CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

漁火イルミネーション 〜遠くなった海をもっと近くに〜

東日本大震災後に海辺で生まれ育った地元女性(20代)の『遠くなった海を近くに感じて欲しい』という思いからスタート

LOVE大船渡プロジェクト実行委員会は、世界で初めて、漁船で使用している集魚灯等をまちなかでイルミネーションとして点灯するなどのイベントを通して、観光振興と地域活性化とともに、市民がまちに愛着や誇りを高めることを目的として活動しています。


こうやって準備しています [2019年12月13日(Fri)]
おはようございます。

漁火イルミネーションの事務局です。

漁火イルミネーションは、

昨年度の第2回開催から

一般社団法人大船渡市観光物産協会様との

共催事業として実施させていただいております。

漁火イルミネーションを

そして、冬の大船渡の風物詩的なイベントに

みんなで育てていければ嬉しいです。

そして、一般社団法人大船渡市観光物産協会様が

設営するイルミネーションの準備も進んでいます

冬場の繁忙期に

石川ガス@浜田社長をはじめ

DSC_2489.jpg

社員の皆様が

DSC_2492.jpg

命がけで
DSC_2502.jpg

設営してくださっています。

感謝感謝です



おおふなぽーとに

巨大な海のモチーフが

灯りますよ

DSC_2503.jpg

お楽しみにしててくださいね

関わる人が楽しく笑顔になれるイルミネーションへ
浮きあかりに使う浮き球(ブイ)を集めています(使用済み提供依頼) [2019年12月13日(Fri)]
こんにちは。

漁火イルミネーションの事務局です。

さて、漁火イルミネーションの特徴は、

なんといっても

実際に漁業で使っていた

集魚灯や漁具を再利用して

イルミネーションにしているところです

これ

世界中で

大船渡市だけ(何度もすみません)

そして、シンボリックなのは、

サンマの集魚灯と

浮きあかり

浮きあかりは、

使わなくなった

浮き球(ブイ)を

再利用しています

53865646_412036602888624_8060522492004925440_n.jpg

漁業を辞めてしまったり、

新しいものと交換したりして

使わなくなった

浮き球(ブイ)の

提供をお願いします。

目標100個

100個あれば

輪が5つ作れると思うんですよね

そして、各会場にもたくさんの浮きあかりを飾りつけできます

ご提供いただける方は

事務局(下記)までお知らせください

漁火イルミネーション事務局 担当:前野
大船渡市盛町字町10-11サンリア2F(大船渡市結婚相談・支援センター内)
0192-22-7582
平日10時~19時、土日9時~18時
火曜・祝日はお休み
| 次へ