CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 遺骨収集活動 | Main | 戦没者慰霊祭 »
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
戦争と命を考える上映会[2011年08月16日(Tue)]
戦争と命を考える上映会




今日、注文していたDVD「太平洋の奇跡」が届き、本会事務所にてPM2時より上映会を開催しました。

上映会と言ってもみんなで集まって放映しただけではありますが、見終わった後に「戦争とはなんであるか」「平和とはなんであるのか」を話し合う場もつくり、それぞれの意見が交わされました。

映画自体は、竹野内豊さん演じる日本軍の指揮官、大場栄大尉は実在の人物で、降伏時の堂々とした行進や、写真でも有名ですがアメリカ軍へ軍刀を渡すシーンも史実と同じく描かれており、竹野内さんのこの役に対する意気込みが感じられる作品でした。

作品のほうはご覧いただければわかりますので説明はいたしませんが、私たちは上映後に映画についてではなく、当時の人々の様々な想いについて話し合いました。

サイパン戦だけでなく、当時を生きる日本軍人、民間の日本人や原住民、アメリカ軍人や日米両国の兵士の家族の視点からも意見を交わしました。

当時を生きた方には、それぞれにそれぞれの想いがあるのですが、私たちを含め戦争を知らない人たちには、実際に戦争に関わる人は最後にはすべて悲しみや恨み、辛さしか残らないということを知ってほしいと思います。

そして、人類で最も愚かな行為であるということを知ってください。

戦争は、失われなくてもいい命や物はたくさん失われますが、何一つ生まれるものはありません。

主演の竹野内さんがおっしゃる通り、若い方にはこのような映画をもっと見ていただき、アメリカと日本がいかにしてあのような酷い戦をし、いったいどれほどの命が失われたのかを知っていただきたいです。

そして、今あなたが生活している日本の平和が何故あるのかを考えていただきたいと思います。

また私たちも平和への誓いを新たにし、あのような惨劇をくりかえさないように頑張って語り継いでいきたいと思います。
「大東亜戦争と戦没者遺骨収集事業の現状と展望」勉強説明会[2011年07月17日(Sun)]
「大東亜戦争と戦没者遺骨収集事業の現状と展望」勉強説明会


平成23年7月17日、「大東亜戦争と戦没者遺骨収集事業の現状と展望」と題した勉強説明会を開催いたしました。

参加者はまず、戦争中に亡くなった日本兵が戦地に取り残され、そのご遺骨が未だ回収されずにあるという事実を知らなかったようで、遺骨収集活動に非常に関心を示していました。

そして、本来は私たちではなく国がやるべき仕事である、ということも考えもしなかったようでした。

とくに戦争があったのは知っているが、ご遺骨が帰っていないことに驚かれている様子でした。

また、これまで日本政府が行う遺骨収集が何故はかどらなかったのかについては、さまざまな国際間の問題も含め、一つずつわかりやすく講義いたしました。

遺骨収集の今後の展望などをいろいろと話しながらの勉強会で、いろんな意見が交わされ、わたしもいろいろと勉強させていただきました。

本年度から始まる政府主催の硫黄島での遺骨収集の話では、ぜひ参加してみたいとの意見も頂き、これからの遺骨収集活動に対しての期待も高まります。

実際に私たちが沖縄で行ってきた遺骨収集の様子の写真を見た参加者は、同じ日本での現状に驚いた様子でした。

遺骨収集を通して、少しでも命の大切さと日本が払ってきた犠牲を知って頂ければいいと思います。

本日、暑い中勉強会にご参加頂いた方、おつかれさまでした。
検索
検索語句
プロフィール

遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうごさんの画像
遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうご
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ireinokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ireinokai/index2_0.xml