CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

漁火イルミネーション 〜遠くなった海をもっと近くに〜

東日本大震災後に海辺で生まれ育った地元女性(20代)の『遠くなった海を近くに感じて欲しい』という思いからスタート

LOVE大船渡プロジェクト実行委員会は、世界で初めて、漁船で使用している集魚灯等をまちなかでイルミネーションとして点灯するなどのイベントを通して、観光振興と地域活性化とともに、市民がまちに愛着や誇りを高めることを目的として活動しています。


検索
検索語句
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
令和元年度の漁火イルミネーションがはじまります [2019年11月16日(Sat)]
こんにちは。

LOVE大船渡プロジェクト実行委員会 事務局です。

いよいよ、令和元年度の

漁火イルミネーションがはじまります。

漁火イルミネーションは、漁業で使っていた集魚灯(漁火)や漁具を再利用して、イルミネーションとして点灯し、地域への愛着&まちなかの賑わいを創出するとともに、交流関係人口の拡大を図る事業です。

平成29年度(2018年3月)に第1回の点灯をはじめてから、今回で3回目の点灯となります。

この活動は、大船渡市市民活動支援事業補助金の採択を受けて実施しています。

この補助金、同一事業は、3回までの補助ということで、来年度以降の開催については、現在のところ、実施財源がありません。

もしかしたら、もしかすると、最後になっちゃうかもしれません。。。

暗い話をしていても、まちは明るくなりませんが、田舎の現実というのは、骨が折れます。


さて、今回の点灯期間からご紹介です。

12月21日(土)から、1月5日(日)までの16日間となります。

点灯先は、市内7か所

1.盛駅

2.おおふなぽーと多目的広場

3.かもめテラス

4.大船渡市魚市場(21時まで)

5.碁石海岸インフォメーションセンター

6.越喜来ど根性ポプラ

7.恋し浜ホタテデッキ
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント