• もっと見る
アイエスエフネットライフ仙台は、障がい者あるいは就労困難な環境にある方々のために支援をし、仕事を生み出し、雇用の機会を提供することに焦点をおいたビジネスを創造する会社です。
« 新年会の企画 | Main | 誰にも相談できないといって悩まないで »
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
大河ドラマ「井伊直虎」[2015年11月25日(Wed)]
 こんにちわ。ライフ仙台、流離(さすらい)の画家です。
本日は私が大ファンである柴咲コウさんが大河ドラマに出演されるらしく、その概要と共に「ここは注意して見れば面白いかも?目」と思った点を記載します。

※以下はドラマのネタバレとなる箇所がございますのでご注意願います。



 井伊直虎ブティックは駿河の大名・今川義元の家臣、井伊直盛の一人娘として、遠江国井伊谷(静岡県浜松市)で生まれました。直盛には娘の直虎以外に子はなく、年下の従兄弟・亀之丞と直虎を結婚させて婿養子にして家を継がせようとしていました。亀之丞は、直虎の幼い頃からの”いいなずけ”でした。
しかし井伊家の家老がこの縁談を気に入らず、今川義元に亀之丞の父が謀反を企てていると嘘の報告をし、これを信じた今川義元が亀之丞の父を殺してしまいました。当時9歳だった亀之丞にも命の危険が迫り、信州(長野)の寺に匿われました。

 少女・直虎ぴかぴか(新しい)は、幼い頃から将来を約束していた”いいなずけ”が生死も分からず行方不明になってしまい、ショックの余り、両親の制止を振り切り出家してしてしまいました。
出家した 少女・直虎は親戚の和尚のもとに預けられ、「次郎法師」と名づけられました。

 父・直盛が桶狭間の戦いで、私が主君としている織田信長に討たれるなど私の好きな時代背景でありますので是非全話見たいと思います。

しかし、直虎を演じる柴咲コウさんは男勝りでカッコイイです。
私は本当に大ファンで、彼女が歌ったCDCDなども全部買い揃えた程です。

皆さんも自分の信念を曲げずに業務へ立ち向かっていきましょう演劇
この記事のURL
https://blog.canpan.info/isfnetlife-sendai/archive/6343
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

アイエスエフネットライフさんの画像
アイエスエフネットライフ
プロフィール
ブログ
最新コメント
検索
検索語句
リンク集
https://blog.canpan.info/isfnetlife-sendai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/isfnetlife-sendai/index2_0.xml