CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ラバウルの「宇奈月温泉」 名付け親は私かも、清田さん(魚津) | Main | ぜひご覧ください »
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
日米開戦の日[2012年12月08日(Sat)]
日米開戦の日


きょう12月8日は太平洋戦争の開戦から71年になります。

そして今、戦争を体験した人が、いなくなる時が近づこうとしています。

開戦の日、戦争の日々を体験した人たちの声に耳を傾けてみてください。

平和な時代に生れたことに感謝し、日本の捨石となって戦い命を落とした方々、犠牲になられた方々に感謝しましょう。

多くの命を無駄に奪う戦争を再びするようなことがないように願うばかりです。



NHK戦争証言アーカイブス
最新情報

「戦争の記憶 〜寄せられた手記から〜」

新たに15人の方の戦争体験手記を公開しました。


戦争証言アーカイブスのホームページでは、お寄せいただいた手記を随時、公開しています。

空襲、飢餓、引き揚げ、抑留、そして家族の死・・・。
手記には、戦場での苛酷な体験や市民の生活・人生が戦争で翻弄される様子などが克明に記されています。

懸命に綴られた「戦争の記憶」をぜひ読んでみてください。


☆戦争証言アーカイブスのHPでは、
 特集「ふるさとの悲劇」を公開しています。


日中戦争、そして太平洋戦争。

「昭和の戦争」で命を落とした日本人は300万人以上に上りました。

その中には、地方の町や村で暮らし、戦争に巻き込まれた人も数多くいます。

街を焼き尽くした空襲。そして、日本固有の領土で唯一、住民を巻き込んだ地上戦が行われた沖縄。

戦争は、日本各地のふるさとを絶望の地に変えていったのです。

今回の特集では、戦時中、日本各地で起きた悲劇的な出来事について取材した番組や証言を集めました。

「昭和の戦争」は、私たちのふるさとに何をもたらしたのでしょうか。


戦争の記憶を、未来に伝えるために
NHK戦争証言アーカイブス
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ireinokai/archive/88
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうごさんの画像
遺骨収集ボランティアグループ 戦没者慰霊の会ひょうご
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ireinokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ireinokai/index2_0.xml