CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年08月 | Main | 2011年10月 »
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
ガマ(壕)調査報告[2011年09月26日(Mon)]
ガマ(壕)調査報告


先日より調査している沖縄県糸満市のガマ内部の報告です。

先日成果物より報告した「山城陸軍病院本部壕」とは別の、伊敷の「轟壕」(トゥルルチ)、「糸洲壕」(ウッカーガマ)、「ウンジャーガマ」の内部と、真壁の「タ―ジリガマ」、阿波根の「阿波根グスク」(富嶽山)内部に御遺骨が残っている可能性が高いことがわかってきました。

伊敷の「轟壕」(トゥルルチ)、「糸洲壕」(ウッカーガマ)、「ウンジャーガマ」の3つは内部で繋がっており、1000人以上が避難していたと言われておりますが、米軍の馬乗り攻撃を受け多数の死者を出しています。

「ウッカーガマ」から逃げた人の一部は、「山城陸軍病院本部壕」へ向かったという記録がありますが、重傷者は残り、「ウッカーガマ」で亡くなっています。

また、この3つの壕は内部に水脈があり、現在でも大雨の後になると鉄砲水となり、1945年6月〜10月当時の台風の影響により、遺体が鉄砲水で下流へ流された可能性が高いです。

特に再調査が必要な場所は、「ウッカーガマ」側から入り、つきあたりを右に奥へ進んだ地点の水脈の底にあたる場所と、「ウッカーガマ」側から入り、つきあたりを左に進み「轟壕」と「ウンジャーガマ」の分かれ目の手前右側の狭い洞穴内部です。



ウッカーガマ突き当り右側




ウッカーガマの遺品(食器、ガラス瓶)



真壁の「タ―ジリガマ」、阿波根の「阿波根グスク」(富嶽山)内部は、改めて全体の再調査が必要です。
神戸新聞に掲載されました[2011年09月06日(Tue)]
神戸新聞に掲載されました


本会の紹介や、7月に行った遺骨収集活動などの記事が、9月6日の神戸新聞朝刊に掲載されました。



7月に行った沖縄戦戦没者遺骨収集活動では、1柱のご遺骨を収容しました。

また、遺品もたくさん発見されましたが、持ち主を特定できるものがなく遺族への返還は不可能でしたが、お亡くなりになった方が恐らく山形県の海軍陸戦隊の方ではないかとの情報までは掴みました。

その後山形県の関係機関へ連絡し持ち主を探してはおりますが、フルネームで書かれた名前などのはっきりとした特定できるものがない限り、返還は難しいでしょう。

本会は今後も持ち主が特定できるものは、早急にご遺族に返還していきたいと思います。
沖縄視察[2011年09月05日(Mon)]
沖縄視察


9月1日〜4日にかけ、今後の遺骨収集活動について話し合うため、沖縄県遺骨収集情報センターへ出向き、センター長の仲宗根辰雄氏とお会いしてきました。

その後、仲宗根氏にご案内頂き、糸満市南部にある荒崎海岸を視察してまいりました。



前方を歩くのは、センター長の仲宗根氏



そのほか、陸軍病院本部豪や第二野戦病院壕、糸洲壕、ハンタ原壕ほか数か所を視察しました。

糸洲壕(ウッカーガマ)はすでに遺骨収集は完了しており、現在ではあまり人が入らないようで、入り口は草木に覆われて非常に入りづらい状態でした。

奥は広く、水が湧いており、現在はポンプがあり農業用水として使用しているようです。

10メートルほど入ると真っ暗になりますが、懐中電灯で地面を照らすと戦時中の物らしき鉄片がたくさんあります。

途中には故陸軍大尉の慰霊碑が二つありました。

ここでもたくさんの方がお亡くなりになっています。



ウッカーガマは20メートル位下に入口がある



ウッカーガマの入口


陸軍病院本部壕の中はかなり広く、現在もご遺骨が埋まったままの状態で、今後さらなる発掘調査が必要ですが、病院壕だけあって奥にはかなりの量の水が湧き出しており、作業は困難な状況です。

実際には数十メートルほど奥行きもありましたので、長期にわたる調査が必要ではないかと思われます。

写真ではフラッシュで明るく見えますが、実際は中は真っ暗です。



陸軍病院本部壕の中から入口を望む



陸軍病院本部壕奥の水たまり



ハンタ原壕は、縄文時代の遺跡となっており、遺骨収集などによる掘削が制限されており、調査は難しい状態です。

先日も縄文人らしき人骨が多数発見されており、今後の戦没者遺骨収集は遺跡調査が終了してからとなります。

所々で山の中に入り、埋没した壕らしき場所もリサーチしてきました。

歩きながら周りを見ていると、火炎放射器により所々黒くなったところがあり、当時の戦闘の激しさを見ることができます。

今回、荒崎海岸以外の壕、洞穴には私一人で入りましたが、中は懐中電灯があっても真っ暗でした。

もし、皆様が洞穴に入る場合は怪我のことも考え、一人では入らないほうがいいかもしれません。

また、私たちの大先輩にあたる、沖縄県で戦没者遺骨収集活動を50年以上てがける国吉勇氏の戦争資料館へ行き、遺骨収集活動の現状と今後についてお話しをお聞きしました。
(話に夢中になり、写真を撮るのを忘れていました。・・・すみません)
検索
検索語句
プロフィール

遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうごさんの画像
遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうご
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ireinokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ireinokai/index2_0.xml