CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
アイエスエフネットライフ仙台は、障がい者あるいは就労困難な環境にある方々のために支援をし、仕事を生み出し、雇用の機会を提供することに焦点をおいたビジネスを創造する会社です。
« 倫理・哲学に共感して | Main | 障がいと共感(3) »
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
障がいと共感(2)[2015年03月19日(Thu)]
こんにちは。ライフ仙台の炭水化物です。

障がいと共感(1)の続きになります。

ところでなぜ、私を含めアスペルガー症候群の人は、
一般的にコミュニケーションが苦手だと言われるのでしょうか。ふらふら
一言でいうとタイトルにある、
共感という要素が希薄だからでは?という気がするのです。ひらめき

私が思うに、アスペルガー症候群とそうでない方が、
それぞれ同じ事象を目の当たりにしたとき、
それに対する感覚や対処方法が異なるので
「そうだね(同意、または理解が可能)」となりにくく、
コミュニケーションに溝が生じることが多い気がします。あせあせ(飛び散る汗)
特に感情的だったり、
自分の好き嫌いに基づいたルールに
同意することを他人に求める人とは、
しばしば上手くいきませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)

コミュニケーション力が低いという表現は、
障がいの無い方がマジョリティであるという状況の中での、
現実的な表現なら合っているとも言えますが、
一方で少数派で在る→多数派の考え
同じ結論にならない→ずれている→したがって下手である、と
無意識に結論付けられているとも思います。がく〜(落胆した顔)

よく喋る方達は「だよね」「でしょ」など
相手に同感する言葉を頻繁に発しています。
私にはこの技術が、もの凄く難しいのです。たらーっ(汗)
多分喋ることが得意な人達は、自然に出てくるんだと思います。
私は本当にそう思った時以外は言えません。反抗心などはなく
(無意味に反抗することも嫌なものの1つに入ります)
事実でないことを言いたくないからです。

次回は、実生活でのエピソードを紹介します。

(次回へ続く)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/isfnetlife-sendai/archive/5325
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

アイエスエフネットライフさんの画像
アイエスエフネットライフ
プロフィール
ブログ
最新コメント
検索
検索語句
リンク集
https://blog.canpan.info/isfnetlife-sendai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/isfnetlife-sendai/index2_0.xml