は20年度に年8万5000円、現在より2万2000円増。
・今年度6万3000円の保険料は、現行制度のままでは20年度8万7000円。新制度は保険料を2000円低く抑える。
・健保組合拠出金の算定方法を変更し、加入者数で決まる現行方式を所得に応じて決める「総報酬割り」とする方針。
・公費負担も47%から50%に引き上げ。費用は13年度3500億円。
・70〜74歳が窓口で支払う負担額を1割に抑えている暫定措置を廃止し、13年度以降に原則通り2割に戻す。

 ↓

 比較的富裕層から比較的低所得層への所得移転の度合いを引き上げるという話。現行の後期高齢者医療制度には課題が少なくないが、それは新制度案も同様。いかなる案にも、現行制度と同じような問題が指摘されることになるだろう。

 高度成長型社会における経済財政モデルが通用しなくなって久しい。少子高齢社会における経済財政モデルに徐々に転換していく必要がある。現行の後期医療制度は、その先鞭をつけたはずだった。

 現行制度を微修正する今回の厚労省案は、一度肯定した少子高齢社会型モデルを否定するものではない。負担の時期が後倒しになったようなもの。だから消費増税だではなく、そうでなくとも消費増税だとなる。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
石川さん 今晩は。 ご無沙汰しました。

       出でよ、平成の龍馬! 

【いかなる案にも、現行制度と同じような問題が指摘されることになるだろう。】
このご指摘は、【少子高齢社会における経済財政モデルに徐々に転換】するなど、将来の国家像を踏まえて其処から制度設計に下ろす段取りを採れば、結論が違って来るでしょうね。

民主党には肝心の国家観がないのは周知ですが、大雑把だが肝を据えて(軽くては不都合)「有るべき国家観はこんなもんだろう!」と決め打ちして、覚悟を持って制度設計して、国家観論議を巻き起こして論破すれば、今の遣り方よりは余程「ましな制度」になる。
そして其の過程を他案件でも繰り返していれば、最初は厳しい指摘を受けることになるが、気が付けば相応の国家観が出来上がっている筈。捩じり鉢巻き腕捲りして「さあ、国家観造り!」を遣ろうとするから、何日まで経っても筆が進まないどころか手も付くまい、現実の世界は何処でもそんなものだと。
自民党も21世紀に適合した批判に耐えられる「立派な国家観」を持っている訳でもない、結果として両党が従って日本政治の全体が一致して「よりましな国家観」に進化できるだろうと。
私は、何処までも楽観論者です(笑)。今は、楽観論が不可欠ですから。


然し、本当はこんなに悠長なことを待っている時間は此の国にはないのであって、私案では与野党を超えて善き政治家(善き知見と経験の総在庫)を糾合した「善き政界再編」と「21世紀型の世代交代(20世紀的老害の排除)」が最も迅速で効果的なんですがねええ。国益に視座を置けば(裏返せば、個益・部分益の排除)、実現される筈なんですがねえ。
何処かに居ませんかねえ、平成の龍馬! 石川さん、遣りませんか?(笑)
CrazyDog


追伸:先日Mr.JosephNyeの講演を聴く機会がありました。矢張り、世界最高峰にある知見は、視野がズバアッと広く深く永かった。素晴らしかった。
草々
Posted by:CrazyDog  at 2010年10月22日(Fri) 22:35
総選挙の国民審査では最高裁裁判官を全員不信任投票して日本の司法から追放しよう!
Posted by:通りがけ  at 2010年10月22日(Fri) 08:10