CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年10月 | Main | 2012年12月 »
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
兄の水筒、故郷へ[2012年11月26日(Mon)]
兄の水筒、故郷へ


産経新聞の記事より


戦死から70年…兄の水筒、8 7歳妹の元へ「信じられない」


第二次世界大戦 の激戦地のひとつ 、東部ニューギニ ア(現パプアニュ ーギニア)で見つ かった水筒が、持ち主とみられる兵士の戦死から70年を経て今月、遺族の元に戻った。

水筒に刻まれた姓 を手掛かりに、戦友会関係者らの調査で持ち主が判明。劇的な“再会” に、遺族は「信じられない」と喜びをかみしめた。

水筒の持ち主は、昭和17年12 月にニューギニア・ブナで戦死した 、岐阜県出身で歩兵第229連隊第 3大隊の上等兵、纐纈(こうけつ) 啓一さん=当時(21)。

水筒は、昭和56年~平成17年 に現地で遺骨収集を行った南海支隊 の元兵士、西村幸吉さん(92)= 埼玉県=がブナで見つけた。
関係者 が日本に持ち帰り、泥やほこりを拭うと、水筒の2カ所に「交告」と刻まれているのを発見した。

同隊戦友遺族会の世話役、辻本喜彦さん(65)らが調べると、交告は纐纈の略字で岐阜県に多いと判明 。
同県遺族会に調査を依頼した結果 、県内の纐纈姓の戦死者143人のうち、ブナでの戦死者はほかに確認できず、水筒は啓一さんのものとみられる。

辻本さんが今月17日、岐阜県を訪れ、啓一さんの3つ違いの妹、小栗ぎんさん(87)=岐阜県瑞浪( みずなみ)市=に水筒を手渡した。
弾痕や穴が残るアルミ製の水筒を手にしたぎんさんは
「魚釣りが好きで 、優しかった兄さんを思い出しまし た」
と目を細めた。

辻本さんは「啓 一さんの国に帰りたいという強い気持ちが返還につながった」と話した 。



suitou.jpg


辻本喜彦さん(右)から、戦死した 兄のものとみられる水筒を手渡され た小栗ぎんさんと長男の昭五さん =岐阜県可児市
(写真:産経新聞)
両陛下、沖縄へ[2012年11月17日(Sat)]
両陛下、沖縄へ



産経新聞の記事より


両陛下が沖縄に向けご出発


天皇、皇后両陛下は17日午前、沖縄県糸満市で行われる「第32回全国豊かな海づくり大会」臨席などのため、羽田空港から特別機で同県へ出発された。20日に帰京される。

 公務のため、両陛下が3泊以上で地方を訪問されるのは、2月の陛下の心臓手術以来、初めて。

 両陛下は17日、糸満市内の沖縄平和祈念堂を訪れた後、昭和20年の沖縄戦で亡くなった犠牲者の遺骨を納める国立沖縄戦没者墓苑で供花される。

 翌18日には同大会にご臨席。20日には初めて久米島を訪問される。


天皇陛下は、
「沖縄へ着いたらまず、先の大戦でお亡くなりになられた方へ供花したい」
とおっしゃられた。

沖縄戦は、日本の歴史上最悪でありもっとも不幸な出来事である。

両陛下は昭和天皇の苦悩を直にご覧になりながら生活をされてきた。

同時に、昭和天皇のお気持ちを受け継いでおられ、沖縄での出来事を非常にご理解しておられます。

いま日中間は険悪なムードにあるが、なんとか平和的に解決していただきたいものである。

日本人は67年前に学んだはずである。

もう二度とあのような惨劇をくりかえしてはなりません。

富嶋神社[2012年11月10日(Sat)]
富嶋神社


きょうは、兵庫県たつの市御津町にある「富嶋神社」へ行ってきました。

富嶋神社


この日は七五三詣りのご家族連れが何組かおられ、記念撮影をしておられました。

この神社の秋祭りは兵庫県播州地方の大きなお祭りのひとつとして、かなり賑やかにおこなわれます。

境内の片隅には、戦争の歴史を物語るものもあります。

大東亜戦争末期、金属の供出で銅製の神馬が軍により接収されてしまい、それ以来この神社には神馬の銅像がなく、その台座にはその当時のことが刻まれた石碑のみが鎮座しております。

その石碑の裏には、
「青銅製神馬ハ大東亞戦爭ノ際金属回集ノ爲供出ス」
と刻まれています。


jinja.jpg


jinjya2.jpg



戦争により神社や寺の仏像なども多数接収されたと聞きます。

先の大戦で政府は聖戦として多くの国民を兵士として戦地に駆り出すとともに、「天皇=神」として戦争を遂行しました。

しかし戦争末期の金属不足の頃になると、神が祀られているはずの神社にある金属までが接収され、その姿を武器に変え、戦争は遂行されていったのです。

このような矛盾をみると、当時の政府の大義とはいったいどこにあったのでしょうか。
そして、戦地で次々に命を落としていく兵士たちのことを、どう思っていたのでしょうか・・・。



こうして見てみると、以外にも現在でもこのような戦争の爪痕が身近に残っている場所がたくさんあります。

みなさまの周りにもこのようなものがあるかもしれません。

こういうものを見つけて命と平和について考えたり、ご家族で話し合う機会を設けるのもいいかもしれませんね。


富嶋神社のことを詳しく紹介しているリンクフリーのホームページがございましたので、紹介しておきます。

兵庫県播州地方の祭も詳しく紹介されていますので、興味がおありの方はご覧ください。



検索
検索語句
プロフィール

遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうごさんの画像
遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうご
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ireinokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ireinokai/index2_0.xml